<   2009年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 ステレオ写真の合成ができるMacOSX用のソフトはないか…と思っている(おそらくごく一部の)人に朗報です。(そして「このWindows用ソフト、Mac版さえあれば…」と思っている人にも。)

 ステレオ写真について調べてるとこのサイトの名前を至る所で見受けるのですが、ここで公開されているソフトウェア「Stereo Photo Maker」は残念ながらWindows版しかありません。

 そこでふと思い出したのが、Wine(ワイン)。UNIXやLinux上でWindowsアプリケーションを動かす互換レイヤーで、CrossOver Macなんて製品もこの仲間です。で、いろいろ探してる時にたまたま見つけたのがMikuInstallerで、Intel Mac向けのWineの一種です。ま、私も詳しい事までは理解してないんですけども。

 ↓この説明がウケた。

Mac で Win32 アプリが動く
MikuInstaller をアプリケーションフォルダにコピーした後は、実行したい .exe ファイルをダブルクリックするだけ。運が良ければ、あなたの Mac で Windows アプリケーションが起動します。



 テストした環境は
・MacBook White Core2Duo 2.16GHz
・Mac OS X Leopard 10.5.6

 ダウンロードしたMikuInstallerを「アプリケーション」フォルダに移した後に、これまたダウンロードしておいたstphmkr.exe (StereoPhotoMaker) をダブルクリックすると、MikuInstallerが何やらゴソゴソと動きだし、X11が自動的に起動して、途中止まったように見えて心配するも、StereoPhotoMakerの画面が現れました。

 あぁ、なんか感動。

 動作確認ということで、試しに2枚のステレオペアを1枚の画像に書き出す一括処理をさせてみたところ、あれよあれよと書き出してくれました。(サンプルは最後に)

 外付けドライブを認識できなかったり、何らかの原因でソフトが操作不能になったりと少しだけ厄介でしたが、ただこれは自分自身まだ使い方をきちんと理解してないからかもしれません。いずれにせよ「このWindowsソフトをどうしても使いたい」という場合には非常に役に立つと思います。

 フリーソフトって断然Windows用の方が出回ってるので、Mac使いには少々残念ではあったのですが、その数々の便利なソフトをWineで使えるようになれば、こんなラッキーな事はありませんよね。


 以下が試しに出力してみたサンプルです。平行法用で、クリックすると800x300pixelに拡大します。

d0014524_23585783.jpg
d0014524_23591119.jpg
d0014524_23593778.jpg
d0014524_23595890.jpg
d0014524_00775.jpg
d0014524_002569.jpg
d0014524_003270.jpg
d0014524_004286.jpg
d0014524_004929.jpg
d0014524_005627.jpg



 ちなみに毛越寺へ初詣(?)に行きつつ御みくじを引いたら「大吉」だったので、きっと運がよかったんでしょう。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2009-01-23 00:04 | Tips
 3日目。朝5時に目を覚まして、そそくさと支度。始発のバスで、いろは坂を駆け上る。夜明け前の赤い空が美しかった。

 近頃の日の出の時刻とバスの時刻表を照らし合わせ、山に囲まれていることによる誤差と方角を踏まえ、中禅寺湖で日の出が見られるポイントを探す。

 目星を付けたバス停で降りて、湖畔へと急ぐ。

 間に合った。というか、ドンピシャでした。
d0014524_11241572.jpg
d0014524_1125562.jpg


 寒い。とにかく寒い。ふもとの町でもマイナス5℃だったらしく、おそらくここではマイナス10℃近かったと思われます。手袋してようが何だろうが手は冷たくなるし、耳当てを持っていなかったのがほんとに厳しかった。
 それでも、一度はここで日の出を見ておきたかったので、満足。こういう静かな、ほんとに静かな景色って、何とも言えません。
 とはいえ長いことじっとしていられそうもなく、終点で折り返してきたバスに再び乗り込み、ふもとへ下りました。

 いろは坂、3往復達成(笑)。


 宿の主人に別れを告げて、いわゆる「観光地エリア」を巡る。世界遺産だったんですね、ここって。同じ部屋に泊まってたアメリカ人に聞いたら、日光に来るためだけに日本に来てたらしい。もちろん日程の都合とか個人的な趣向はあるんでしょうけど、まさかそんなに知名度が高いとは…


