d0014524_019266.jpg
 高崎を後にし、上越線をひた走る。途中の水上(みなかみ)あたりから雪は積もっていたのですが、かの「トンネルを抜けると、そこは…」の場所かと思われる長大トンネルを抜けると、えぇ、豪雪でした。電車がまともに動いてるんですから、まだまだなんでしょうけど、列車の窓の高さまで積もってるのを見るとさすがに驚きます。

d0014524_0195753.jpg
 途中駅にて。隣がスキー場か何かというのもあるけれど、やはり雪が降ると夜でも明るい。いやー、冬らしくなってきました。

 乗り継ぎには驚くほど問題が無く、新潟到着は23時半。途中ほど雪は無いものの、ツルっツルの路面に苦労しながら宿に行き、翌日まで熟睡…


 早起きして目指すは渡船場。いよいよ佐渡へと出発。
d0014524_0263598.jpg
 どうしても日帰りしなきゃいけないので、片道だけ贅沢にジェットフォイル(水中翼船)を利用。一時間ちょっとで佐渡の両津港に着きました。
 船酔い予防のために寝てしまったので、テイクオフ以後の記憶は無い。
d0014524_0281170.jpg
※奥に見えるのはカーフェリー。手前のは… 何なんだろコレ。


 せっかくだから上陸してから朝食を取ろうと思っていたので、まずは両津近辺をふらついてみました。
d0014524_031338.jpg
d0014524_032963.jpg
d0014524_0314943.jpg
 凍えるような寒さを想定していたんですが、拍子抜けするくらい寒くない。(たしかに私の身体は寒冷地仕様になっちゃってますが、それにしても。) 雪も積もっているけれど、今にも融けていきそうなぐらいです。

 そして食事が出来る所が、とことん見つからない。道路標識に「両津市街」とあるのはどこかと歩き回ったのですが、どうも商店街の通り2、3本くらいのもんのようで、かつ料理屋は飲み屋くらいしか見つからず、悔しいが断念。写真にも写ってる湖は牡蠣が名産らしいけど、やっぱり店は見つからない。
 仕方なく港に戻り、立ち食いみたいな蕎麦屋でラーメンをすすりました。残念無念。

d0014524_0403516.jpg
※ある種の大売り出しですね


 なんの下調べもせずに来てしまったので、とりあえず地図とバス路線図を手に入れて、バスに乗り込み一時間、終点まで行きました。着いたのは島の反対側、相川という所。

 地元の人をたまに見かける以外は正直なにも無い感じで、海岸の防波堤の上を歩きつつ、時折波しぶきをあびつつ歩いていく。正月明け早々というのもあるんでしょうけど、活気という言葉とはほど遠い雰囲気でした。

 しばらく歩くと、ふと何やらありそうな看板を見つけ、内陸へ向かって坂を上っていくと、思いもよらぬ光景が広がりました。
d0014524_052581.jpg
d0014524_0521871.jpg
 佐渡・相川はその昔、金・銀の鉱山で栄えていたそうで、ここはその鉱石処理場跡。こういう建造物の存在感って、最近のものではあまりないですよね。せいぜい化学プラントがいいところでしょうか。

 で、他に何も見当たらないので近付いてみると、技能伝承展示館なるものが隣にありまして、ちょっとした体験もできるようになってました。時間の都合で、暇つぶしに近所をぶらりとしつつ、昼ご飯でも食べようかと画策。

 …しかし、やはり食事ができる所は見当たらない。正月明けだから、とかじゃなくて、店が無い(唯一遠くの方にコンビニが一軒)。昼食は断念しました。こんなにもヒモジイ感じになるのは日本では久し振りですが、ま、たまにはいいでしょう。


 下調べをしていなかったせいもあるんでしょうけど、どこに行ってもどうにもならない雰囲気が漂っていましたが、ここから手工芸体験で挽回です。

 やらせてもらったのは裂織(さきおり)という機織りで、古くなった衣服などを裂いたものを横糸として使うもの。かなり原始的な織物です。
d0014524_141245.jpg
 機織りというものが全くの初めてでしたが、2時間くらいで80cmほどのマットが織れました。良いですね、こうして黙々と手作業をするのも。

