<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 ネット・ニュースを見ていると、翻訳に違和感を覚えることが多々あります。

 一番気になるのは、外国人(特に欧米の役者とかスポーツ選手とか)のコメントが載っているときに、語尾が「〜わよ」「〜のよ」「〜なんだ」「〜だよ」等、妙に馴れ馴れしい口調になっているのをよく見かけること。しかも記者会見などの公式な場の発言であっても。(そして「〜わ」の語尾にいたっては、日本語でも実際には使われる事の少ない表現のに!)

 これって誤訳じゃないでしょうか。彼/彼女らだって、もし日本語を話していたら、丁寧語でしゃべってると思うんですがね。いったいどういう意図でこの翻訳にしているのか、毎度ながら疑問に感じています。
 もし自分が翻訳する立場だったら、こういう真似はしたくないですね。せめて滑らかな日本語にすればいいのに。



 話は変わりますが、とうとう Final Cut をいじくる時が、つまりビデオ編集にも手を出す時が来ました。音編集なら大学に入った頃から(考えようによっては高校生の頃から)やってるのですが、映像となると色々勝手が違ってややこしい。今1本目の編集に挑戦してるところですが、なかなか進みません。
 でも操作さえ覚えてしまえば、仕組み的なものは音編集経験のおかげで掴みやすいので、3本目くらいからは結構早い作業スピードになるかもしれません。

 悩むのはあれね、場面転換のトランジション。とりあえずブラックアウト→フェードインで対処しているけれど、こればっかりになるとクドいし、余計な時間がかかってしまう。かといってワイプやスライドみたいなのは、静止画ならいいけど動画でやるとクサい。何か良い案はないものか・・・

 もうひとつ、撮影現場でBGMが流れている場合、当然ながら映像素材に流れる音楽はブツ切りになってしまいます。これをただつなげるとリズムが無茶苦茶になり不快に感じるのですが、これは音作業をやってた人間だから気になるのでしょうか?
 サンプル映像として見ている完成品も、(音屋的にはあり得ない)クロスフェードで曲がつながったりしてて気持ち悪いんですけど、映像だけ扱ってる人からしたら、気にならないんでしょうか。
 でもここは、せっかく他でもない私が編集するんだからということで、映像と音を切り分けて別々に編集し、音声部分はBGMが違和感無くつながるように切り接ぎして、映像は映像で音の時間軸に沿うようにしたり、あるいはリズムや小節に合わせて映像を切ってつないだりして、なかなか凝ったやり方を編み出しています。(ただ音編集をFinalCut上でやるのは、やはり手間ですね。そもそも1/30秒単位だし。)



 まぁスキルアップ、スキルアップ!
 どんな方向だかわかんないけど(笑)

 平日はテント建てたり建設現場でホコリまみれで働きつつ、週末はスーツ姿で結婚式を撮影しつつ、空き時間はコンピュータでビデオ編集… 奇妙な生活ですよね。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-05-31 11:57
 いま仙台中心部・定禅寺通で、青葉祭りってのをやってます。ケヤキ並木の続く大通りで、大勢の参加者たちが踊ってました。あ、ちょうど博多どんたくみたいでしたね。派手な衣装のパフォーマーはおらず、だいたいみんな法被(はっぴってこう書くのか)姿でしけど。
 明日、気が向いたら写真も撮るかもしれません。そしたら追加でアップでもしましょう。

 仕事帰りに、その青葉祭りの発祥の地、青葉神社にも寄りました。小高い丘にひっそりと立つ神社。大通りの大騒ぎとは打って変わって、ここには静かな空気が流れていました。


 さてその青葉祭りの行われている定禅寺通に、仙台メディアテークという場所があります。
 ○ Media Theque
 × Mediothek
 ちょっと惜しいけど、なんだか懐かしい響き。Goethe-I.にいた人なら分かりますかね?この感じ… ここは図書館と、ギャラリーやスタジオ、イベントスペースやカフェなどを備えた文化施設で、緑豊かなケヤキ並木に立つ近代的な建物がなかなか素敵。
d0014524_1762032.jpg

 先日ここで、非常に個人的ながら驚くべき記録を作ってしまいました。私、読書が好きな人間では全くないのですが、にもかかわらず開館10時から閉館20時まで、食事の時間以外ずっと居座り本読んでました。
 我ながら驚異的。しかも結構重たい内容の書物。ちなみに言うと、最近遠のいていたR.Steiner関連の哲学書と、名前は頻繁に聞きつつ見た事なかったJ.W.Gotheの「Faust」(ともに読み切らず現在進行中…)。日本語訳なのにドイツ語風の香りがプンプンして、苦笑そして苦戦。いっそドイツ語で読んだ方が分かるんじゃないか?(←8割× 2割○)

 私は「本を読みましょう」と勧められても絶対受け付けない(読書感想文は嫌がらせだと思っていた)のですが、どうも人生の時折で、妙に論理・知識や言葉を欲する時期があるようです。不思議不思議。でも事実。
 そういうわけで、しばしメディアテークに通うことになりそうです。大学には行ってないですけど、まだ学生する必要があるようです。都市部というのは、こういう時に色々な資料にも手が届きやすいので、時として大いなるメリットですよね。
 そして図書館というのも、自分の部屋で本を読むのとは空気感が違って良し。特にメディアテークはガラス窓(というよりガラスの壁)の外がケヤキ並木なので、ふと外を見ると目にも優しい。

