<   2008年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

Now I arrived in Freiburg im Breisgau.

One year has passed after I left Germany, but I feel that it was yesterday. Interesting. And I feel good.
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-07-31 03:22
d0014524_11245228.jpg
 福岡県八女市にある市町村会館(正式名称は長〜いので略)という施設が、これから始まる大規模リフォーム工事に向けて、その歴史に一度幕を閉じました。

 私がまだ福岡の大学にいたころ、ここへは随分通ってました。授業が終わった後で列車に飛び乗り一時間半、ミーティングを終えて帰ってくるのは終電、なんてことも多かったです。最高で週3、4回通ったり、あるいは最長で一週間以上ここに泊まり込んでイベント企画に携わったりしていた、思い出深い場所です。
 そしてまた、ここで出会った人々にも随分手厚く歓迎してもらって、福岡に続く第3の故郷のような場所にもなっていました。自宅に泊めてもらった方々も多数おりまして、ええ。
 そんな場所なので、ファイナルとあれば行かないわけにはいきません。はるばる仙台から、スケジュールを調整して行ってきました。


d0014524_11333188.jpg

 こちらは大ホールの様子。地元の学校の吹奏楽団の演奏です。イベント自体は2日間で、1日目は小ホールを中心に地元バンドが大集結してRock&Jazzのステージを行い、2日目は大ホールを中心に、合奏団、合唱団、ダンスサークルなど30以上の団体が出演していました。

d0014524_11363890.jpg
 またホール前のロビーでは、ビアガーデンと称して食べ物の販売も行っていました。飲食物のホール内持ち込みもOKになって、外は暑いけれど、とても居心地よい空間になっていました。

 また同時開催で、市町村会館の歴史をたどる展示スペースも設けており、懐かしの写真や映像も豊富に揃えていました。そして会館最後のイベント、ということで、市民の皆さんの日頃の欲求を解消できるこんなものもありました。それが、
d0014524_11403419.jpg
 そう、落書きです。市町村会館の壁も床も解放して、みんなで落書き。子供も大人も無邪気に描きまくってました。そこらじゅうにメッセージが溢れる会館ってのも、いいもんです。(無論ふだんがこれでは困りますけどね)

 最後の日にみんなで会館を使い倒そうぜ!っていう雰囲気がよく出てたイベントでした。ひとつの時代が終わるって、こんな感じなんでしょうかね。私がこの会館に来るのもこれが最後なのかと思うと、なんとも不思議な心持ちです。


 神戸・八女と、なんだか濃ゆい2週間でした。仙台でのうのうとしてたら味わえないものが詰まっていたので、仙台に戻ってからの生活を考え直さにゃいかんと思いました。


P.S.
 ファイナルイベントに出場していたバンドで、ひとつ気に入ったのがありました。ボーカルの一人が元々会館で働いてたので以前から知り合いだったんですが、2日間彼らの演奏を見てて、久々にワクワクするバンド演奏を聴いたなぁと思いました。そしてついついシャッターを切る回数も倍増してゆく(笑)
d0014524_1155479.jpg
 Qarenっていう名前で福岡を中心に活動しているらしいので、機会あればどうぞ。


 そんなこんなで、今晩もうドイツへ出発です。明日の早朝には出国、ソウル経由でFrankfurtを目指します。では。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-07-29 11:59 | Report (Japan)
 昨日で神戸国際芸術祭と関連イベントとが終了しました。奏者たちも外から来たスタッフたちも、それぞれ方角へと旅立っていきました。
 神戸に来たつもりが、気付いたら三河湾の小さな町まで繰り出していたりと、色々予想外なことも多かったのですが、相変わらず楽しめた一週間でした。英語とドイツ語も久し振りに使った。うん。

 しばらく文化的なもの文化事業的なものから離れていましたが、こうして現場の匂いをかぐと、やはり自分にはそういうものへの関心が残り続けているのだと、改めて認識するわけです。アート・マネジメントとは言うけれど、アートとマネジメントとの狭間には葛藤があふれていて、でもその葛藤が、次なるステージへと導いてくれる。弁証法的というのか、逆境の中で生き抜く生命力というのか分からないけれど、そういうものに触れると気持ちが熱くなります。
 自ら積極的に関わる事、そして改めて考え直す事、そういう事をやれた一週間というのは、非常に貴重な時間だと思います。