 この裂織なんですが、一目見た時から家にある絨毯を思い出していました。家に帰って見比べてみると、やはりそっくり。
d0014524_19196.jpg
 上の小さいのが今回作ったもの。下の大きい方が我が家の絨毯で、以前ルーマニアの片田舎で購入したものです。伝承展示館にあったサンプルと比べてもルーマニアの絨毯の方が柄に凝ったりしていますが、基本的な構造は全く一緒です。遥か遠く、佐渡とルーマニアで、同じような事を古くからやって来てたんだなぁと思うと、なんだか不思議な気分です。(ん? てことは裂織って特に「佐渡の」伝統工芸ってわけでも無いのかな??)


 夕方になり、バスセンターのある佐和田という所に立ち寄って、海岸で夕陽でも眺めようかと思いましたが、空が曇って来たために断念。じゃぁ夕飯でもと思うも、とんかつ屋一軒しか見つからず断念(一軒あったんだから喜ぶべきなのか)。どうにもこうにも、佐渡で佐渡ならではの物が食べられるような外食屋を探すのは難しいようです。事前に調べておけって事かも知れませんね。
 ダメダメな感じもしますけど、ぶらりと立ち寄って、こうのんびり過ごすのも悪くないなと、両津港に戻りました。


 帰りは最終のフェリー。2時間半かかりますが、やっぱり船酔い防止のために寝てたので、特に苦でもありません。意外とラクなもんです。新潟に戻り、さっさと就寝。



 翌日は朝から強風で、仙台までの列車移動も結構予定が狂いました。途中何度も運転停止になったり、乗り継ぎがズレたり… 一日違ったら佐渡なんて行ってる場合じゃなかったと思うと、思い付きでこの日に行けたのは幸運だったんですかね。
 もしもう一度佐渡に渡れる時があれば、今度は色々下調べしてから行きます。何が何処にあるとか、イベントとか。


 さて、近所というには遠いけれど、何気ない散歩気分でこういう所まで足を伸ばすのは、やっぱり良いもんです。また機会を見つけて何処かに行ってみましょう。


 とりあえず、18きっぷの残り2日分をどこかで消費しよう。
[PR]
# by Sterun-schnuppe | 2010-01-06 01:26 | Report (Japan)
 神奈川の実家から仙台まで戻るにあたり、ただ帰ってしまうのでは勿体ないし、まだまだ日本も知らない場所だらけだから、こういう機会を利用して足を伸ばさねばと常々思っていることもあり、北関東・北陸経由での帰路となりました。
 もはや「経由」では無いような方向なんですが、まぁ国内の移動ですからね、散歩みたいなものです。青春18きっぷバンザイ。


 この年末年始はドイツにいた頃の友人と何人か会えたのですが、ここ高崎にも良き友がおりまして、北陸へ抜けるついでにちょっと立ち寄ろうか程度に思っていたら、色々な場所へと連れ回してもらって、楽しいぶらり旅になりました。

 丘の上の美味しい焼きそば(九州の皿うどんのようなもの)屋で昼食をとった後に着いたのは、少林山というお寺。

d0014524_23461827.jpg
 「高崎=だるま」という図式はあまり私の意識には無かったのですが、ここはもう、とにかくダルマ。
d0014524_2349836.jpg
 こうも大量にあると圧巻です。日本各地のダルマを集めた展示室もあって、仙台の青い松川ダルマや、もはやダルマでは無い感じのダルマ、こそっと紛れてドラえもんなどがゴロゴロしてました。

d0014524_23524956.jpg
※供養されるのを待つダルマたち


d0014524_235636.jpg
 丘の上からの眺めは素晴らしい。この写真では分かりませんが、一周とは言わずとも270度くらい見渡せます。こういう場所の生まれでは無いと思うんですが、山々に囲まれた(かつ遠くを見渡せる)景色って、ほっとします。
 この場所の近くには牧場があって、なだらかな丘と相まって、なんだかEngenを思い出しました。(ちなみにその牧場では出来立てソフトクリーム/ヨーグルトなんかも楽しめます。)


