<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 突然ですが、みなさんPCのディスプレイの色合いは気にしてますか?

 よくわかんないですかね。ちゃんと白は白として、青は青として、赤は赤として、緑は緑として表示されてますか?という質問です。もっとも写真や出版、映像関係など光や色に関わる人じゃないと、あまり関係のない部分ですけれど。

 写真の仕事をするようになって、さらにRAW現像にも手を伸ばすようになってからというもの、果たして自分が今ディスプレイ上で見ているこの色は、本当に(データの上でも)この色なのだろうか?という疑問がふつふつと湧いてくるようになりました。
 Mac OS X だと割と簡単な操作で目視でのカラー調整/プロファイルの作成ができるので試しにやってみたところ、全然違う!という程ではないにしろ、やはり色が随分変わりました。買ってきたままのディスプレイだと、赤みがかっていたり、青みがかっていたり、正確な色は分からないもんだと、改めて思いました。
 興味深かったのが、同じ室内で同じディスプレイを調整するんでも、日中と夜間では全然違うプロファイルが出来る、ということ。当たり前ではありますが、窓から入り込む日光と室内灯では光の室が違いますから、当然その違いが色にも影響してきます。

 そんなわけで最近では幾つかプロファイルを作ってあって、作業場所・時間帯に合わせて切り替えながら使ってます。もっともノートPCのディスプレイじゃ、設定したって限度がありますけれど。正面からわずかにズレて見ただけで、見え方が全然違っちゃいますからねぇ。

 でも一度やってみると、はっとしますよ。
 もしくは「へぇ〜!」くらいは思うはず。

 ほんとに正確な設定をするくらいなら、外光が入らないようにして色評価用の蛍光灯を使い、更にディスプレイ周りの作業空間を無彩色にするくらいの意気込みがいるんでしょう。今のところはそこまで情熱(?)を注ぎ込むつもりはないですが。



 ところで誰か、Windows機でディスプレイのカラー・プロファイルを設定する方法って、知りません? キャリブレータを持ってないので、手動(目視)での設定になるんですが… コントロールパネルあたりを探ってはみたものの、どうも分からず。キャリブレータでプロファイルを作って適用するしかないんですかね?? ネットで調べた範囲だと、手動設定の機能はなさそうなんですが…
 あ、ちなみにWindows XP SP2です。

 古いノートPCだし出番も多くはないので大して重要ではないんですが、ちょっと赤黄色っぽいのが気になってきてしまって。まぁ可能なら調整しておきたい、という程度です。もし誰か知ってたら教えてくださーい。(このブログの読者でこんなのを知ってそうな人というと、かなり限られてくるような気もしますが…)



 ふと音響機材のチューニング作業を思い出しました。PA機材だったら、持ち込んで設置した会場に合わせてグライコ(EQ)を調整したり、騒音測定器だったら○dBがちゃんと○dBとして計測されるよう調整したり。
 正確さを追求する作業では、やっぱりどこでもキャリブレーションが重要なのですね。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-10-24 00:23
 …でした。ここんところ3週連続で松島に行ってまして、前の2回は復帰までの研修として、そして先週末はいよいよ自分がメインでの撮影。メインで撮った事は前にもあるんですが、完全に一人だけで撮影に臨んだのは今回が初めてでした。

 もうね、前日から緊張しまくりでしたよ。当日の工程表(というか撮るもの&撮る順番リスト)まで書き出したりして。仕事が始まるまでは、それこそ大学入試以来の緊張ぶりだったかもしれません。ニュース番組ADの時よりも緊張してたと思う。

 現場に行ってみれば普段とは流れが違ったりしてて、初っ端から想定外でオーバーフロー気味になってしまい、せっかくあったチャンスなんかも活かしきれず非常に勿体ないことをしてしまいましたが、でも新郎新婦の2人がいい人だったのと、アテンドや周りのスタッフの方々にもずいぶん親切にして頂いたおかげで、まぁ、どうにかなったかな、と。
 一番最初にミスがあったせいで相当焦りつつ落ち込みながらのスタートでしたが、みなさんのおかげか中盤辺りからは結構楽しみながら撮影に臨めました。機材トラブルなんてのもありましたけど、なんだか次回に向けての(反省を踏まえた)自信がついたような気がします。

 今回の発見。誰かに付いての撮影より、一人での現場の方が、新郎新婦への声掛けができる。何かどっかで吹っ切れたんでしょうか。いやほんと、精神的にも鍛えられるわぁ、この仕事。
 そしてもうひとつ。もし撮影した2人に、写真や当日のやりとりを通して「あの人が撮影に入ってくれて良かった」と思ってもらえたら、それって一番嬉しいことだな、ということ。目標、ですね。


d0014524_21343521.jpg



 しっかしスナップのカメラマンてほんと、全身運動ですよ。何度も立ったりしゃがんだり、まるでスクワット。撮影中は季節感を無視して汗だくでした。帰るころにはもう疲労困憊。そして翌日は筋肉痛。もし毎日こんなことしてたら、ものすごく体力が付くだろうなぁ… (一方のビデオ編集はずーっと座りっぱなしですが)