 二社一寺と呼ばれているのは、日光東照宮・二荒山神社・日光山輪王寺。このうち東照宮は徳川家康、輪王寺(大献院)は徳川家光の墓所でもあります。私は修学旅行のときに聞きましたけど、関東以外でも有名なんでしょうか。


d0014524_11565745.jpg
d0014524_121119.jpg
d0014524_11573562.jpg

 「日本の美」や「和風」というと、何となく質素なイメージがあるのですが、こういう建築物や装飾品をみていると、そんなことは無いような気がしてきます。派手ですよね? 経年劣化してることも踏まえると、オリジナルはかなりの極彩色だったんじゃないでしょうか。

d0014524_123729.jpg

 そうそう、かの有名な猿たちは、目隠し口隠し耳隠ししてるだけじゃないんです。全部で5種類。


 まだまだ他の写真がアルバムにありますので、どうぞご覧ください。



P.S.
 湯葉ラーメンはおすすめしません。ガッカリします。
 店によるかもしれませんが…
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2009-01-17 12:10 | Report (Japan)
 今の時期、日光の朝はよく冷えます。いやほんと寒かったです。

d0014524_19373858.jpg
 宿を出発して駅前からバスに乗り込み、いろは坂を進む。上りが「第二いろは坂」下りが「第一いろは坂」と呼ばれ、上りの最初のヘアピンカーブから順に、上りが「い」から「ね」、下りが「な」から「ん」の仮名が振ってあります。
 ここの路線バスはいわゆる観光バスの大きさなのですが、よくもまぁこんな急曲線を走るよなぁと関心してしまいます。しかもかなりの勾配。下りなんて、途中でブレーキ壊れたら最悪ですよね。運転手さんが、「昔スピード出し過ぎて転落した車があるんだけど、重機が来られないから未だに吊り上げられてないんだよ。」なんて怖い事言ってました。



 朝一でやってきたのは上り線の途中にある明智平。ここからロープウェーで展望台に上がれます。
d0014524_19452594.jpg

 往復710円もする割に、ものの数分であっけなく展望台に着きます。なんかねぇ、もうちょっと満足感があってもいいよねぇ…



 天気が良かったのも相まって、景色は結構きれいでした。風も穏やかで気分がいい。
d0014524_19481281.jpg
 正面の湖が中禅寺湖。そこから流れ落ちるのが華厳の滝です。この写真ではあまり見えませんが、右手には男体山がそびえてます。(サイトの日光のページを参照)
 正月明けだっていうのと、ロープウェーが動き出したばかりだってこととで、お客さんはほとんどいませんでした。おかげで良い景色を静かに堪能できました。


 再びバスに乗り込んで、いよいよ中禅寺湖へ。まずは昼ご飯を…
d0014524_200126.jpg
 日光の特産品は湯葉らしく、湯葉の付いた定食を注文。湯葉を巻いて揚げた状態で保存するらしく、それをダシで煮たものが付いてました。煮汁がジュワーっと染みてて、うん、とても美味しい。(ちなみに日光らへんでは湯「波」って書くらしい)


d0014524_206831.jpg
 やってきました、中禅寺湖。寒いです。行く先々のトイレで蛇口や便器の水がチョロチョロと流れ続けてるのが、厳しい寒さを物語っています(にもかかわらず凍ってしまった小便器がありました)。湖畔はこの通り(↓)。だんだん風も吹いてきて、うぉーさみぃーっ!ってなってました。冗談じゃなく。
d0014524_208770.jpg





 さて前日に車窓で見て気になっていたのが、終点の近くの湖。奥日光を奥から順に攻めてくることにして、まずはそこへ。そして驚きの光景が。




d0014524_2015525.jpg

 えー、はい、見事に凍ってます。さらに雪が積もってます。そしてこの湖、「湯ノ湖」って言います(笑)。やっぱり冬ですから、こういう景色が見たかった。懐かしいなぁ、SchluchseeやTitisee。
 そしてこの湖、雪が積もってるせいで、どこまでが陸地なのかわかりません。散策してて気付いたら陸地から外れてて、かなり焦りました。


 少し下って、今度は戦場ヶ原の辺りへ。
d0014524_20235135.jpg
 目の前に広がる湿原を眺めながら、一時間程あたりを歩き回ってました。遠くに見える山肌も、とても美しかった。


 ところでこんなものを発見。いやほんと、人が来ないんですね(笑)
d0014524_20255749.jpg




 日が暮れてきたので中禅寺湖に戻って、そろそろ夕飯の目星をつけようかと思ったら、5時前だってのに店が全部閉まってました。ものの見事に。辺りを歩いてる人もほとんどいないし。
 しばらく歩き回ってようやく一軒だけ開いてて、寒さから逃げ込むように店へ入りました。ところがこれが大当たりで、湯葉の雑煮に天ぷらがついた定食にありつけました。観光地であることを考えれば、割と控えめなお値段で。天ぷらのサクサク感が最高でした。
d0014524_20325019.jpg