d0014524_014784.jpg
 なんか見たことあるような… と思ったら、以前このブログでも紹介してた 白衣大観音 を彷彿とさせるフォルムです。だいぶ小型ではありますが。
d0014524_043065.jpg
 中に入れて9階?まで上がれるんですが、小さな展望窓から外をのぞくダメさまで、同じニオイがします(笑)
 どこに行っても、こういう「大きくしちゃいました」的なものは同じようなダメさがあっていいですね。


 直前に思いついて訪ねたのに、色々おもてなしして頂きまして、感謝感謝です。かおりさん&母様ありがとうございました。


 そして、次は新潟を目指す!
[PR]
# by Sterun-schnuppe | 2010-01-06 00:09 | Report (Japan)
 年が明けました。つかの間の休息で実家に戻ったついでに、年末恒例のジョン・ケージ作品を演奏会に参加して来ました。いや、ジョン・ケージて(笑)

 考えてみれば除夜の鐘を実際に撞くのは初めてでした。本当はゆったりと鐘の音を聴きながらのんびりする予定でしたが、いざ近所の寺まで行ってみると鐘撞きの行列が出来ていて、その一連の流れに乗らずして寺には入れなそうで、撞いた後もあんまり滞在したくなる雰囲気じゃなかったのが残念ですが、年末年始らしい体験ができました。

 以下、写真を3点。


d0014524_8283239.jpg
 横浜市・本郷台駅付近の長光寺にて。鐘撞きの順番を待つ人の行列。23:20頃に着きましたが、すでに結構な数の人が待っていました。撞き始めは23:45で、写真は00:00を過ぎた頃の状態。
d0014524_8303413.jpg
 回数はきちんと数えられていて、108回限定。なるべく多くの人が撞けるように、家族・グループで一回だけ、少人数ならグループじゃなくても一緒に撞くようになってました。よって行列は長くても順番が回ってくるのは割とすぐ。
d0014524_8323491.jpg
 参加者には甘酒/日本酒とミカンが振る舞われます。ちなみに鐘撞きには、年寄り以外の多くの年代の人が集まってました。
[PR]
# by Sterun-schnuppe | 2010-01-01 08:35 | Report (Japan)
d0014524_9555817.jpg

すっかり真冬ですね。後ほど写真を追加します。
[PR]
# by Sterun-schnuppe | 2009-12-18 07:17
d0014524_10213799.jpg

 作業が続くと手首が痛いので、再び工作の時間。事務所に有り余ってるボール紙、今度はトラックボール立てになりました。

 これで手首を捻らずに操作でき、きっと作業もラクになる…はず!


 しっかしこのケータイのカメラ、ほんと画が汚いなぁ。ケータイにカメラは必要ない派なので、構わないんですけども。
[PR]
# by Sterun-schnuppe | 2009-12-09 10:06
 先日、大学時代の知人(現ある大学の先生)が文化経済学会のために仙台に来ていて、仙台に来たよーと声をかけてくれたので、夕食をご一緒していました。お互い芸工大関係者ゆえ、デザインだったりアートマネジメントの話題で盛り上がれたのが、ちょっとした潤いでした(笑)。他の教授たちへの愚痴なんかも飛び出してましたが、私は結構共感する内容だったので、「えーそんなことも通じないの?!」と素直に驚いてました。


 アートマネジメント。近頃はいろんな方面で使われるようになった言葉らしいのですが、誤解も多い。というか、きちんと定義が特定されてない気もします。私自身、色々誤解している点も多いかもしれません。

