About ZEGG / ZEGGについて

ZEGG is in Belzig, and the city Belzig lies 50 - 60 km south west from Berlin. It took 8 hours from Engen to Belzig by car. As Belzig was once in East Germany, the atmosphere of the city is also a bit different from cities in West Germany.

ベルリンから南西5、60kmのところにあるBelzigという町にZEGGはあります。エンゲンからは車で8時間ほどかかりました。Belzigは旧東ドイツの区域内で、やはり町の雰囲気も西側とはちょっと違う感じでした。


Maybe it'll be asked, "What is ZEGG?" ZEGG means "Zentral für Experimentalle GesellschaftsGeschtaltung / Central for experimental society structuring", and about 80 persons live there in ZEGG. It's also like a village, and they are trying how they can make the life of humanbeings much better.

たぶん「ZEGGって何だ?」という疑問が出ると思います。ZEGGとは "Zentral für Experimentalle GesellschaftsGeschtaltung / 実験的な社会共同体構築の本部" の略称です。ちなみに有限会社扱いらしいです。現在およそ80人ほどがZEGGの中で暮らしています。ちょうど村のようであり、その村の中で人間の社会/生活をいかによりよいものにしていけるかに挑戦しています。

d0014524_14525635.jpg


ZEGG has two important aspects: Ecology & Pilitics. There is a spring in the ground of ZEGG, and all of water which they use comes from here. After they use it, they gather all water to purify, and use that water for the field again. Their water recycling system is now a model case of the city. Their heating system is also special, but I forgot the detail...

ZEGGの大きな特徴は2つ、環境保護と政治。ZEGG敷地内には井戸があり、使う水はすべてここから供給されています。また使ったあとはすべて再処理プラントに回収され、畑の水として再利用されています。(堆積物も肥料として活用) この廃水処理システムは市のモデル事業になっているんだとか。暖房設備も特別なものらしいんですが、こっちは詳細を忘れました…


They are also trying how people can live together. They are seeking for new politic / goverment system. They use often "Art" for community, and also invent a unique style meeting. The most interesting thing which a woman of ZEGG said is, "Frei von Angst / Free from anxiety". To see oneself closely and to share informations and feelings in the community is the way to be free from anxiety. I can't explain this in short, but this theme is really interesting. The talk with her was also really interesting.

ZEGGの人間たちは、どのようにしたら人々が共同生活を営めるのかに挑戦しています。新しい政治、政府のありかたを探しているわけです。彼らはよく「芸術」を共同体の中で使っており、会議の仕方も独特なものを生み出しています。一度ZEGGのある女性と対談する機会があったんですが、一番興味深かったのは「恐れからの解放」でした。自分自身をしっかり見つめること、情報や感情を共同体の中で共有することで、怖がることはなくなってくる、というもの。ここで一言で伝えるのは非常に難しいのですが、とにかく興味深い話だった。そして、非常に納得がいった。


This time we participated in "Pfingstfestival". This festival lasts for 4 days, and there are some concerts and also some workshops which visitors can take part in. This festival is not only for public relations from ZEGG, but also a meeting point of the people who are interested in economy, community life, and also arts.

今回私達が参加したのは「Pfingstfestival」というイベント。4日間に及ぶ内容で、様々なコンサートや訪問客が参加できるワークショップが幾つも織り込まれていました。このイベントはZEGGの広報活動としてだけでなく、環境、共同体、芸術に興味を持つ人たちの集まる場になっています。実際、様々な講演会が開かれたり、ダンサーもパントマイマーも音楽家も、ずいぶん多彩なメンバーが来ていました。

d0014524_14533385.jpg


Next time, about the festival.
次回はフェスティバルの様子について。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-06-05 14:54 | Jugendseminar