<   2008年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 昨日の夕方に帰ってきました。空港から仙台駅に戻る列車で、ふと景色を眺めていると、SAPPOROとデカデカと書いてある看板が視界に飛び込んできました。無論、ビール工場なんですけど(笑)。

 仙台→札幌が飛行時間1時間を切るんですから、やっぱり飛行機は速いです。復路は雨雲にまみれてメチャメチャ揺れたけど、このスピードは便利です。今更言うのもアレですけどね。あと、国内線は手続きやら何やらが少なくて、だいぶ気軽に乗れるんだと、改めて思いました。


 札幌滞在中、一日だけOFFの日があって、北大にいる姉と友人を訪ね(そして北大のとある研究室にもお邪魔し)、久し振りに純粋な「学問」の空気を吸えたのが、実は一番よかったかもしれません。植物や虫をまじまじと見ながら、生命の不思議に好奇心を触発されたり、社会や文化を研究する学生たちの姿を垣間みたり。身の回りの人間たちの話題には、酒・金・女の頻度が多くてあんまり付いていけないので、知的な話題を共有できる時間が久し振りでした。
 同じ仙台チームにいた、割と話の合うプログラマと知り合えたのも、収穫でしたね。

 時間の制約があったせいで「出掛け」はあんまり出来ず、札幌の町を市電と徒歩で少し廻ったのと藻岩山にロープウェイで登ったくらいでしたが、「食」は若干楽しめました。ラーメン2回、スープカレーは3回食べました。あと回転寿司1回と焼き肉食べ放題1回。海産物の美味しさは無論ですが、北大の友人が案内してくれたスープカレーも美味しかった。奥まった所にあるので知らないと行けないですが、和室で食べるゆったりした時間も◎でした。メニューが「おりじなる」と「ありがち」ってのがおもしろい。注文で「ありがち」って言葉を発したのは初めてですよ。


 そうそう、以前から「仙台には美人が少ない」なんて聞いてましたけど、札幌と比べると「確かに」と思ってしまいました。男も女も、仙台と札幌では(おそらく東京とも)なんだか顔つきが違う。印象としては、札幌のほうがサッパリしてる、もしくは明るめ。
 ただまぁ、私が関東の顔に見慣れてるせいで、東北の顔にそういう印象をもつだけかも知れませんけれど。札幌もほら、移民が多い町だから。


 考えてみれば、あと2、3週間で仙台を離れるんですね。2ヶ月間の怒濤の大移動が始まります。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-06-25 00:23
d0014524_138685.jpg

設営3日目、ただのだだっ広い空間がキラキラと輝き出しております。

朝から晩までずーっとここにいるせいで、北海道に来た実感があんまり無いです。気温が低いのと、やたら「札幌」の字を見るくらいですかね。

そろそろ何か、それらしいものでも食べるか見るかしたくなってきます…
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-06-18 13:08
 だいぶニュースで流れていたようですが、本日午前8時43分、岩手・宮城を中心に、広い範囲に及ぶ強い地震がありました。

 気象庁・地震情報(6/14 09:01発表)
d0014524_18185417.gif
d0014524_1751670.gif

 ちょうど発生時は自宅におりましたが、朝から妙な風が吹いていたのを覚えています。偶然かもしれませんが、風の音が、なんか変だなと思っていました。その後、下から突き上げるような強烈な衝撃があり、周期が速く強い縦揺れがありました。仙台市の震度は5強。我が家の被害は少なかったですが、棚に置いていた物が落下し、また天井の蛍光灯カバーが外れて垂れ下がっていました。
 地震発生後は仙台市地下鉄運休、JRも新幹線を含め運休になり、その影響で一般道では大渋滞が発生しました。
 また余震も頻繁に起こっており、午後6時過ぎの時点でも続いています。

 発生当時は、強烈な震動に見舞われつつ、逃げなきゃならんかも、とすら思いました。福岡のときもそうでしたけど、大きな地震って、「あ、地震だ」ではなく、何が起きてるのかしばらく分からないですね。


 今日もブライダルの撮影に行っていたのですが、気のせいかもしれませんけど、ふと見上げた空の様子も奇妙でした。また交通網が麻痺した関係で、出席者が来られなくなったり式の時間が遅れたりと大きな影響が出ていました。でもその逆境ゆえか、披露宴の雰囲気はとても素敵で、撮影していても気持ちがよかったです。