 アートマネジメントという言葉は、とくに文化施設運営や芸術文化イベントと絡んで使われる事の多い言葉です。やれ指定管理者制度だ、やれ市民参加のイベントだ、などなど。
 大きな誤解を招きかねないのは、本来アートマネジメントは、どこかの施設の運営を良くするだとか、あるイベントを成功させるだとか、そういう目的のものでは無い、ということ。アート/芸術文化を活かすことで、より良い生活/社会を作っていく事が、そもそもの趣旨のはず。だから方法論的なことだけを学んだり研究したりしていても、本来その中心となるべき所が欠けてしまう、という事態になるのです。
 へんな話、どこかの施設ひとつ、イベントのひとつ、失敗したっていい。むしろ「失敗する事がどうしても必要」なんて場面すらあるかもしれない。重要なのは、目指す方向を間違わない事。


 …こんな話をしていて、私は久し振りに大学を辞めた理由を思い出してました。(忘れかけていた事を深く反省…)

 そう、アートマネジメントやデザインには、目的がある。目指すべき方向がある。芸工大のパンフレットにも、芸術工学は真に人間にとってより良い世界を目指す学問であると書いてました。(正確な文章は忘れましたが)

 でも、じゃぁ、その「真に良い世界/生活」って何なの?

 この疑問への答えがどうしても分からず、授業受けてても分かるようになるとは到底思えず、でもそれが分かんなきゃ、いつまでたっても目標が見えない気がして、突破口も見えず、かなり深く悩んで、せめて大学から出て自分で探すしかない、なんて思ったんですよね。

 なつかしい。

 ドイツにいた期間は、そういう意味で本当に重要な期間になりました。心の底から感動するような場面にも何度も出会ったし、日本とは違う生活の中で、「生活」そのものを見直す機会にもなった。
 その後、日本に戻って来て、仙台に来て、駒は先に進んでいるのだろうか。まだまだ答えは見つからないし、見えたかと思ったものも、また闇の中に消えてしまった。まだまだ道半ばです。でも、数年後か、数十年後にでも、もうちょっと分かるようになればいいなと、願うしかないのですよね。


 ちょっと話がズレましたけど、アートマネジメントに関わる人や、それを学ぶ学生は増えつつあるようですが、その本質を追い求め続けることを、忘れないようにして欲しいと、切に願っています。
 見た目の良さや成功ではない、本当の意味での価値って何なのか、世界中のどこの学者だって答えきれないような世界へ進んでるんだと、自覚を持ち続けて欲しいです。(えぇ、ものすごく自戒の意味も込めて。)



 目先の仕事をこなすのも重要だけど、それに目がくらんでしまったら元も子も無いんだなと、改めて焦りを覚えます。今の仕事をあと何年続けるのか分からないけれど、その間にも、せめて一歩でも先へ進まないと。
[PR]
# by Sterun-schnuppe | 2009-12-06 01:02 | 考えること
d0014524_6492883.jpg
 久し振りにゆったりと夜明けを眺めました。ただし郡山のビジネスホテルで、ですが。やっぱり住むなら東向きの見晴らしの良い所がいいなぁと思います。西でもいいか。


 今日は火祭りなんでしょうか。私は仕事なのでどうにもこうにも行きようがないですが、みなさんどうぞ楽しんでください。
[PR]
# by Sterun-schnuppe | 2009-11-22 06:55
 MacOSXを使っている人で、何かしら映像分野に興味がある人には、こんなに便利でオモシロイものは無いんじゃないだろうか、と思うほどの便利ツール、QuartzComposerを少し紹介します。正直、いままで触ってなかったのが心底勿体なかったと思うほどの開発ツールです。

 音響分野ではMax/MSPってソフトが有名ですが、あれと同じような感覚で映像を作っていけるのがQuartzComposer。Mac(10.4 Tiger以降)を買った人なら無料で入手できます。というより、既に手にしている事を大半の人が知らないだけなのですが。

d0014524_0145163.gif
 これが作業中の画面で、単純な機能のパーツを組み合わせていくだけで、複雑な映像がいとも簡単に出来上がってしまいます。いま作っているのは、計27枚の画像を3次元空間内でぐりんぐりんと回転させるサンプル。手探りで始めましたが、ものの1〜2時間でカタチになりました。これくらいなら、慣れてくれば15分もかからず出来てしまいそうです。

