<   2008年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 ただいまソウル・インチョン空港にて記事を書いております。乗り継ぎ5時間待ちなので、暇で仕方ないです。ソウル市内に行くほどの時間はないし。

 夜行列車の往復で旧東ドイツに行こうということで、Dresdenを主な目的地に決め、ちょこっとLeipzigにも足を伸ばしてきました。予定とは違って一人旅になってしまったのと、スケジュールもかなり変更になったので、現地では一泊だけの丸2日滞在となりました。

 行きの夜行はSitzplatz(座席車)にしていたのですが、予想を裏切られ6人個室の車両が来てしまいました。以前乗ったCityNightLineは、一人一人別々のゆったりリクライニングだったのに! そして3人向かい合わせの真ん中の席。これに10時間はつらい…

 そんなこんなでたどり着いたLeipzigだったんですが、あんまり見所というべき場所もないので、ここでは割愛。

 ここがJ.S.Bachのいた教会か! うん。以上!

 という感じだったので。住むための町ですね、あそこは。あとは大学。夕方にはさっさとDresdenに移動しました。

d0014524_15502775.jpg
 一方のDresdenは、東の雰囲気がプンプンしつつも、なかなか奇麗な町でした。観光で来ても楽しめます。私みたいにのんびりうろつくにしても、とても気に入りました。

 Tourist Informationでホステルを探して行ってみると、これもなかなか良い雰囲気。一泊15Euroで済む割に設備もいいし、下のバーで割引もしてもらい、夜もゆったりと眠れました。

 Dresdenで有名な教会がこちらのFrauenkriche。日本語ではなんて言うんだろう… 女性教会? マーティン・ルターゆかりの教会です。教会前の広場には像も立ってました。
d0014524_15564620.jpg
 中でコンサートがあった関係で一般人が入れる時間が短く、私は見事に逃したのですが、ま、別にいいですよね。いつかまた来る気がするし。

 最後にエルベ川沿いの夜景をば。バロック式とか、こういうヨーロッパの古い建築物って、ライトアップが映えますよね、ほんと。
d0014524_15595636.jpg

 Dresden大学には去年知り合った教授がいるので、コンタクト取ろうかとも思ったんですが、時間も短いし直前だったので却下。これも次回、ということで。

 こうしてまた来る理由が増えてゆく…


 今回Eurail Pass ( Germany & Austria )というフリーパスを買ってたおかげで、移動の割にかなり安上がりになったのは幸いでした。また来る時は使おう。

 行きに懲りて帰りの夜行はLiegeWagenを予約。日本で言うB寝台、ですかね。+30Euroは安くはないけれど、行きとは比べ物にならないくらい良く眠れたので、今後も可能な範囲でこっちを使おうかと思います。今後がいつかは未定ですが。


 一度Freiburgのちょっとだけ戻り、置いてた荷物を全部もってEngenへ。2泊一日、みたいなわずかな時間でしたが、久々にJugendseminarを訪ねてみたり、色々な意味で先輩である現地在住の日本人の方と話をして、今後の事を考えてみたり。
d0014524_16141914.jpg

 この一年でSeminarも変わったし自分の予定も変わったし、色々思う所も多かったです。Seminarの戸棚に自分が作った弓が保管されてて、久々の再会も嬉しかった。

 今回一番会わなきゃいけなかった人も、事故で予定がだいぶ狂いましたが最後の最後でようやく訪ねられたし、一ヶ月は短い気もするのですが(何を贅沢な…)、とりあえずは納得して帰路についています。


 また来ますけどね。必ず。ここが自分にとって大切な場所であることは変わりないので。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-08-28 16:20 | Report (Deutschland)
 せっかくドイツまで来てるのに、ただ日々出掛けるだけなのも少し惜しいと思っていたある日、町中(本当にそこらじゅう)に張り出されている広告が目に留まりました。
d0014524_0404340.jpg
 BITTE RECHT BILLIG!
 44,- Rollei RCP-5324

 44€って… 新品1台7千円かいな… と思った矢先、ある考えが浮かんでしまいました。

 2台買っても普通のコンデジを1台買うより断然安い… これは…


 このブログでも何度か登場してますが、いまステレオ写真が(自分の中で)熱い。そして自分の経験上、一眼レフにアダプタ付けて撮るよりも、コンデジ2台で撮った方が(ステレオ写真としては)良い写真になりやすい。なぜなら、

