<   2008年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 関係ない前置き。興味ない人はすっ飛ばして本文へどうぞ。

 すんげー久々にThinkPad(WinXP)から更新中。一部のキー配列や、何より画面の文字に強烈な違和感が… やっぱゴツゴツしてんなぁと思うのだけど、でも世の中の大半の人はメールもサイトも(というか基本的に全部)この文字で見てんですよね。私はやっぱりヒラギノの方が見てて気持ちいいや、と思います(変な癖もあるけど)。店頭で見る限りはVistaのメイリオもいまいち好きになれない… Not bad. Much better. But not very nice...くらい。

 ThinkPadのトラックポイント(GHBの間にある赤い点を指先でグリグリするやつ)は、やっぱラップトップ用としては◎ですね。普通のWin機のパッド型(特に小さいやつ)は使うたびにイライラしてしまってた。(でもMacBookのパッドとは何故か相性がいい。2本指もめちゃくちゃ使ってる。)

 あとGoogle Chrome。アンチ・ウィルスのソフトに阻まれなければ確かに速く感じます。キャッシュをやたらめったら活用しているのかな?と使ってみて思いました。メニューバーが消えた分スペースが広がって、これはこれでいいかも!という印象。



 さて本題。

 今週末は撮影が無いのでのんびりとビデオ編集をしていたら、常々疑問に思っていたことがどんどん気になりだしてしまいました。そしてこんな時間になってました。
 もともと結婚式っていうもの自体、見れば見るほど突っ込みどころ(不可解なこと)は満載なのですが、全部挙げようとするときりがないので、まずはどうも気になってしまう言葉をひとつ取り上げてみたいと思います。



 よく新郎さんはこんな言葉をかけられています。

 「○○さん(新婦)を幸せにしてあげてください。」

 一方の新婦さんにはこんな言葉がかけられています。

 「幸せになってください。」


 別に男女差別だとか何とか言うつもりは全く、全く無いのですが、なぜ夫は幸せに「する側」で妻は「(夫によって幸せに)なる側」という一方通行の関係なんでしょう。

 元々は「新婦が新郎側の家へ嫁ぐ」という関係から生じた言い回しなのだと思います。新郎家で引き取る以上は、そっちで責任持ってねー!という具合に。実際のところ披露宴で両親への感謝の手紙を読み上げるのも新婦ばっかりで、新郎が読み上げてるのはまだ聞いたことないので、その名残は結構根強いのでしょう。もはやそうではない(どちらの親とも同居しない)パターンは多いのですが。
 でも司会や両家親の言葉を聞いていると、これから「2人の」新生活が始まるという前提で話が進んでいるのだから、その2人の間に主従関係を置くことには違和感を覚えるのです。「あれ?対等な関係じゃないの?」と。しかし平然とこう言っている人達は、当然ながら全く違和感ない…んですよね?


 でも結局のところ(事務所でこんな疑問を口にするとよく言われるんですが)「誰もそんなこと深く考えてないよー。」ってことなのでしょうか。うーむ、気に…ならないのか…



 ここからは、ちょっと変わって疑問とは別の話。

 ファーストバイトって言って、ケーキにナイフを入れた後に新郎新婦が食べさせあうイベントがあります。(常識?) 意味は毎回色んなことが言われてるので、あるようで無いのかも。ただ、新郎→新婦の意味として「一生食べ物に困らせない」っていうのがあるんですけど、なんだか生々しくて良い。(新婦→新郎の場合は「一生あなたを愛し続けます」とか「おいしいお料理を作り続けます」などヴァリエーションが多い)

 なぜこの話が出てきたかというと、ここら辺で出てくる言葉って、直接的だったり間接的だったりしますけど、「夫が妻を引っ張っていき妻は夫に付いていく」っていう構図を言葉の節々に感じることがあるのです。
 「俺について来い」っていう旦那がどれほどいるのかは知らないですけど、そして他人様がそう考えてる事は全然構わないことなのですけど、自分が誰かと一緒になる場合にはこの図式は無理だなーって思ってしまいます。
 相方が「一生付いてく」と言ってくれたら、そりゃ心底嬉しいでしょうけど、でも同時にすごく心配になってしまいます。ていうか、なりません?
 老後まで一生安泰な生活にはなりそうにないから、一人で自立できてるような相手だったらいいでしょうけど、それこそ「あなたに付いていく」みたいな人だと相手まで振り回して負担を大きくかけてしまいそうで、潰れてしまわないかと心配するだろうし、そもそも生活が安定してても自分が突如倒れたり死亡することはいつでも在り得るのだから、その時相手まで共倒れするのはできれば避けたい。被害は自分だけで留めたい。