 出来ることならいつか、本番の一週間だけではなく、前々からより深く関わってみたいなぁと、ささやかな願望が生まれてきます。絶対たいへんですけど。役所や外国への渉外活動もいっぱいあるし…(汗)


 しっかしどうしてまぁここには、こんなにも親しみやすいキャラが溢れているのかと。これじゃぁ通ってこずにはいられないじゃないか(笑)

 実行委員長、居候させていただき助かりました。
 事務局長、たいへんお世話しました。なんつって。冗談ですよ。


 さぁ、明日は京都。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-07-21 22:29
d0014524_8525564.jpg

 神戸に来て一週間くらいが経ちました。何はともあれ、暑いです。蒸し暑いです。機材を担いで外を歩こうものなら、一瞬にして、まるでスポンジを絞るように汗が吹き出て、フラフラになってしまいます…

 とはいえこういう現場の雰囲気って、やはり性に合います。神戸大の研究室にも立ち寄ってましたけど、学生も職員もいるし、単に仕事としてイベントやってるのとは違うからか、自分にとってホームな感じがします。去年知り合った懐かしい顔ぶれに会えるのも、なんだか嬉しいものです。
 演奏をやってるプレイヤー達も、やはり上手い。いま彼らが持ってきたCDを聴きながら文章書いてますが、けっこう気に入ります。去年もらったやつも、かっこよかったなぁ。偶然の成り行きとはいえ、こういうプレイヤーを神戸まで連れてきちゃったってのは、なかなか意味のある事だなぁと思います。
 これでもし自分がクラシック音楽大好きな人間だったら、大変なことになっているんでしょう。曲目のせいで、あんまり(自分にとっては)ヒットしないんですが、去年の8重奏曲みたいに曲が気に入れば、血湧き肉踊る(笑)くらい惹き付けられそうです。


 余談ですが、載っけた写真は合成ではありません。長めの露光中にレンズをズームさせて、2つの画角を一枚の写真に収めてみました。今回はじめて試してみましたけど、なかなかオモシロイですね。この手の遊びは、一眼レフならではなのでしょうか。
 あーただ今回思い知りましたけど、会場や裏方達の記録写真を撮るには、一眼レフはあまり良い選択ではなかったです。持ってこなかったレンズ一体型のFZ-20の方が、12倍のズーム全域でF2.8の明るさがあるし、レンズの差し替えも要らないし、絞り解放でも被写界深度が深いから全体にピントが合って記録にはちょうどいい。あと電子シャッターだから音が静か。会場内でも平気で使えます。ミラーとシャッターでカシャカシャ鳴ってちゃ、客席後ろからの撮影は難しかったです。

 あと結婚式の撮影はほぼ常に「主人公」がいる写真を撮るのですが、この手のイベント記録の場合は複数の人間を平坦に収めるべき場面が多くて、勘を取り戻すのに時間がかかってしまいました。記録を任されたのに、納得のいくものが撮れなかったりして、あせっております。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-07-19 09:35 | Report (Japan)
 Gigazineさんで「千円ちょっとでできる簡単手作りで3D写真を撮ってみよう」っていう記事がありました。一方こちらは古い記事ですが、300円で作っていたのでトラックバックしてみました。(すでにカメラを持ってれば、プラス300円、ということですが。)

 以下オリジナルの投稿です。




 カメラの仕事が軌道に乗り始め、先週末ようやくメインで撮る許可が出ました。初メインってほんと緊張するし、まだ力の抜きどころも分からないから、式→宴ぶっ続けで動き回って、かなりの量の汗をかき、正直かなり体力を消耗しました。
 でもやっぱり、サブでは見えない事がどんどん見えてきて、今後のさらなる課題も出てきて(課題だらけだな)、刺激的な週末でした。

 と同時に、仙台を離れる前に何本かのビデオ編集を頼まれて、事務所に詰めながら仕上げてきました。映像さんの苦労が、身にしみてわかりました。あれですよ、あれ。
 時間かかりますよねー、レンダリングとエンコーディング。ひたすら待つしかないですからね。DVDを書き込もうと思ったら、エンコーディングにひたすら書き込み以前に時間がかかる。途中コンピュータは使えないから、何の作業もできなくなってしまうのです。