 QuartzComposerにはタイムラインという概念が無く、またリアルタイムの映像生成を基本としているので、マウスやキーボード、MIDI機器からも制御することができます。(とはいえ一応、スタートしてからの秒数はカウントしているので、変数として利用可能です。)
 タイムラインが無いのは不便な点もあるのですけど、一度映像として書き出してしまえばFinalCutでの編集もできるので、素材を色々作りだすことに特化すればむしろ逆に使いやすい面も多い。始点と終点を定めずにループさせるのもやりたい放題なので、複雑な変化の中から後でイイトコ取りだってできます。

 何はともあれ、一度さわってみたらいいと思います。Appleでは開発ツール扱いなので参考書はあんまり出回ってないのですが、詳しく紹介しているサイトや、いろんな人が作ったスクリーンセーバ(.qtz)を開いて見てみると、かなり参考になりますよ。
→特に未来派図画工作の二十世紀ボヤージは秀逸です。初めて見たときから大のお気に入り。

 Max/MSP+映像プラグインのJitterを買うと数万円はかかるのですが(機能的な差は詳しく知りませんが…)、方やQuartzComposerは無料の開発ツールです。ぜひOSのインストールディスクを引っ張りだして、XcodeをMacに入れてみてください。



d0014524_2359817.jpg
 今日は休日だったんですが、事務所に籠ってプログラムを組んでました。普段は日常の業務に追われてて新しいものを作る余裕なんかないので、創作は休日にこっそりと。
d0014524_23591750.jpg
 元々は商品開発のための研究なので、後々は自分以外の人も使えるようにと、メモ書きも忘れずに。こうしてノートを取ってると「勉強してる」感が溢れてきますね(笑) 大学時代の延長のような、何とも不思議な心地です。
[PR]
# by Sterun-schnuppe | 2009-11-17 00:55 | Music & Art
 さすが東北。山形自動車道で蔵王を越えたら、それはもう見事な雪景色ですよ。紅葉の雪化粧とはまた素敵です。

 今日の仕事がビデオ撮影じゃなきゃカメラがあったのに… 残念。
[PR]
# by Sterun-schnuppe | 2009-11-03 07:22
 掲載が遅くなってしまいましたが、10/11-13の日程で神戸国際芸術祭+武蔵野での演奏会に行ってました。10/10に福島・いわきで撮影(2本立て!)を終え、そのまま夜行バスで乗り込むという強行スケジュールでしたが、やっぱり年に一回はこういう機会が欲しいよね!と思えるような(疲れたとはいえ)楽しい3日間でした。

 さて写真を交えながら、駆け足で振り返ってみようと思います。ちと長いかも。



 10/11。神戸国際芸術祭はもうすでに始まっており、この日は舞子の「あじさいホール」で子ども向けの演奏会が開かれました。
d0014524_1144263.jpg
d0014524_1147314.jpg
 会場は明石海峡大橋のすぐそばのホテル「舞子ビラ」の中にあり、私も毎年来ているせいかホームグラウンドのような気すらしています。裏の通路などもだいたい把握してるので、するするっと音響室に入り込んだりながら撮影してました(笑)
d0014524_11491162.jpg
 このコンサートは神戸大学の学生が中心になって1年前から企画・運営しており、当日のスタッフも基本的に神戸大・その他から集まって来た学生で構成されています。駅や通り道での案内や、受付、場内スタッフ、裏方など、すべて。
d0014524_11543487.jpg
d0014524_11571729.jpg
 語りと演奏による童話が中心で、途中に会場との一体感が生まれるような仕掛けが盛り込まれており、目新しいものではないけれど、子ども向けコンサートらしい内容でした。あるキーワードに対して振りを付け、その言葉がでたらその振りをする、という部分では、お客さんも(子どもも大人も)結構ノッて一緒に身体を動かしていたのが印象的です。