 だから「俺に付いて来い」とは恐ろしくてとても言えませんよね。「付いてこないほうがいいかもよ?ちょっと間をとってたほうがいいかもよ?」と言ってしまいそう。
 「付いて来」ないで、常に脇から眺めてる、くらいが嫁さんのベストポジションなんじゃないかなって思います。で、トラブルがあったときには、サポートしたり、必要とあらば緊急避難できる心の準備もしておく、と。子供がいたら、なおさらね。

 よく結婚の際には「永遠の愛」なんていって誓うわけですけど、ほんとはもっと臨機応変でいいんじゃないかな、て思います(ものすごく誤解されやすい言い方をしてると思いますが…)。相手を思えば思うほどに。


 まっ、こんなこと言ってても結婚の予定はないんですけどね(笑)
 話が妙な方向に広がってしまいましたので、このへんで。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-11-29 04:17 | 考えること
 エクラノプランってかっこいい。(特に意味はない)

 不思議な縁で写真の事務所に厄介になるようになって、かれこれ半年が過ぎました。写真の腕前はまだまだ発展途上ですけど、写真以外の面でも割と重宝してもらってて、こちらとしても、とてもありがたいなぁと思っています。
 ビデオ編集も何件もやるようになったし、今では「君のセンスに任せた」なんつって好きなようにさせてもらってます。それとコンピュータ関係のちょっとしたサポートとか英語表記のチェックとか、些細な事ではあるけれど役に立てると嬉しいもんです。
 それと小さな事務所のくだけた雰囲気が性に合ってるからでしょうか、事務所の居心地も良いのです。

 そんな折、ビデオの新商品を作るって話が出てきてて(商品である以上は映像の撮り方/編集の仕方にフォーマットがあり、その新バージョンを作るという意味)、そのうち単なる記録以外のイメージ映像みたいな部分を追加するにあたり、そのフォーマットを任されることになりました。(大袈裟なものではないですが…)
 先週末から作り始めて、Rush版が出来て、カメラマンに次回撮影の指示を出す所までは漕ぎ着けました。

 イメージ映像ってBGMに雰囲気のほとんどを持って行かれるので、当然ながら曲選びが重要なのですが、事務所にある著作権フリーの音源集も資料としてドサッと借りたものの、数曲聞いてウンザリ。これが売り物なのか!と思うような仕上がりの曲だと思うのですが、でも実際には巷でも結構使われてるんですよね、こういうの。
 でも納得いかないし、この中から探すのも面倒だから自分で作ってみることにしました。自分で作れば、ほら、タイミングも自由自在だし、会社で使うにも著作権の問題はないし!

 とりあえず数時間程度でRush版を作ってみて、映像と合わせて見せてみた所、事務所の方々にも割と好評価を頂きまして、社長のOKが出たので本当に作っちゃっていい事になりました。あはははは。
 最初の面接の時に冗談半分で「いつかコラボしましょっか」なんて言ってたら、本当になってしまいました。いやぁ驚きです。ただまぁ、この商品自体がまだ正式決定ではないので、新商品の企画自体がボツになれば全部ボツの可能性もあるんですけれど。


 なんというか、不思議なものですね。変な表現ですが、こうして自分の能力を多方面で発散させてくれる場所に来てしまったとは。ほぼ思い付きだけで引っ越してきた仙台なのに(笑)



P.S.
 しっかし、いくら久し振りとはいえLogicをまともに扱えなくてビビった。特にMIDI関連が! 焦った…というか、少し凹んだ。確かにほとんどオーディオ録音にしか使ってなかったけれど、とはいえ、ねぇ…
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-11-27 00:47
KORG nanoシリーズ

 特にnanoKontrolに反応してしまいました。そんなに機会は多くないものの、フィジコン1台あると便利なんだよなーと思う時があります。コンパクトで値段も控えめ。本格的な制作じゃなければ、結構使えそうですね。ところで何で"C"ontrolじゃないんでしょうか。