 食後は湖畔の日帰り温泉へ。ここでも客は少なく、広い湯船を独占。あまりに気持ちよくて長居していましたが、それでも途中で入ってきた客はただ一人。贅沢すぎる風呂でした。しっかし、温泉がこんなにも気持ちいいものだと思ったのは人生初かもしれません。何度も出ようとしながらも、後ろ髪引かれるように再び湯船へ…



 帰りのバス、こんな時間に乗る客は珍しいのか、運転手さんと雑談に花が咲いてしまいました。久々に「目からウロコ」的な話を聞いたので、これは後日また書こうと思います。



 宿に戻る夜道、星がよく見えました。いまだ星座には詳しくないですけど、オリオン座と北斗七星だけはよく分かりますよね。というわけで写真中央にはオリオン座。割と奇麗に写ってるので、クリックして拡大してみてください。
d0014524_211683.jpg



 その他の写真はこちらで。

(次回は世界遺産・二社一寺)
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2009-01-12 20:46 | Report (Japan)
 仙台へ帰る途中、1/05-07の2泊3日で日光に立ち寄っていました。せっかく青春18きっぷを使って往復するのだから途中に寄らないのはもったいない、というのがひとつ、またどうして日光かというと、小学校の修学旅行以来ずっと行った事が無く、あんまり楽しんだ覚えがないままになっていた場所なので、今改めて行ったらどう感じるのだろう、というのがきっかけでした。

 日光ってあまり近所なイメージはなかったのですが、関東(栃木県)である上に、湘南新宿ラインを使えば実家の近所からわずか乗り換え一回(宇都宮)で行けるという事を知り、ちょっと驚きました。つまり在来線だけで逗子からでも乗り換え一回で行ける、というわけです。すっげ。


 乗換駅の宇都宮で、現地のバスチケットを入手。日光に行く人にオススメなのが、東武鉄道が発行する「まるごと日光 東武フリーパス」で、東武線内の駅からの往復券+フリー区間として下今市〜東武日光の鉄道と東武バス日光全区間が乗り降り自由。現地へ行ってから買えるフリーパスだと2日間のみ有効なのですが、こちらは4日間にわたり使えます。
 私はJRで日光へ行くのですが、このチケットの一番安い設定(大谷向発)を買っておくと、同じ範囲を動ける(現地で買える)パスよりも安く済む上に2日長く使える、というわけです。

 ただ宇都宮で聞くまで分からなかったのが、浅草発以外のチケットは旅行代理店では扱っておらず、東武線の駅でしか買えない、ということ。おかげでJR宇都宮から東武宇都宮まで歩くはめになりました。荷物を背負って、しかも結構な距離を歩かされ(20分くらい)、先にどこかの接続駅で買っておけば良かったと少し後悔… そういう事は公式サイトにも書いておいて欲しい。


 昼食時だったので、宇都宮ということで餃子屋に入りました。全12種類の餃子が並んだ定食は、なんとも見事です。ただしヴァリエーション多すぎて、どれがどれだか分かんなくなりましたけど… てか何で宇都宮は餃子が名物になったんでしょう?


d0014524_18131441.jpg

 JR日光駅に到着。小学生以来なのでさすがに覚えていません。唯一記憶にあったのが、駅の臨時(団体用)改札口。あぁ、たしかここを通ったな、と。気温は横浜・東京に比べてずいぶん低く感じました。東武に比べてJRの駅前は寂れてるので、余計に寒い感じがします。

 到着が少し遅くなったこともあり、まずはバスにのってとりあえず終点まで往復。日光がどんな所なのかを俯瞰することにしました。終点まで往復すると、所要時間は約3時間。ほんとにそれだけで日が暮れてしまい、チェックインの兼ね合いもあって宿に向かいました。



d0014524_18232227.jpg
 翌朝。

 泊まった宿「日光パークロッジ」は安価で泊まれるから選んだのですが、これがなかなかオモシロイ所で、宿泊者の大半(主人曰く9割)が外国人。実際、他の日本人客には会いませんでした。さらにオモシロイのが、宿の主人自ら毎朝ヨガの指導をしていること。まったくの自由参加なのですが、この日は時間があったので参加することにしました。
 私と主人以外は外国人なので、指導は基本的に英語。一時間かけて身体と呼吸を整えていきました。ヨガは初体験で、正直かなり苦労しましたけど、これを毎日続けたら本当に健康で丈夫な身体になりそうです。呼吸を意識しながら柔軟体操(?)するだけで、これほどいい運動になるのかと驚きました。