1. アダプタより、カメラのレンズそのままの方が広角に有利。
2. レンズを絞らなくても、被写界深度が異常に深い。(映像素子が小さいから?) →つまりシャッタースピードを稼ぎやすい。

 値段が値段だから色の良さなんかには全く期待できませんでしたが、普通の単三電池で動くとか、なぜかストロボブラケット(金属板の止め具)を持って来ていた、とか条件が揃ってしまったので、ものは試しということで投資してみました。もともと中古のステレオカメラを見つけたら手に入れようとは少し考えていたし、ありがたいことに宿代もほとんどかかってないので、その分で、と自分を納得させてみたりして。

 で、これがその、なんちゃってステレオカメラです。町中では時折、道行く人の視線を集めています。(興味津々な人が話しかけて来たりもします。)
d0014524_0405673.jpg

 2つのシャッターボタンを同時に押すのが難しく、動く被写体を捉えるには修練が必要なのと、同じ機種のくせに2台の露出値がなかなか揃わなかったり(そしてマニュアル設定ができなかったり)と若干手間はかかるものの(この点ではアダプタの勝利)、撮れる写真はなかなかおもしろい。そこそこ広角で撮れるし、被写界深度も期待通りに深い。F2.8で撮っても、どこまでもクッキリ。ただまぁ、色の再現力は、やっぱダメですね。単体のカメラとしてはオススメできません。あと設定画面の言語には日本語が用意されてません。

 以下、ちょろっとサンプル写真(平行法用)を載せておきます。性質上このブログに載せるのは難しいので、そのうちサイト本体の方を使ってもう少し大きいのを公開しようかと思います。おそらく日本に戻ってからになると思いますが、久々にちゃんと更新するか…

d0014524_0415949.jpgd0014524_0421321.jpg

d0014524_043017.jpgd0014524_0431964.jpg

d0014524_0434873.jpgd0014524_04463.jpg

d0014524_0442953.jpgd0014524_0444337.jpg


 今晩Freiburgを出ます。残り一週間、ちょこちょこと旅してきます。
 そしてozaさん大変お世話になりました。感謝感謝です。



 おまけ。Freiburger Münsterの真上に、見事に北斗七星が並びました。かすかですけど見えるでしょうか。こういう写真が割と楽勝で撮れたので、EOS 40Dの能力をちょっと見直しました。
d0014524_045402.jpg


[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-08-22 00:47 | Report (Deutschland)
 こちらに着いてすぐ、5日ほどブダペシュト/Budapestに行ってました。申し訳程度に撮った写真をちょこっと。
d0014524_14584060.jpg

 数えてみれば、ハンガリーに来るのはもう7回目になります。いいかげん言葉を覚えろって感じですが、毎回一週間程度の滞在だから(そして英語日本語ドイツ語で済んでしまうから)いまだ挨拶程度しか分かりません。
 せっかく現地人の友がいるのだから、これを機にもうちょっと覚えんとな。…と思うのは何度目かな。

 日中はかなり暑かったです。そして日差しが強い。サングラスは必須でした。気温は30度台後半までいったんでしょうか… でも空気が乾いてるから、木陰で風にあたるととても心地よい。夜も割と涼しいので寝苦しさを感じることはあまりなかったです。

 Budapestへは何度も来ている上に、もともと観光って好きじゃないので、ほんとにただのんびりと町の中を移動していました。徒歩だったりバスだったり、トラムや地下鉄だったり。そんな風にただ空気を感じる事が、とても心地よかったのです。特に今回は。
 そう、こういう感じって。

 そんな中でも、毎度かならずやってくるのがこの屋内市場。
d0014524_14592677.jpg

 売られている品々を見て回るのもいいし、上の階で食事をするも良し。ハンガリーのビールで Arany Ászok ってのがお気に入りなので、毎度ここで飲んでます。安いし。ただし飲んだ瞬間、すべてが汗となって吹き出てきますが。
 それとハンガリーの焼き物が割と好きなので、今回もコップをひとつ手に入れました。日常で使いやすい、さっぱりした色合いが気に入ってます。


 毎度ほぼ目的なくやってくるハンガリーなんですが、今回は唯一「ここに行きたい」という場所がありました。スロヴァキアとの国境の町、エステルゴム/Esztergomです。
d0014524_150564.jpg

 3年前に一度来て以来、いつかまた来ようと思っていた場所。ハンガリー・カトリック教の総本山である大聖堂があって、その聖堂内の空気感をもう一度肌で感じたかった。誰が建てた何の建造物、とか、誰が描いた何の絵、とか、そんなものには一切興味がないのだけれど、ただその空気の中に身を落ち着けたかったのでした。
d0014524_150418.jpg

