Eurythmie

 私がいま学んでいる「Anthroposophie」から生まれたものとして世に広く知られているのは、ヴァルドルフ学校(Waldolfschule)、医薬・化粧品メーカーのWELEDA、オイリュトミー(Eurythmie / Wikipedia 英語)あたりだと思います。このうち今回、ニュルンベルクのオイリュトミー学校(Eurythmie-Schule Nürnberg)の先生・学生の一行がJugendseminarにやってきて、授業&公演をやってくれました。

 念のため、オイリュトミーとは何ぞや、という話をしておこうと思います。ごく簡単に言えば「言葉や音を体を使って表現する芸術分野のこと」てな感じです。言葉の発音ひとつひとつを、丹念に「本質的にどういう音なのか」と分析して、それを体の動きとして表現する。音楽の響きのひとつひとつを、丹念に分析して、それを体の動きとして表現する。ダンスのようでもあるけれど、言葉・音楽の中にあるイメージを体を通して表現することを重視しているので「振りを当てる」や「自分の中のエネルギーを発散する」とかとは方向が違います。
 ちなみに、何か突拍子もない「新芸術」というよりは、音楽、絵画、ダンス、映画、演劇なんかと同じ次元で、オイリュトミーという方法もある、と捉えておくと分かりやすいと思います。

 私がまだ日本にいた頃では、①とりあえず紹介映像を観た、②一日だけ公開講座を受けた程度だったオイリュトミーですが、何だか変なモノだなぁと思いつつも気になっていました。改めてドイツで体験してみるのは、とてもいい機会でしたね。

 授業はまず、実演から始まりました。言語を表現するもの、音楽を表現するものを織り交ぜながら簡単な公演。綺麗だなと思う部分もありつつも、やはり怪しさが拭えない…というのが正直な感想でした。

 続く講座。まずは歩き方から。違和感の連続でした。足裏のどの部分に力がかかってますか?という質問に始まり、かかとをつくのを強調した歩き方、地面を擦る歩き方をやった後、「地面に一番傷をつけない歩き方は?」という質問が出て、答えは指先から着くのらしいんですが、どうにも自分はこれに違和感を感じる。絶対に指の付け根からだ、と。何度ためしてみても、足の指先から着地すると気持ち悪い。歩き方にも文化の差があるんでしょうか。

 それぞれの母音に対応する動きもやりました。これがね、いつもね、厄介なんですよ、私には。母音と子音の違いは何か?という問いが巷でよくありますが、大抵みんな間違ってるんですよ、と思うんですよ。「母音は声帯が震える音だ」とか言いますが、じゃぁ小声でヒソヒソ話してる時は母音を使ってねぇのか、と問いたい!問い詰めたい! 残念ながら今回の授業でもそれに近い分け方をしてて、納得がいかないのでした。あと子音。ちょっと自分でやってみりゃ分かりますけど、例えばBとP/DとTなんて本来は子音自体の差はないんですよね。一緒に言う母音が一瞬早いか遅いかの違いだけじゃないですか。だから母音とか子音とかの説明を聞くたびに、大抵私は「それは違うよォ~」とイライラするのでした。Bを「ブッ」とか言ってみせるんですが、お前それ「U」も言ってるじゃねーか、と。
 あと例えばAの音に対する動き。両手を(上に)広げる。理由もきちんと教えてくれたんですが、こういうのも、ドイツ語・文化的には合うのかもしれないけれど、日本語・文化育ちの自分には気持ちわるい。そんな動き、絶対しねぇよ、とか思いつつ。

 音楽に対する動きもやりました。音の高低に対応する動きはまぁ納得。ただ、詳細は省きますが、リズムに対する動きの練習がまた違和感たっぷりでした。それじゃリズムの重心が違うだろ!と。

 違和感たっぷりで困った授業な部分もあったんですが、今回良かったのは、目の前に先生がいて直接聞けること。「いまは一部分だけ取り出してるだけだから、本当にやるならこうじゃないから」と諭され、私の感じ方についても理解してもらえたので、まぁ納得。さらに良かったのは一団にも日本人がいたこと。普段ドイツ語変換できなくて困る内容まで質問できたのは、幸運でした。文化・言語的な差異があることは聞けたし、日本語版オイリュトミーを研究中だという話も聞けたので、今後が楽しみにもなりました。
 夜には少人数で茶話会みたいなのをやれて、かなり深い部分の質問をぶつけられたのも良かったと思います。普段は私よりドイツ語で苦しんでる友人が、日本人がいるおかげで、ここぞとばかりに一気に核心をつく質問を投げていたのが非常に良いと思いました。ただ表面上の小さな事々をあまりにもぶっ飛ばして核心を突いていたので、質問の意図を理解するのが(私も)大変で、居合わせた4人がかりで翻訳しつつやってました。
 まぁ終わったあと2人で話して、先生の答えには満足いかなかったよね~とか言い合ってましたが。その程度じゃなくて、そのもう一歩先が聞きたいんだけどね、と。そんな分かりきった程度の内容しか出てこないのかなぁ、と。

 翌日の一般向け公演が、よりによってメルヘンだったせいで、しかも話の内容も(ドイツ人には素晴らしいらしいが)おもしろくなかったので、悪印象で終わってしまいました。けれど個人的に一団の人達と話して興味を持っている部分も多かったので、自分の音楽作品集を渡して、前々から考えていた「いつか共作やってみませんか」という話だけは持ちかけてみました。


 残念ながらあまり好印象を持てなかったオイリュトミーでしたが、一団が帰ったあとにとある友人がDVDを観ようという企画をたててました。オイリュトミーの舞台公演を収録したDVDで、プロジェクターを仕込んで鑑賞会。
 これが良かった。食い入るように観てしまった。音楽のオイリュトミーが中心だったんですが、演劇にも(いわゆる)ダンスにもない表現力に圧倒されました。たった一人でやっていても、音楽の内部世界を見事に引き出しているな、と思いました。本当に美しい。今日までのあれとの、この差は何だ、と。

 ちょっとこれは、本当に共同制作してみたいぞと思いました。きちんとした舞台でやる、きちんとした照明さんもいる、きちんとした演出ができるオイリュトミストとの共同制作… う~む。やってみたい。
 これからの課題は、どこに違和感を感じて、どこに魅力を感じているのかをはっきりさせること。そして、いい機会を手に入れること。


 なんだか話がよくわからない展開になってごめんなさい。オイリュトミーはとにかく、拭い去れない違和感を持ちつつも、やはり何か魅力を感じるものでもあった、ということです。
 ここまで読んでくれた方々、ありがとうございます。
 いつもいつも、ほんとに、もう…
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2006-10-29 18:08 | Jugendseminar