P.S.
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-10-15 21:49
 ってタイトルにすると何だが大袈裟になってしまいますが、別に大したこたぁないんです。写真&ビデオで入ってる事務所に行って夜まで作業してたら大雨に降られてしまって、雨の中を機材いろいろ担いで帰るのも厄介だし(自転車だし)どうせ編集するものも溜まってるし、絶対に帰らなきゃいけない事情は無く…ってことでそのまま泊まり込み。

 いやぁ、思いのほか作業がはかどりました(笑)
 編集すげー早い。一晩で映像ほぼ一本仕上げてしまった。この前の一本は何だったんだってくらい早いペース。それなりに仮眠もちゃんと取ったにも関わらず、です。やっぱり「集中力」って大事ですね。
 元素材自体も使いやすく撮ってくれていたのが救いでした(これすごく重要ですよね)。


 ところで最近、作業の合間を縫ってサイトの更新作業を続けてます。やっとかよ、とツッコミが入るのかどうか。
 左上にリンクもありますけど、これからはイベントレポートや旅の記録などは全部そっちに載せていきます。未公開だったドイツやヨーロッパ各地、日本各地の写真集なども充実させていってるところです。とりあえず現時点でイベント3件・写真集6件は掲載済み。旅の記録はまだ0件(おい)
http://studio01.real-sound.net/

 ということでこのブログには駄文が増えて行くかと予想されますが、まぁそれもそれで続けていこうかと思います。
 あ、もし表示等で不具合があったら、その旨を教えてください。



 ちなみにサイト作成にはBiND2というソフトを使ってます。他のサイト作成ソフトって使った事ないですけど(旧サイトまでは基本的に全タグ手打ちだったので)、ページを仕上げていくのが結構たのしい。トップページあたりもまだ「とりあえず」で作った物でテンプレートの影も色濃く残ってますが(←ゆえに見る人が見たら「アレだ」とわかるんでしょう)、でも作っててワクワクしてくる感じが心地よい。
 このソフト、掲示板群やレビューでは批判も結構あるみたいですし、私も不具合を一件見つけてメーカーに報告した次第ですが、割と気に入ってます。

 まぁそんな、最近のはなし。

 駄文ついでに
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-10-09 18:45
 DVD-Videoのエンコード待ちの間に暇つぶしで書こうかと思ったらエラーが出てしまって、原因不明のためFinal Cutからの映像書き出しからやりなおし… いつ終わるんだ、これ。あした撮影なのに。寝れんのか?


 で、本題。私が主に使ってるOSは Mac OSX Leopard なんですが、元々付属してるソフトで"Automator"ってのがあります。Leopardを使い始めて一年弱、これには今まで全く触ってなかったのですが、勿体なかったな〜と思う程に便利なソフトでした。

 Automatorはその名の通り色々な作業を自動化するソフト。日々繰り返す操作や、大量のファイルに同じ操作をする場合、こいつで一度プログラムを作ってしまえば本当にラクになります。プログラムって言っても、BASICやCみたいなものではなく、作業の流れ図を描いて行くようなもの。MS-DOSのバッチファイル(いつの話だよ)書くより簡単です。
 実際、初めて使ったその日に、何も説明書を読む事無く設定できちゃいました。もちろんコンピュータに関する基礎的な知識は必要ですけど。


 で、いま我が家では2つの事に使ってます。

 その1。ファイル名や拡張子の大文字小文字って気にしてます? 普通のハードディスクなら関係ないですけど、時々この区別をする場合があって、うっかりしてるとファイルが読み込めなかったりします。で、その大文字小文字を直さねばならないんですが、数が多いとうんざりします。
 そいつをAutomatorでプログラムしてしまえば、例えば.jpg→.JPG変換を何十枚でも何百枚でも勝手にやってくれます。

 その2。うちには1台NAS(ネットワーク上のHDD)がありまして、Windowsなら「ネットワークディスクに設定」するだけで電源入れるたびに接続してくれるんですが、Macの場合は残念ながら自動では接続してくれず、毎回手動でマウントせねばなりません。
 面倒だなぁと思っていたのですが、この一連の作業をAutomatorでプログラムしてアプリケーションとして書き出して、アカウント設定の「起動項目」に入れてしまえば、Macの電源が入るたびに勝手にやっておいてくれます。



 ファイル操作やメール、ブラウザを中心に、簡単な画像処理まで色々なツールが揃ってるので、条件設定も交えつつ自由自在に組み合わせてプログラムできます。それ以外でもレコード機能を使って大体どんな作業でも記録しておけるので(それこそ「○○って文字を入力」すらも)、繰り返す作業がある人は是非使ってみてください。

 いやほんと、めっちゃ便利ですから。



 さぁもう一度エンコード。今度こそ上手くいってほしい…

P.S.
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-10-04 01:25 | Tips