 きっと今日一日は、揺れてるものを見たり部屋のきしむ音を聞くと、即地震だと思って不安がよぎるでしょう。こうして文章を書いてる今も、なんだか揺れてる気がします。(いや、実際けっこう頻繁に余震があって、本当に揺れてる場面も少なくないですけどね。)
 今日は普段にも増して気象庁サイトの速報画像をチェックしまくってます。MacOSX Leopard のウェブクリップ機能が、こんなところで活躍しています。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-06-14 18:16 | Report (Japan)
 一週間ほど仕事で北海道・札幌に行ってきます。
 バイトにも時折、出張というものが存在するのですよ。

 自由になる時間は限られているけれど、公費で遠方まで移動できるんだから、私のような人間からすれば、オイシイ話です。

 そんなわけで、しばしネット経由の連絡はつきにくくなります。


P.S.
 気温は上がってきているけれど、夜が涼しいおかげで睡眠はとれるので多いに助かります。件のスズメバチさんがどこ行ったかよく分からず部屋のどこかにいる可能性があるので、一抹の不安は残ってますけど。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-06-14 01:45
 家に帰って来たら、こんな侵入者がおられ、壁に張り付いたまま出て行ってくれません。どっから入って来たんだか…

d0014524_7451812.jpg


 よく見ていると、顔を拭き拭きしたりして可愛げのあるところも見せてくれますが、でもやっぱり、お早めの退出を願いたいです。

 しかし見れば見るほど、虫の身体って哺乳類とは違いますよね。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-06-11 07:49
 文章化したいことがあったので、ちょっと書いてみます。

CASE 1 : 私の知らない人生

 私は私立の中高を経て大学へ進んでいたので、当然ながら今までの知り合いは「高学歴」寄りの人間が多いのです。それでも大学時代の友人はなかなかバリエーションに富んではいますが。

 私がいま働いているバイト先は、派遣のアルバイトという特性上、いわゆるフリーターも多数働いています。(というより、自分自身がいまソレだってのね) 中には10代の人も幾人かいます。高卒で働きに来た人もいたり、中には高校中退って人もいます。中学出たくらいから土木関係で仕事してた、なんて人もいます。仙台ゆえ、というより東北という土地ゆえでしょうか、例えば高卒(大学に行かない、という意味)の割合も東京より多い気がします。
 
 彼らと話す時に、正直ずいぶん戸惑いがあります。もともと私の価値観は特殊なようですが、それでも今まで話して来た人達とのギャップ以上の差を感じます。私にとって常識的な知識であっても、それが通じない、という場面によく出くわします。(きっとその逆も起きているはず) 趣味趣向も違うようだし、「共通の話題」を探すのには結構苦労します。

 そうこうして話をしたり同じ空間内にいるとき、何だか不思議な気分になります。その場に居合わせたものとして、空間も言語も一応共有してるけれど、きっと全然違う世界のイメージの中で生きているんだろうな、と。同じものを見ているのに、全然違うものとして認識しているだろうし、同じ単語を言っているのに、全然違うものを想像しているように感じます。

 そういう諸々の事情で、まだ友人らしい友人もいなければ大学時代のような居心地の良さもないけれど、でも非常に興味深くもあります。彼らは彼らで、私とは全く違う世界に生きていて、全く違う経験や認識を持っている。ということは、いままでの自分では知り得るはずのないものを彼らが知っているわけで、私の知らない世界を垣間見せてくれる存在でもあるのです。

 重要なキーワードってのは、それまで知られなかったもの、避けられてきたもの、ともすれば社会から侮蔑されそうなものの中にも隠れていたりするので、自分の心が許容する範囲で、そういうものにも少しずつ理解の幅を広げていきたいものです。



CASE 2 : 「生活圏」についての考察

 先日、古川から仙台の現場に通う人に会いました。古川と仙台とは電車で一時間(新幹線ならわずか13分だけど)運賃にして約750円ほどの距離。それがどうしたかと言うと、ちょうど私が以前、バイトで東京まで日々出勤していたのと同じような状況なのです。