 持ち運びがラクで、バスパワーだけで動くものがずいぶん増えましたよね。電源を個別に用意する必要がないだけで、使い勝手が全然違う。我が家でも(ベタですが)ポータブルHDは手放せません。特にFireWireの。


 まぁでも、道具は道具。その性能を活かすも殺すも使う人次第ですよね。いくら「高性能!」や「高画質!」であっても、それ以前の段階で無駄にしてる人はいる。
 ハイスペックPCなのに用途はメールとウェブブラウズとか、やたら高画素な撮像センサーを携帯電話やコンデジやビデオカメラに積んでみたり、高音質ヘッドフォンを電車の中や路上で使ってみたり(そしてオープンエアー型だったりする)、ちょっと話は違うけど、新たに製造した低燃費のエコカーに買い替えるより燃費の悪い中古車に乗る方が総エネルギー消費は小さくなったり。

 調べれば調べる程、必要の無い高性能を求める(そしてそれが無駄になることを知らない)人、数値を並べて高性能かのように(そしてそれが有用かのように)「みせかけて」販売する人、そんな欺瞞が溢れかえってる状況がどんどん見えてきます。
 きちんと知らないものに手を出す時は、ちゃんと色々調べないといけません。そして知っているつもりでも「自分の知らない面がある」ことを謙虚に受け止めないと、知らない事にすら気付けません。
 自分でも少し心当たりがあるので、以後気をつけなければ、と。


 しっかしBlu-rayの映像をブラウン管テレビで見てる人が少なからずいる、というニュースを見た時は、さすがに笑ってしまった。あー、ツッコミたい!何でそれ買ったの?とツッコミたい!


P.S.
 紅葉が奇麗な季節なのだけれど、それを奇麗に撮るのは難しいなぁと、毎回思います。
d0014524_10562763.jpg

[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-11-24 10:44
失敗はもちろん無いに越したことはない

けれども失敗は起こりうるものだ

もしその時そのまま放置してごまかせば
その失敗はマイナスのまま

そして後々になってそれが発覚すれば更に大きなマイナスになってしまう
「失敗を隠していた」という言葉とともに信用も崩れ去ってしまうだろう



けれど嘘をつかずその場できちんと誠意を持ってフォローすれば

むしろプラスに転じることもある


そんなことを学んだ、今日の現場でした。



いやーしかし疲れた。目に染みるくらい汗かいた。そして足が痛いー。

でも何はともあれ、素敵な夫妻で良かったです。



P.S.
学祭&火祭りはどうだったんでしょうか。
馬鹿で馬鹿でしょうがないくらい魅力的な人間達が、智恵と技と意思の限りを尽くして大いに盛り上がっていてくれてたら、それ以上望むものはないです。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-11-23 21:54
 朝目が覚めて、寒いなぁと思って気温計を見ると、室内なのに10℃を切ってる。いやいやまさかね〜と外を見ると、

d0014524_852297.jpg


 雪降ってました。太陽も照っているので積もる事はないでしょうが(しかし降り続けてる)、ついに冬らしくなってきました。まだ11月だけど。
 きっと県境の面白山(オモシロヤマ)あたりはもうそれなりに積もってるのでしょう。


 余談。

 PCの一部のソフトが原因不明の異常終了するようになり、再インストールしても治らないので、デフラグも兼ねてシステム完全フォーマット&復旧してみました。
d0014524_9234666.jpg

 TimeMachine様々です。異常が出る直前の状態に復旧してみました。
 復旧後も特に設定は必要なく、何事も無かったかのように使えます。実際、iTunesの認証をしなおしただけ、くらいのものです。また快適な状態に戻りました。
 復旧にかかる時間も割と短く(2〜3時間程度だったかな)、自分で全部のソフトを入れて(SerialNo.を打ち直したりカスタマイズしたりアップデートしたり)使える状態に設定する手間ひまに比べたら、はるかに速いしラク。

 古いHDDを1台余計につないでおいただけで、バックアップは必要な分だけ全部勝手にやっておいてくれて、これだけ恩恵にあずかれるのは、ありがたいです。


 そして雪はなおも降り続く… 積もらないけど。


P.S.
 今年は福岡入りはしません。学祭、盛り上がるといいですね。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-11-20 09:33 | Report (Japan)
 昨日いわきへ撮影に行きました。早朝の常磐線に乗るのは4月以来でしょうか。首都圏では長ーい編成で走る常磐線ですが、この辺では4両編成(しかも岩沼からずっと単線)。景色がとても奇麗で、特に朝陽をうけた田園風家が眼下に広がる辺りは最高です。

