<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

d0014524_23451465.jpg

 事務所の一角に私の作業スペースができました。ディスプレイフードは事務所に有り余ってるボール紙を使った自作です(近々黒く塗ります)。工作ってたまにやるとハマってしまいますよね。別の人のノートPC用にも作りましたが(笑)、これが結構好評でした。ちゃんと折り畳んで持ち運べる設計にして。
 ちなみにMacBookが浮いてるのもボール紙の工作によるカラクリです。机の奥行きがないので創意工夫。

 さてさてビデオ編集に始まり、サイト制作やら映像系の商品開発やら何やらかんやら、そして音楽制作まで、やることがガッツリ待ち構えてます。ディスプレイが付箋だらけにならないことを今のうちに祈っておきます…


 外では風が吹き荒れてますが、とりあえず今日は、編集のために泊まり込みです。さっそく。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2009-03-23 23:58
d0014524_20345451.jpg…というものに初めて行ってきました。何度も行く人ってのも少数派だと思いますけど。(でもいろんな会場に足を運んでみるのは良い事ですよ) ちなみに、えぇ、もちろん出展者側です。

 写真関連の商品説明をしつつ、ドレスを試着した人を撮ってあげるっていうのが主な仕事、というかそれだけなんですが、お客さん達の反応を見ているのはおもしろかったです。だいたいの場合、新婦さんたちはドレスを着てテンション上がってて、新郎さんたちはタキシードを着てカチコチになってます。そういえば実際の式中もそうですね、緊張して目の焦点すら定まらない新郎さんも時々います。

 なんにせよ、「いよいよ結婚式を挙げるんだ−!」と舞い上がって目をキラキラさせてる人を見てると、なんだかこっちまでいい気分になってきます。

 話変わりますけど、和装の試着ができないのはちょっと残念でした(自分が着るわけじゃないんですけど)。洋ドレスに比べて、着込まなきゃいけないものが多いですからね… でもほんと人によってはだんぜん和装が良く似合う人っているので、合わせて検討して欲しいです。



 さてそっちは良いんですが、司会進行って重要ですよね。今日は模擬披露宴などもやっていたのですが、「あーもう!」と言いたくなる場面が多々あって、色々イベントや挙式を見てきた人間としてはいたたまれない思いをしておりました。時間空間を無視した進行をさせようとしてたり、おいおいと突っ込みたかったです。
 どんなに会場が良かったとしても、司会者はそれをぶち壊せるんだなぁと、今後が怖くなってきます。

 あと、これはミスじゃないんですけど、ファーストバイトを「最初のひとかじり」と訳したのには笑いました。いやー、まったくもってその通りなんですけど、せめて「最初の一口」くらいにしておけばいいのに。



P.S.
 会場におまけ演出として似顔絵描きの人が来てまして、その人の表情(本人の人相)にすっかり虜になってしまって、個人的に話をしてたら今度個展に出掛けることになりました。自分よりはだいぶ年上の男性なのですが、今日のフェア中いちばん良い顔で楽しんでた人ではないかと思います。(もっとも初めて見る人からしたら気付かないような事なのかもしれませんが…)
 自分も将来あーいう顔になれたらいいなぁと、ふと思うのでした。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2009-03-22 20:03
クリックすると大きな画像が出るよう改訂しました
d0014524_22373033.jpg
d0014524_22374023.jpg
d0014524_223749100.jpg
d0014524_22375963.jpg



 写真なんですけど、CGっぽく見えてきますね。明るさを変えて撮った何枚かの写真から合成して作る、HDRi(ハイダイナミックレンジ画像)です。普通の写真には収まらない明暗差も再現できるので肉眼での見え方に近付けられるのはもちろん、さらに進んで絵画のような表現までできます。
 いわゆる「写真の表現」とは違う方向かもしれませんけど、私は結構好きです、コレ。

 ところで前回の記事の写真にも混じってましたが、気付いた人はいたでしょうか?
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2009-03-11 00:08 | Music & Art
d0014524_17561072.jpg
 先週の日曜日まで、日本三大稲荷のひとつ、宮城県岩沼市の竹駒神社というところで「初午大祭(ハツウマタイサイ)」という祭りが開かれていました。最終日である日曜日には、数百人からなる大名行列が町の中を練り歩きました。

 今回はこの祭りの「記録映像の制作」の仕事が舞い込んできて、普段のブライダル関係とは全く違う雰囲気の中での撮影となってました。




 普段の私は写真ばっかりでビデオ撮影には不慣れなのもあり、また何より初めて見る祭りだというのもあり、先んじて土曜日にロケハンに出掛けました。

 岩沼市は仙台市から南に約20km。周辺には田んぼも広がり、ここの景色は奇麗で、列車で通る時にはいつも車窓に見とれています。で、せっかく休日ののんびりした時間の中でのロケハンなので、久し振りにこんなことしてみました。



d0014524_1724596.jpg


 そう、自転車で行きました。以前松島に行って以来ずっと長距離走をしていなかったので久し振りです。家から往復で50kmくらいでしょうか、距離的には仙台〜松島とあんまり変わらないのですが、坂道が少ないので随分ラクに感じました。
 仙台から南下してきて、ちょっと小高くなってる丘を越え、目の前に田園風景が広がったとき、あぁついに岩沼だ!とワクワクしてしまいました。残念ながらもう雪はなく、稲が生い茂る時期でもないので殺風景でしたけど、遠くまで広がる景色ってやっぱり好きです。