d0014524_1245126.jpg
 夜の明石海峡大橋と舞子ビラの庭園。



 10/12。芸術祭の最後のメインコンサートが、神戸文化ホールで開かれました。
d0014524_1262087.jpg
d0014524_1264054.jpg
 あじさいホールと比べると、やっぱり段違いに広いですよね。この日のコンサートは通常(という言い方は好きではないが)の室内楽のコンサートに加えて、アンサンブル+映像コラボの2本立てで、ステージ後方を巨大なスクリーンにして、照明+映像で雰囲気を作りながらのコンサートを行いました。
d0014524_1233729.jpg
 映像ブース。ハイテク機材を使いつつも、生演奏に合わせるにはやっぱりローテク的な使い方が良い、というのが興味深かったです。システムに興味がある方は、別途聞いてください。覚えてる範囲でお答えします。


 この日も受け付け周りのスタッフは、ボランティアセミナーを通して集まり育って来た一般の方々でした。何かイベントをやるとき、ただ演奏なり演目なりを提供するんじゃなくて、こうしてそれに関わる人達をも集め育てていくっていうのが、私にはとてもしっくり来ます。短期的な費用対効果では、割に合わないと思いますが、重要な事だと思います。
 アルバイトでイベント・コンサートスタッフをやったことも何度もありますけど、そういう時に感じてた違和感が、こういう機会にとても納得いくのです。


 開演前に行われた、演奏や曲目などに関するレクチャーの様子。
d0014524_12133684.jpg

 そして映像を背後に演奏されたゴリホフ:盲イサークの夢と祈り。
d0014524_12153547.jpg

 締めくくりの弦楽六重奏。
d0014524_12193356.jpg

 演奏会後の恒例、サイン会。
d0014524_1242961.jpg


 映像と組んでやった曲目が、ユダヤの歴史に踏み入るような深淵な雰囲気の曲だったため、「一般性」を考えて構成上先になったそうですが、個人的な趣味では、むしろこっちの方が好きでした。現代曲っていうと不可解な音が鳴ってるのが多いような印象ってあると思いますけど、和声とかそういう理論上からは離れてても、しっかり世界観を築いている曲は、聴いててしっくり来ますし、ただの「流麗」な曲なんかよりはるかに語る力を感じます。


 この日の打ち上げで、コンサートに映像を流すのは是か非か、流すとするなら、その内容はどうであるべきなのかなど、私のいたテーブルでは議論が盛り上がってました。私も映像を扱うようになってきたし、色々思う所があったので、映像を作った人とも色々話ができておもしろかった。



 10/12。東京・三鷹の武蔵野市民文化会館で、毎年芸術祭に来ているEnsemble Raro単独でのコンサートが開かれました。朝の新幹線で神戸を出て、Raroとスタッフの計7人で大移動。
d0014524_12424143.jpg
d0014524_12425794.jpg
d0014524_12431526.jpg
 チケットが大体の場合は完売するというこの会場。例に漏れずこの日も完売。あっぱれです。
d0014524_12473168.jpg
 ステージ上のパイプオルガンの存在感は圧巻。これだけで画になります。演奏も、この日は音響室と会場前の通路でしか聴いてないんですけど、やっぱりかっこいい。
 プレイヤーたちが結構時間にアバウトだったりして(笑)、毎年スタッフがイライラしてるのを見てますけど、やっぱり演奏に入った瞬間、こういうところはプロだなぁと思わされます。




 3日間というのは短かったですけど、無理してでも行って正解でした。一応「記録」という名目で行ってたので写真を撮ってる事が多かったんですけど、もっと色々な部分まで踏み込みたくなる衝動に駆られてました。3日間を通して懐かしい顔ぶれにも随分会えたのも嬉しかったし、仙台&ブライダルの世界ばかりにいては面白くない!!とも改めて思いました。
 帰って来たら、待ち構えていた大量の仕事に見舞われ、一気に現実に引き戻されましたけどね(笑)

 ほんと、わざわざ招聘して頂いて、ありがたかったです。Merci, nozoさん。



P.S.
 たけしゅー、泊めてくれて&忘れ物を届けてくれてありがとう。
[PR]
# by Sterun-schnuppe | 2009-10-26 11:47 | Report (Japan)