 車窓を楽しみながら乗っていると、遠くの方がモアーっと真っ白になっているのに気がつきました。山の麓にでる朝霧かとも思いましたが、どうも様子が違う。しかもかなり分厚い。

 阿武隈川を渡る鉄橋のところで正体が判明。川を渡り始めたとたんに霧の中に突っ込み、渡り終えたとたんに霧から抜け出ました。そう、川から蒸発した水蒸気が朝の空気で冷やされて霧になっていたのでした。
 小学校の理科の教科書で川に湯気(?)が出ることは知ってましたが、まさかこうも分厚く出るとは予想もしてませんでした。川面から鉄橋の上までだから、おそらく15〜20mくらいの厚みはあるでしょうか。しかも川の上だけのピンポイントで。


 時間があれば途中下車して現場に行ったり出来たんですけど、仕事に向かう途中ですからね。本数も少ないし。


 これから先どんどん冬が深まると、また色々な世界が見られるのかと思うと、楽しみになります。Schluchseeの氷の羽根Opfingenの樹氷も、またいつか見に行きたいです。雪の山寺には、必ず出掛けるつもりです。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-11-16 10:23 | Report (Japan)
 ずーっと前から気になってて、ずーっと書き忘れてた事を思い出したので、つれづれなるままに書いてしまいます。

 仙台に引っ越して来てから、どうも釈然としない事があります。
 それは、仙台人の右と左。

 自転車に乗って走っていると、かなりの確率で対向車(自転車)は左に寄ってきます。つまり、右側通行をしたがる自転車がやたら多いのです。自転車って、左側通行ですよね?! そういうつもりで走ってると、すごく走りにくいです。
 なぜ右側を走るのかと一度、職場の先輩に聞いてみたことがあるものの、特に意識してなかったみたいで、残念ながらわかりませんでした。


 それとエスカレーターでの人の並び。これが非常に興味深い。

 地下鉄駅のエスカレーターでは、ほとんどの場合で右側が立ち止まる人で、左側が歩いて上り下りする人(本当は禁止行為ですが…)。これは関西と一緒ですね。

 ところが仙台駅近辺でのデパートなど大型店舗内では、関東と同じく右側が追い越しレーンとなっています。

 「仙台駅付近やデパートには他の地域から来た人が多いから左側に並ぶ人が多くて、地下鉄は地元の人間が中心だから右側に並ぶんじゃないか?」と、ある人が言っていました。


 こういう混在ぶりが、なんとも不思議です。仙台。


 近頃すっかり寒くなりました。
 さすがに部屋の中で息が白くなった時には、あぁ来る時が来たなと思いました。
 毎朝、目覚めると鼻が冷たくなっています。


 先輩曰く、
 「君んち、暖房ってエアコンしかないの? この先ぜったい寒いよ。」


 毛布をもう一枚買うべきか。それで足りるか知らんけど。
 なるべくは寒さに身体を合わせていこうかと思います。

 あー、なぜ仙台は2重窓じゃないんだ…



 …以上、マウス嫌いの左手トラックボール&右手10キー使いの彦でした。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-11-14 00:33
 久しぶりにケータイから。

 わけあって今、いわきに来てます。実は今日・明日は2日連続の撮影で、今日は郡山、明日はここ、いわき。で仙台には戻らず郡山から直接いわきに来て一泊することになりました。

 今朝は朝8時に郡山に着くため久々に新幹線に乗りました。やっぱり速いですね、各停やまびこでも。価格は鈍行の倍なので「時間のため止むなく」使いましたけど、あの快適さはたまらん…

 さて、今晩は初めて来た他人の家に(独りで)お邪魔してます。こっちの写真事務所のカメラマンさんの別宅で、その人とは何度か会ってるものの、この部屋は初潜入。で家主不在のなか一人で泊まってる、と(笑) あ、もちろん許可は得てますよ。

 でもなんか、もはや自分も全然動じなくなってしまってます。確かに今までずいぶん沢山の人の家に泊めてもらったからなー。
 しかしこの慣れっプリくつろぎっプリは、良いんだか悪いんだか。


 あー、今晩ぜったいよく眠れるわ。そして明日は筋肉痛まみれで撮影…と。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-11-01 20:58