 なので、そのレンダリング、エンコーディング待ちの時間を使って、例のステレオアダプター(製作中の記事)を完成させてみました。100均の鏡と廃材段ボールで、原価合計300〜400円くらいでしょうか。
d0014524_7291943.jpg
 仙台では試す時間もなかったので、江ノ島あたりでテスト。江ノ電って、こういうとき被写体として使えます。雰囲気でるわー。

 以下、縮小したままの写真を載せておきます。

d0014524_722512.jpg
 並ぶ柱は、立体感が出やすい。
d0014524_723811.jpg
 3人の位置関係がよく出てます。
d0014524_725071.jpg
 構図をもうちょっと工夫すれば、結構いい写真になると思う。
d0014524_73024.jpg
 道ばたの自転車は、立体写真にはもってこいの被写体でした。
d0014524_73970.jpg
d0014524_731865.jpg
d0014524_73289.jpg
 ごちゃごちゃした写真も立体で見れば…
d0014524_733842.jpg
 ひらめく「氷」の幟も見事に写し止めてます。


 手応えとしては上々。機能的には売り物に迫るのではないでしょうか。レンズの先にはめて使えるようになったので、使い回しもとてもラクになりました。課題として残ったのは広角への対応(今は60mm〜90mmくらいの画角でしか撮れない)と、もっとクリアな画像、ですかね。

 待ち時間で作った割には、上出来です。


 さてそれでは、神戸に行ってきまーす。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-07-12 07:12
 以前ちょろっと書いてましたが、7/10〜9/11(予定)まで、かなり長距離を移動します。既に予定があったり交通機関の関係で確定してるところは、Fixって書いてます。

 どっかで都合つく方、お前こっちにも寄れ!みたいな方がおりましたら連絡ください。


7/10
 08:00 仙台発 → 14:15頃 横浜駅着 ( Fix )


7/12
 日中 東京らへんで人と会う?
 東京にて友人と夕食 ( Fix )
 22:20 東京駅発 ( Fix )

7/13
 08:30 三ノ宮駅着 ( Fix ) → 舞子or六甲へ移動。
 神戸国際芸術祭(〜19日まで)( Fix )


7/22
 京都にて知人を訪ねる ( Fix )

7/22夜 or 7/23朝
 福岡へ向け出発。おそらく鈍行列車で。

7/26 & 27
 福岡・八女市町村会館さよなら企画 ( Fix )

7/30
 07:00 成田空港発 - ソウル(仁川)経由 ( Fix )
 → 17:00 Frankfurt/M 着 ( Fix )
 → Freiburg i. Br. の知人宅へ ( Fix )

8/01
 Frankuft-Hahn 発 → Budapest Ferihegy 着 ( Fix )

8/05 頃
 Budapest → Freiburg i. Br.

8/17 頃
 Freiburg → Engen

8/19 頃
 Engen → Tübingen

8/25 頃
 ??? → Freiburg i. Br.

8/27
 19:00 Frankfurt/M 発 ( Fix )

8/28
 ソウル(仁川)経由 → 19:30 成田空港着 ( Fix )
 → 横浜

9/01 or 02
 ??? → 福井・武生
 武生国際音楽祭(〜10日まで)( Fix )

9/11 or 12
 ??? → 仙台帰着。



 ざっとこんな感じです。動かないと息ができないカツオのような人間には、久し振りの息抜きになりそうです。
 ただお金がねー。飛行機代はやっぱり高くて、買うのをかなり躊躇してしまったけど。そして家にいなくても家賃はかかるってのがイタイ。こういう出費を余裕綽々でポンっと支払えるような人間には、果たしてなれるんだろうか。

 それに更に追い討ちをかけるように、


 □燃油サーチャージ 56,000円


 どんだけ安い航空券探しても、せっかく往復10万切るの見つけた!っ思っても、こんなものが上乗せされるんじゃなぁ…

 出先で会う方々、お土産は期待しないでね(泣)
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-07-02 10:47