 さ、身体が目覚めたところで、いざ中禅寺湖へ。

(次回へ続く)


※サイトの方に写真だけ色々載っけてます。こちらへどうぞ。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2009-01-12 18:37 | Report (Japan)
 12/30に東京に着きました。暖かい。気温16℃って… 自宅の部屋の(暖房付けた状態の)室温ですよ(笑)。ドイツで知り合った面々で集まろうって話があって、まずは吉祥寺へ。一人は8月にさんざん世話になっていたから不思議ではないとしても、もう一人は一年以上会っていなかったのに、全くもって久し振りの感じがしない。頻繁に意識の上の方で漂ってる相手だと、そういう感じになるのかも。

 吉祥寺を散策するのは初めてだったけれど、畑の目の前に無人の直売所が立ってるのを見つけて、いわゆる「東京」のイメージとのギャップがおもしろかった。東京と言っても、高尾や奥多摩なんて、山奥ですからね。小笠原も東京都だし。うん、一度は行きたい小笠原。

 普段ぜんぜん違う職種(というか専門というか)をやってる人の話を聞くのはおもしろい。もちろん詳しい部分の話題には付いていけないけれど、図書館事情をこんなに聞いたのは初めてでした。何より、さぶろーの勤勉ぶりに驚いた。ドイツで会った時からは想像も出来ないことをしていて、ただただオドロキ。彼は今後どこまで出世(?)していくのか… 自称Gewerkschaft(笑)の仲間として、将来が楽しみです。



 さて年明け早々、ゆご氏と横浜で再会してました。観光スポットとしての横浜って詳しくないんですけど、個人的に行ったら良いと思う場所のひとつが大桟橋(おおさんばし)なので、横浜駅からたらたらと歩いていきました。

 少し遅い時間になってしまいましたが、着いた頃にはちょうど日没(後)の空が奇麗で、桟橋の上にはたくさんの人が集まってました。
d0014524_1025948.jpg
 知らなかったんですけど、この桟橋から富士山が見えるんですね。人間みな考える事は一緒みたいで、ほとんどの人がカメラを富士山に向けてました。

 内部の空間はこんなです。外観を撮った写真はないのですが、内部・外部とも造形がかっこいい。大桟橋は国際線の発着ターミナルでもあるので、こんな場所から海外(まさに「海」外)へ旅立っていくのは気分がいいだろうなぁと思います。
d0014524_10284694.jpg


 東京に着いた時には「やっぱり暖かいなぁ」と思っていたんですが、さすがに海辺で夜風に吹かれると寒かったです。夜景は割と奇麗なんですが… 余談ですが、百道浜から見る福岡の夜景も奇麗なんですよねー。
d0014524_103257.jpg



d0014524_10343824.jpg
 さて夕飯を、ということで中華街を彷徨う。時おり雑貨屋に入りつつ目を輝かせてる人が横にいると、なんだかこっちまでオモシロイような気がしてきます。妙なメジャーとか(笑)
 何度来ても思いますけど、ここは本当に「コレだ!」という店が見つからない。「調度いい」定食屋がもうちょっとあってもいいと思うんですけど、どうなんでしょう? さんざん歩き回った末にようやく、とある一軒へ。ゆご氏こだわりの刀削麺を食べました。不揃いの麺が、意外と美味しかった。

 その後、まーしー。さんも福岡から満員電車でやってきて参戦するも、横浜といえど正月三ヶ日は店が閉まるのは早く(関係ないかもしれない)、カフェを求めて彷徨うも見つからず、結局は横浜駅前のマクドナルドへ、という残念な(笑)結末でした。


 次回、日光編。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2009-01-08 11:12 | Report (Japan)
d0014524_20281289.jpg

 いまさらですが、あけましておめでとうございます。

 年末からしばし実家におりましたが、仙台への帰路に着きました。


 で、


 いま日光にいます(笑)。小学校の修学旅行以来です。今回は2泊3日で少しのんびりとできるので、前回(?)は楽しんでなかった日光を堪能してみます。

 詳しくは仙台に戻ってから。そして皆様、今年もどうぞよろしゅう。

 m(_ _)m
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2009-01-05 20:28