 橋を渡ればすぐスロヴァキアなので、少しだけ入国しました。3年前にはあった国境検問所が完全に廃止されていて、EUという体制が定着しているのを思い知るわけです。(特に今回は、Budapestの空港ですら、パスチェックを受けませんでした。)


 北京に飛ぶ友人を見送りつつ、自分は列車乗り継ぎのために、とりあえず Wien まで移動。普っ通に店に入ってケバブを買って、そこらへんのベンチに座って、ネクタリン(桃)をまるかじりして、「ウィーン」にいるのに全く観光めいたことをせず「ただ乗り換えのために」そこにいました。写真もただの一枚も撮ってない。
 そういのが、なんとなく納得いくのです。特に今回は。
 そう、こういう感じ、って。


 夜行列車で戻る途中、フリー切符を持ってるもんだから、思い付きで Köln/ケルンまで行くことにしました。
d0014524_1512161.jpg

 大聖堂はライン川越しに見るのが一番奇麗だと個人的に思ってまして(近くで見ると大き過ぎる上に黒ずんでて怖い)、朝の爽やかな風に吹かれながら橋のたもとに座って眺めてました。パンかじって。そうそう、青空ってのはこういう色だよ、なんて思いながら。
 他になにもないけれど、大聖堂の中にすら入ってないけれど、そういうのが、なんとなく納得いくのです。特に今回は。
 そう、こういう感じって。



 Freiburgに戻ってきてから約一週間が経ちました。友人宅にお邪魔してるおかげで、自分で料理もしています。そして毎日RegioKarte(この地域の一ヶ月フリーパス)を手に、あちらこちらへと足を伸ばしています。ただ、ひたすらに。ちょうど住んでいた頃と同じように。
 町があり畑があり川があり森があり湖があり、ヨーロッパ人もアフリカ人もアジア人も中東人もいて、ドイツ語もフランス語もイタリア語も英語も日本語も中国語も韓国語も他諸々も飛び交っていて、晴れの日は空が高く青く、雨の日は薄暗く、でもそれが穏やかな日常で、そういうのがとても心地いいのです。
 そうそう、こういう感じって。

 自分でも一体なにをやっているんだとも思いますが、自分の身体が「自分はたしかにここにいた」ってのを確認したがってるような気がします。変な話ですけど。
 この町の空気を、色彩を、音を、特別なものではなく、ごくごく当たり前の日常として感じたがっているのですよね、この身体が。せっかくカメラを持って回ってるのに、ぜんぜんシャッターを切ってません。それよりも、その空気をただ全身で感じたいと、どうもそう願っているようです。

 Schwarzwaldの森の中を歩くと、その濃い緑の色がとてもしっくりきます。呼吸をするだけで心地良いとすら思えます。住んでいた当時も随分と悩みを抱えながら歩いた森ですし、今でも色々なものが襲ってくるけれど、それでも、悩むべきところで悩めるというか、そういう「しっくりくる」感じがするのです。


 去年日本に戻ってから、一体何がどうなっちゃったんだかわかりませんが、いろんなものが狂ってしまったようです。ネガティヴなものばかりでは無いはずなんですが、総じてネガティヴに感じてしまっているようです。自分にとってポジティヴな人達とも出会えたけれど、失ったものは計り知れない。


 正直な話、あと半月で日本に戻るのを怖いと思います。創造力や創作意欲なんてものを、この先はたして保っていけるのかと。
 かといって今このままここに住むなんて事も、そう簡単にはいかないし、それに自分も日本人である以上、よく知りもしないまま日本を否定してしまうのも違うと思う。日本でやり始めちゃったことを、カタチになる前に捨ててくるわけにもいくまいし。

 はたして自分の「Home」は、一体どこにあるものか。

 もう20代も後半なので、いい加減しゃんとしたいものですが、ひょっとしたら一生迷い続けるような気がしないでもないです。もう多少の覚悟はしてますけれど。迷うなら迷うで、その中で、未来へとつながる何かを創りだしていければいいなと、そう思い続けるよりないのでしょう。

 芸術/アートって、どちらかと言えば安定・固定化へのアンチテーゼを担っているような気もするので、自分がアーティストかどうかは知りませんが、やはりそういう側の人間なのかな、と、時々思います。


 以上、長くなりました。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-08-13 15:17 | Report (Ausland)