<   2009年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 成り行きで、予定を繰り上げて公開初日の最終上映で観て来ました。

 <ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破>

 仙台だし、夜遅い時間だから予約してなくても入れるだろうとか甘くみていたら、そもそも仙台近隣で2会場しかないせいもあるんでしょうけど、当初予定されてた最終上映は満席。追加された(日付が変わった後での)上映ならどうにか空きがあるってことで、もうせっかくだからと、整理券を手にして家に帰り、出直しました。仙台をナメちゃいけませんね(笑)。こういう時には劇場まで自転車10分という好立地条件が効いてきます。
 そういや自分で劇場行ってチケット買って映画を見るなんて、一体いつ以来でしょうか。

 ネタバレになる内容は書きませんが、BGMに関しては色々驚きました。違和感あったけど逆に気持ち悪さというか悲惨さを引き立ててたり、やっぱり何か納得いかないような部分もありつつも、予告でも使われてた曲はもう単純にかっこいいと思うし。
 思えば自分が音楽に興味を持ち始めて最初に買い集めてたCDはEvangelion関連のサントラだったんですよね。プレゼントされた楽譜を元にピアノを苦労しながら弾いてみたり、あるいは自分で一生懸命耳コピしてもみたり。(←その割に自分が何かを作ろうとする際には活かせてないのが残念無念)

 最初に観た時から既に十数年が経過してるというのが、なんだか不思議な感覚です。当時のテレビ版を観ていた頃を思い出すと、自分って相変わらずの部分が結構あるんだなぁと思います。


 映画を観たあとにもう一度公式サイトやYouTubeにある予告編映像を見直したんですが、このカット割りはどうやって考えてるんだろうと改めて驚きます。多少なりとも映像編集に関わるようになった身として、より一層すごいなぁと思ってしまいます。(個人的には踏切のカットが何故か好き。どうでもいいですが。) この作品に限らないですけど、いろんな予告編の構成をみていると随分勉強になります。

 しっかし(序もそうですが)展開が速いから、前作を知らない人には何がなんだか分からないんじゃないのかなーなんて思いました。


 公開期間中にまた何度か観に行きそうな気がします。ついでに感化されて映像制作にもより一層の興味が湧いてきてしまったりしてます。(アニメーションは自分では厳しいですが…)



 仕事を終えて家に帰ってくると溜まった熱気にうんざりするのですが(室温30℃超)、換気のために窓を開けて、そよ風を感じながらそのままぼーっと外を眺めていると、近頃忘れていたいろんなものを思い出させてくれるような気がします。言語にならないものも含めて。
d0014524_0424153.jpg



 以上、駄文でした。毎回のような気もしますけど(笑)
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2009-06-30 00:55
 というタイトルを書いたところで、大した内容を書くつもりでもないんですが…

d0014524_23504431.jpg

 あぁこのキャプチャ(ビデオの取り込み)時間はほんっと無駄だなぁと思った次第で。

 数時間かかるようなレンダリングなら、もうそのまま放置して家に帰ったり寝たりすればいいのですが、キャプチャの場合だと50〜60分に一度はテープ交換をしながら続けなきゃいけないわけで。


 メディアの(というか記録データの)信頼度+その後の保管のし易さという意味では、やっぱりテープメディアは素晴らしい(HDDでは怖過ぎる)のですが、どうにか実時間より速く取り込めたりはしないものかと。倍速取り込みとかさ。


 この、他の作業もできなくなる時間は、どうしたらいいのだろうかねぇ。テープ交換のたびにその場にいなきゃいけないのが、これほんと面倒でさ(苦笑)


P.S.
 まだ6月中なのに、もうすでに夏バテしそうな勢いです。かなり体調崩れて焦りました。夏生まれでも、ダメなものはだめですね。やはり日本の夏は、もはや身体に合わないのか…
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2009-06-25 23:58 | ひとりごと
 週一日の休みくらい仕事と全く関係ない事でもすればいいのかもしれませんが、自分の(ものを見る)目の事が気がかりでならないので、ちと無理をしてでもカメラを持ち歩いてみています。他人の写真を見て感化されたのもあり、今日は試しに白黒で撮ってみました。

d0014524_2051576.jpg

 焦点距離50mmの単焦点レンズというのは「標準レンズ」と呼ばれ、「写真/カメラの基本だ」というのを常々聞いたり読んだり見かけたりしていたものの、初めて自分で買ったカメラが10倍ズームの機種だったせいもあって、自分にとっては全く馴染みのないものでした。
 ついでに言うと普段自分が見ている光景は超々広角(対角魚眼並み?)のようで、50mmの画角というのがどうにもこうにも「標準(嘘か本当か目で見るのに近い画角らしい)」とは思えなかったのもあって、使った事がありませんでした。

 でもまぁこんな機会だからと、出番が無いのか事務所で転がってたレンズを借りて、付けっぱなしで撮り歩いてみました。きっと写真学校なら最初らへんでやる事なんでしょうけど、プロ2年目にして初めての50mm単です。


d0014524_2151684.jpg
 普段は自転車で駆け抜ける道も、たまにバスの中から見ると、なんだか現実感の無い夢の中のような感じがします。

d0014524_2173932.jpg
 電柱の無機質感が、昔からずっと意識に訴えてくるんです。いい写真を撮れるかは別として。

d0014524_219834.jpg
 白黒にしただけで時間がより一層止まったように思うのですが、いかがでしょうか。

d0014524_2195650.jpg
 やはり立ち並ぶ電柱と張り巡らされた電線に日本を感じます。

d0014524_21111167.jpg
 たまにふらりと歩いてると、異空間に迷い込んだりします。仙台にもこういう路地があったとは。

d0014524_21123113.jpg
 乗り捨てられた自転車が、いつも気になるのです。

d0014524_21152758.jpg
 埋もれつつある車。

d0014524_21175149.jpg
d0014524_21182494.jpg


 以上初の白黒&単焦点でしたが、果たしてこれは他人の目にはどう見えるのか…

 ちょっとおもしろかったのでこれからも時折撮ろうかと思うのですが、白黒だってことと合焦点の前後がボケまくってるだけで写真が印象的になってしまうのが、目を養うという意味では弊害かもしれませんね。