 私が東京で入ってた派遣会社も今いる所も、事務所から現場までの交通費を支給、という方式を取っています。すなわち遠くから通う人は、日々かさむ交通費の大半を自分で払わねばなりません。バイトは時給制なので、短い勤務時間だと「それ収入にならないから(泣)」なんてことにもなります。また、仕事を終えた疲れた身体で最終電車に揺られて帰る事も少なくありません。東京では、最終電車は必ず満員でしたし。

 そういう苦労を知っているので、大変だなぁと思いながら話を聞いていました。そしてひとつ気付いた事もありました。 


 私が少しでも早く関東を離れようと思い詰めちゃった原因のひとつは、東京を中心とした生活圏のありかたへの違和感でした。日々1、2時間もかけて通勤するような生活は、自分自身どうしても続けられなかったし、自分よりさらに長い時間をかけて通勤する周りの人達/乗客の疲れきった顔を見るのも苦痛でした。
 自分がいるべきところは、もっと小さな生活圏の場所だと、そう考えていました。巨大な都市圏へのアンチテーゼを見つけたい思いもありました。

 仙台という町は、東北一の町とはいえ、決して大きすぎる事のない町です。列車に乗れば山も海もすぐそこです。満員電車が走るのも、せいぜい30分くらいの範囲内。それだって、せいぜい6両編成くらいの短いものです。東京みたいに3分間隔の15両編成が満員なんて状況とは、雲泥の差。それくらい、仙台は東京圏に比べて圧倒的に小さな町です。
 私自身も今、件の事務所までは自転車なら20分程で行けるので、その小ささを実感していました。「やっぱり、これくらいの規模がいいよ。」なんて思っていました。

 けれどそれは私の早とちりであって、確かに絶対的な規模は小さいとはいえ、現実に1時間以上かけて仙台まで通勤している人がいる。私が今思う仙台地域での「遠くの」場所から通う人達は、思い返せばたくさんいたのです。たまたま自分が仙台中心部に引っ越してきて、そこを基準に生活圏を捉えているから、仙台は小さくまとまっていると思い込んでいるに過ぎないのです。

 そもそも横浜にいる私の親・家族は、自宅から職場まで15分ほどの範囲で生活しています。東京にだって、自宅と職場とが同じ人、すなわち本当に小さな生活圏で暮らしている人もいっぱいいるはずです。

 結局のところ、人間の生活圏なんて、町の大小で決まるものではないんだと、そんな単純な事に気付けてませんでした。というより「生活圏」という言葉を何か勘違いしていたような気がします。大都会だろうと、ど田舎だろうと、生活圏は個人個人の周りに存在するに過ぎなくて、ゆえに生活は各々が自分で創っていくものに過ぎない。

 自分が書こうとしているものが文章から見えにくくなりつつある気もするので修正すると、私が世界/現実だと思っているのは、あくまで私だけの世界/現実に過ぎない。分かっていたはずなのに、それを一般の現実と履き違えていた。その事を、一連の通勤時間の話で思い出す事ができたように思う。


 言葉はおそろしい。言葉があるおかげで物事を考えられるのに、言葉のせいで思考を誤ることもある。
 他人から聞いただけではなく、言葉を自分のものにできるよう、嘘偽りのない自分自身の言葉を紡ぎ出せるよう、もっとたくさんのことを学ばなくては。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-06-07 23:58 | 考えること
d0014524_10121781.jpg

 割引価格な分、おいしさも値引きです。ちなみに元々は、おいしさも「ビッグ」と書いてあったようです。


 仙台も気温がだいぶ上がってきました。24℃表示すら見受けられます。いよいよこれからは私の苦手な季節。日本の夏。高温多湿の夏。ま、ピーク時8月はドイツへ逃亡する予定ですけど(笑) ただしその前後で日本国内を大移動するので、そんときゃぁ覚悟せんと… 日数は短いですが、福岡にも横浜・東京にも顔出します。移動の詳細はまた後日お知らせするので、都合の合う方いれば、ひさびさに会いましょう。神戸と武生には約一週間ずつ滞在するかと。

 近頃は中身の無い記事が相次いでますが、ちょっと忙しい日々を送っているのと、気温の上昇に付いていけず頭が朦朧としかけてるのとで、しばしパスです。そのうちまた、読み応えのある文章を書ければと思うので、楽しみにしてる人は楽しみにしててください。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-06-07 10:25