 岩沼に着き、2カメ撮りの相方となる職場の先輩(岩沼市民)に祭りについてあれこれ教えてもらいながら、さっそく神社や大名行列のルートを下見。神輿を担いで計4kmを歩くので、どこからどう狙うか、どこでどんな動きがあるのかをチェックしていきます。

d0014524_17581379.jpg
 岩沼の町中にはこういった古い町並みも残っており、撮影場所としてもチェックしていきます。


 下見の後ちょこっと祭りの準備を手伝ってたら、地元のお肉屋さんが土産にコロッケ10個を贈呈してくれました。多っ!って思ったけど、家に帰って食べてみたら、あれよあれよと(その日だけで6コ)お腹に入っていきました。美味しかった〜。

 ところで町中にこんなものが展示されていました。
 ダイハツ・オート3輪。
d0014524_17374819.jpg
 3輪自動車っていうと、ちょこまか走るイメージしかなかったので、こんな大きな3輪があったってだけで驚き。ダイハツのマークは昔は大阪城だったってのも、初めて知りました。ちなみにETC搭載済み(笑)


 帰る前に、せっかく岩沼まで来たので、そこらを走り回ってみました。いつだったか凄い濃い湯気?を上げていた阿武隈川を目標に、さらに南下。
d0014524_17403750.jpg
d0014524_17412349.jpg
 鉄橋って魅力的。向こう岸まで渡っていきたい…


 川沿いにある製紙工場。
d0014524_17432264.jpg
d0014524_17441570.jpg
 突然現れた巨大な人工空間。存在感も圧倒的でした。




 さて撮影当日。当然ながらビデオ撮影がメインなので写真はほとんど撮ってないのですが、一部をご紹介します。

d0014524_1804871.jpg
d0014524_18126.jpg
 当日の朝。露店が準備を始める頃、行列に加わる人達も静かな熱気を放ち始めます。
d0014524_1813381.jpg


 行列の様子。先端にふさふさした毛のついた槍を持った人がいます。練り歩きの最中、要所要所で「毛槍投げ受け」といって二名一組(計6組?)の間で空中で投げ渡す演目が行われます。
d0014524_1872382.jpg
d0014524_1863377.jpg

分かるでしょうか、神輿を担いでいる人達は全員マスクを付けています。静かに、声を発さずに歩いていくんです。
d0014524_1873986.jpg

 稚児行列。地元の子供達の通過儀礼のようなもので、みんなして「私も昔はあれに出てた」って言ってました。
d0014524_18384461.jpg
d0014524_18101128.jpg


 以上で。いやほんと、写真なんか撮ってる暇はほとんどなかったです。



 行事が終わったあと簡単な打ち上げ(なおらい/直会)にも混ぜてもらいましたが、なんだか八女に通っていた頃を思い出します。九州と東北で言葉や人に違いはあるものの、なんだか懐かしい感じがしました。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2009-03-09 18:14 | Report (Japan)
d0014524_21533542.gif オセロっていうと、角を取った方が勝ち、みたいなイメージがあるのですが、やたら角を狙うこいつ(AI)の作戦を逆手に取ってみると、これがかなりの確率で勝てます。というかほぼ100%で。こうやって四隅「だけ」を取らせる作戦がうまく行くと、ま、多少は気分いいです。



 …とまぁ、ささやかな気分転換でした。写真1000枚以上を整理中。

 最近なんだか撮影が楽しくて(もちろん当日の朝は緊張してますけど)、おとといも笑いの絶えない雰囲気で現場をやれました。火祭りやってたせいか大きな声を出す事にも抵抗感が無いってのと、福岡とかドイツでいろんな人に会ってたせいか、誰に対してもあんまり身構えなくなってるってのも大きな要因なんでしょうかね。(人によっては無礼者だと思うのだろうか?)


 そうそうまた郡山での撮影で、帰りは国道4号を通って(車に乗せてもらって)来たのですが、福島・宮城の県境あたりでしょうか、夕空に浮かぶ山脈のシルエットがとても奇麗でした。カメラがトランクに入ってて写真を撮れなかったのがちょっと心残り。

 私はこういう景色にとても憧れを感じるのですが、なぜなのでしょう。やっぱ大都市にゃ住めないな。山や森の近くが自分の住処だと思います。あぁ、Schwarzwald。



P.S.
 Xcodeの入門書を買ってみました。MacOSXの開発環境の入門書。久々ですが、プログラミングってわくわくします。しかし… 果たしてものになるんだろうか…? (てか近頃手をつけ始めたもの多すぎないか?)

 でもまぁ、なんというか、こうして写真とかビデオとか音楽とか、さらにはプログラミングとか、雑多なものたちが同時進行してるってのが、自分らしいなぁとも思います。ははは。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2009-03-02 22:12