<   2009年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 たぶん撮影を頼むお客さんからしたら、

 「やっぱプロに頼むとお金かかるよね〜(or 高いよね〜)」

 …と思うのでしょうけど、

 特にうちは良心的な価格設定をしているせいもあり、

 スタッフの家計は潤っていなかったりします。

 先輩が漏らしてた言葉が印象的でした。

 「なんだか修理費を払うために仕事してるみたい…(泣)」


 機材の購入費どころか、(酷使せざるをえない以上は)維持費だって馬鹿にならないんですよねー。たとえばシャッター耐久10万回、と言っても、一回の撮影で千枚は撮るので、100回撮影に行けばもう10万に達してしまうのです。先日私のカメラも不具合でCMOSと基盤がそっくり交換されましたし。今回はメーカー保証の期間内だったけど、もし次あれば有償修理。
 仕事で受ける以上、ある程度以上のクオリティを出せる機材を用意していなければなりません。腕/技術はもちろんですけど、それだけじゃ届かない。
 「写真で食っていくのは難しい」という言葉を聞きますけど、仕事にするのが難しいという意味以外にも、実際「かかる費用も馬鹿にならない」という意味もあるのかな、と思います。


 私も先月から、フリーランスですけど専属契約のプロ・カメラマンになってしまいました。収入は… おかげさまで安定しましたけど、余裕はどれ程あるんだろうか…? さらに腕を磨くのはもちろんですけど、機材にかかる費用を、どうしようかと考えている部分もあります。どこまでお金をかけられるか、どこ以上を諦めるか…等々。(そもそも今持ってる機材の購入費すら、ちゃんと回収できてるのかどうか…)

 余談ですけど最近思うのは、カメラって「安物買いの銭失い」って言葉が良く合います。使えば使うほど、ここはケチるべきじゃなかった…ってなものが見えてきたりして、高い買い物でも良いものを選んでおかないと、後で損をする、っていう状況になりやすい。趣味ならともかく、仕事として使ってると、より一層そう思います。(つまり若干「失敗したな〜」と思うものがあるわけですが…)

 仕事で使うんなら、そしてもしちょっと無理すれば買えるんなら、いいものを買っておいた方がいいですよ。(ただし実際に仕事として使ってみるまでは「何が良いものなのか分からない」という難点を含んでいるのですが…)


 話は戻りますが、世の中のごく一部のカメラマン以外は、たぶん厳しい家計を強いられてるんだと思います。写真やビデオを頼むみなさま、どうか優しくしてね。一部業者は別ですけど、ぼったくってるわけじゃないんですよ(笑)



 …と取り留めもない文章を書いてみました。就職(?)報告というところでしょうか。

 プロ・カメラマン…響きはカッコ良くて「憧れの職業」みたいな感じですが、はたして実際は…?! そして私の今後は…?!


 (-_-;)


 そうそう、ちゃんと税務署に行って、開業届けをしてきました。これで晴れて(?)個人事業主になりました。青色申告なんてやったことないですが、そういう事務手続きもちゃんと出来るようにならんといけませんね。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2009-05-17 23:33 | ひとりごと
 先日また休みを利用して、バスで定義(ジョウギ/仙台発音ではジョウゲ)に行ってきました。ゴールデンウィーク期間のみなのですが市内バス・地下鉄一日乗り放題券が千円だったので、ここぞとばかりにバスの旅。



 定義までは仙台駅からバスで75分。北西の山を登った所にあります。通常料金だと片道でも千円を超えるので、この日はフリーパス様々でした。

d0014524_1535275.jpg
 仙台発のバスは7時台からしかないので、着いた時にはすでに8時半。ちょうど商店街(といっても土産屋ばかりですが)が朝の準備をしているころでした。
 朝一のお目当ては、定義と言えば…の「三角定義」。この前このブログにも登場しましたが、三角形の大きな油揚げです。さすがに豆腐屋の朝は早いので、すでにたくさんの油揚げが出来ていました。
 一枚120円で揚げたてアツアツが食べられます。七味唐辛子と醤油でいただくのですが、朝食を摂っていなかったせいもあり、立て続けに2枚食べてしまいました。
d0014524_15393713.jpg


 先日来た時は仕事帰りで全然回れなかったので、今回はゆっくりと散策。といっても定義自体は小さな村(というか集落)なので、西方寺くらいしか見どころはないのですが。
d0014524_15483382.jpg
 朝一なのでまだ人も少なく、静かな空気が心地よかったです。写真↑は旧本堂の貞能堂と、↓五重塔。
d0014524_15544051.jpg



 さてここから徒歩で山を下りはじめます。だんだん木々が芽吹いてきていて、これからの季節が楽しみになります。道路脇に広がる田んぼからは、カエルの大合唱も聞こえてきました。
d0014524_15573318.jpg
d0014524_15574463.jpg


 歩くこと2時間。やってきたのは第二の目的地、大倉ダム。先日の大雨の影響か、この日は放流中でした。間近も間近、ダムのアーチ部分から見下ろす放流は、なかなか迫力あります。
d0014524_1622977.jpg
d0014524_16124541.jpg
奥に見える山々の姿も美しい。

 …のですが、この日は気温も低い(しかも標高も高い)上に風も強く、真冬の気分でした (-_-)


 ところでこの大倉ダムには、生まれて初めて見る光景が広がっていました。それは…
d0014524_1617086.jpg
 水に沈んだ木々の姿。柳の木々がわずかに頭を出して沈んでいます。
d0014524_16185477.jpg
d0014524_1619521.jpg
 とても不思議な光景でした。偶然通りかかった、ここへ40年も通い続けているという釣り人の話では、嵐の日にこの柳から水しぶきがほとばしる光景が一番だ、とのこと。たしかに迫力ある光景になりそう。


 その後はダムからさらに麓まで歩いて下り、さすがに疲れてきたので通りかかったバスに乗って再び定義へ行き、またダム沿いを走りながら仙台へと帰ることにしました。お土産の油揚げ2枚を携えて。


P.S.
 土・日と二日連続で写真の撮影でした。自分の感覚ですけど、ビデオに比べると、写真撮影は体力も精神力も段違いに消耗します。せっかく今日は早く終わったのに、もう身体が機能しません。頭痛がぁ…
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2009-05-03 16:32 | Report (Japan)