 白黒写真といえば、自分の中では明治〜昭和時代のイメージがあって、ひっくり返すと明治〜昭和時代というものは色あせた白黒の時代というイメージが付いてしまったのですが、当然ながらその時代に生きていた人達にとっては生き生きとしたカラフルな世界だったはずなんですよね。

 クラシック音楽も当時の人達にとって最先端の音楽だったんだ、というのと同じような意味で、なんだか感慨深い想いがしました。(分かりにくくてすみません…)


 リハビリ、リハビリ。続けてりゃいつか何かある。


P.S.
 タイトルの表記に違和感を覚える人もいるかと思いますが、ふとこんな綴りがあったなぁと思い出したので使ってみました。

[PR]
by Sterun-schnuppe | 2009-06-22 21:39 | Music & Art
 自分よりちょっと年下の仕事仲間がいて、彼は私よりずっと前から仕事で撮影をしていた人なのだけれど、その彼が仕事以外で全く個人的に撮った写真を見ていて、あぁやっぱりそうか、と気付かされました。


 何気ない日常の中に、心に残る一瞬を見つけ出す。


 そういう感性が、自分には足りないな、と思いました。近頃ずっと、勉強のために、家から事務所にいく時にカメラを持ち歩くようにしてるんですが、なかなかシャッターを切るに至らない。何か撮らなきゃ、と気持ちは急くものの、撮るべきものが見えてこない。
 休日にどこかへ出掛ければ、多少何かは撮れるけれど、だんだん住み慣れてきた「日常の空間」の仙台では、もはや目が閉じつつある。


 自分が如実に「感性の低下」を感じたのは、たしかに一昨年に日本に戻ってきてからで、以来「日本が合わなくなってしまった」とかなんとか言い訳がましく思う節が多かったけれど、

 でも、そんなん所詮は言い訳ですよね。


 もっと感動しなきゃ。


 「しなきゃ」って焦るのも変ですが、でも感動出来なきゃいけません。写真も音楽も、何かを創りだしていくのなら、全てはそれからだ。


 もっと探そう。気付かなくなってしまった世界を、もう一度。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2009-06-19 22:22 | ひとりごと
 ご無沙汰してます。前回の投稿から随分経ってしまいました。極端に忙しいとかいうわけでは無いのですが、記事になるような事も少ないまま時間が過ぎていっておりました。

 6月なんですよね、もう。ちょっとびっくりしました。この過ぎ去る時間の速さといったら、例年にない感じです。あっと言う間に一週間が過ぎ、一ヶ月が過ぎ、気付けば半年が過ぎようとしている… やばいです。何がヤバイのか分かりませんが、ヤバイような気がします。



 昨日の休みを利用して、久し振りに山形の山寺に行ってきました。驚いた事に今年最初の山寺です。去年は5、6回は行ってるのに、今年はまだ一回も行っていなかったなんて…
※写真は全て800x533pixelになってます。クリックすると拡大。
d0014524_22241989.jpg

 緑に覆われた初夏の山寺。天気が良かったのも相まって気持ちのいい景色でしたが、真冬の大雪の山寺を見逃したのが悔やまれる… あぁ本当に悔やまれる。



 仙山線に乗るのも久し振りな気がしました。仙台からだと片道800円以上かかっちゃうんですけど、お金を払ってでも眺めていたい車窓なのです。
d0014524_2232139.jpg


 駅の近所でいつものように玉こんにゃくを食べて、こけし屋を眺めつつ、山寺参道へ向かう。
d0014524_2237424.jpg



d0014524_22382217.jpg
d0014524_22393324.jpg


 静かな空気の中で緑に囲まれていると、やっぱりなんだか落ち着くのです、僕は。
d0014524_2241138.jpg
d0014524_22411619.jpg
d0014524_22413080.jpg


 仕事の都合で休日が月曜日になってるおかげで、大量の観光客と一緒にならずに済みます。こういう時にはありがたい。とはいえ、それでも人が来ているのは、さすが山寺、というところでしょうか。
 山を登っていくと途中で林が開け、青空が広がります。
d0014524_22452484.jpg



d0014524_22475670.jpg
 山寺に来たら、やはりこの眺めは外せません。仙台は小さな町のくせに、高台から見下ろせるのは建物ばかりですから、こうして山々を眺めていられるのが本当に心地よい。あぁやっぱり自分は森の人間なのかなぁと、つくづく思います。


 でも山寺の一番の魅力は、なんと言っても、その静けさなんだと思います。我が家も割と静かな場所にあるんですけど、そういうのとは別次元の静けさ。ぜひ、人気の少ない日や時間帯を狙ってくる事をおすすめします。
d0014524_22532578.jpg




 仕事で写真を撮ってるせいか、以前と比べると自分で個人的に撮る写真が激減しました。もっと色々撮って研究しなきゃ、なんて思うんですけど、仙台の町中にいてもどうもこう意欲が掻き立てられなくて、気付けば仕事の撮影しかしてない月があったりするのです。
 そんな時にふらりと山寺にやってくると、なぜかこう、カメラを構えようという気にさせてくれるのですね。自分にとってここは、とても重要な、リフレッシュできる場所みたいです。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2009-06-09 23:06 | Report (Japan)