 ちなみに今まで知る中で一番読書に適していた場所は、Freiburg - Seebrugg 往復の列車の中でしたね。往復約3時間の静かな、そして適度な走行音の部屋。ふと外を見れば、流れゆく田園・山岳・湖水の美しい景色。RegioKarte(フリーパス)持ってりゃ、追加でお金を払う必要もなく、好きな時に好きなように使える書斎(列車)でした。
 そういやあの頃、実際ただ本を読むためだけのために列車に乗ってた時期があったなぁ。心理学や経済学の本まで持ち出して。勉強嫌いにしちゃぁ、よく勉強したなぁ(笑)


P.S.
 2ヶ月振りに、バイトで「設営・撤去」の類いの現場に行きました。東京国際フォーラムの縮小版みたいな所で、ブースやら何やらいっさいがっさいの撤去。
 やっぱり、こういう現場の仕事は肌に合うんだなぁと思ってしまいました。自分が主体的立場で関わらない限りは人生の稼業にするつもりも無いですが、何らかのかたちで副業として関わり続けるのは良いかもなぁなんて思います。

リクエストがあったので、メディアテークの写真を追加します。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-05-17 20:55 | ひとりごと
 日本のスーパーマーケットって、BGMすごいですよね。かつて聴能形成の授業でうなされた「おさかな天国」もですけど、いま近所のスーパーでは、デコポンの歌が。

 でっこっぽーん、でこっぽーん、食っべってー、ぽーんぽーん!

 しかも「熊本」デコポン限定。

 他にも、

 お酒すっすっむっよ、お惣菜ー!
 イェーイイェーイ!イェーイイェーイ!
 (中略)
 賞味期限を確かめてー(中略)惣ー菜ーばーんざいーー!!

 とか。

 耳に憑いて離れず、時々うなされます。落ち込んだ時に耳鳴りのように聞こえてこようものなら、もはや悪魔的な絶望感ですらあります。


 …っていう話はどうでもよくて、単にこんな記事を発見したというだけの話です。豆腐ハンバーグ好きにはたまりません。

衝撃的な新種の「トーフハンバーグ」を発見したので買ってきた

by Gigazine


 これからスーパー行ったら探してしまいそう。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-05-13 20:03
d0014524_17543277.jpg
 昨日今日と仙台は妙に冷えてます。昼間でも上着を着てしまったし、自転車乗るのに手袋まではめてしまいました。夜は寒さに耐えかねて暖房つける始末だったりします。

 毎週末は件のブライダル・カメラマンの研修に入ってます。だんだんメインのカメラマンに「前に比べてずいぶん邪魔になってきたよねー」と言われるようになってきて、それはつまり積極的に場に喰い込んでいけてるということなので良いんですが、いまいち納得のいく写真が撮れない。
 撮り方において、変に凝り固まってきてしまった部分もあるようで、画を斜めに傾けるのを覚えたはいいが、傾けがくどくなっている節もある。まだ同じ式場でしか研修に出てないせいもあるのかもしれないけれど、撮りながら、「あ、これ毎回同じの撮ってる…」と自分で思っていたり。

 加えて、前回は私が新郎新婦に直接ポーズをお願いする機会も貰えたのだけれど、撮りたい構図をイメージするのと、生身の人間が実際の空間で構えるのとでは、まだまだ擦り合わせができてません。2人に並んでもらって、「あ、しまった…こんな画のつもりでは…」となってしまうのが、まだまだ私の現状です。
 披露宴中でも、まだピンやら露出やら構図やらが不安定(+上述の変な癖も)だったりするので、まだまだ反省点は無くなりません。仕方がないので、研修中の色々な失敗を、繰り返さぬよう対策するしかありません。

 即興演奏も同じですけど、その場その一瞬を豊かに描くには、積み上げた訓練が欠かせないのですよね。写真でも、特に動きのある生身の人間を被写体としているのだから、一瞬の大切さを再認識します。

 初めは緊張しつつも幸せそうなご夫婦の顔を見ていると、最高の思い出を作ってあげたいなぁと思います。一生に一度の大切な日、そして、その日の一瞬の輝きを、どれだけ写真というフォーマットで描けるか… それこそ一生かけて追求するようなテーマでしょうね。美術・芸術の世界です。

 ずいぶん奥の深い世界に入り込んでしまいました。
 仙台にさまよい込んだのも、何かの縁ですかね。


 音楽もだけど、どっかで美的感覚を失わないように生きるのが、自分らしい生き方なのかなぁなんて思うわけです。おっと、話が誇大になりました(笑) 将来もし社会的にダメ人間になっても、そうありたいですよね。

おまけ。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-05-11 19:15 | ひとりごと
d0014524_22255483.jpg
 部屋の向かいの丘から西を見ると、遠くに何やら巨大な白い物体がそびえているのが見えます。青葉城跡からも見えるものなので、仙台の地に初めて足を踏み入れた時から気になっていました。
 分かりますかね。中心よりちょっと右側なんですが… 分かんないですかね。では画像を拡大してみましょう。




d0014524_22311750.jpg
 …いやぁ、これは気になりますよね。




 見た感じではそんなに遠くもなさそうなので、今日は晴れてるし仕事も入ってないし、ということで行ってみることにしました。自転車で。
 それにしてもこの観音様、外国の方、特にアジア外の方が見たら、さぞかし興奮しちゃうんでしょうね。わー!これぞブディズムの国だー!って。

 あらかじめ地図で確認はしてたんですが、ショートカットできるような道はない。慣れない道な上に距離感も掴めず、何度も地図を見返しながら進みます。近づくにつれ、だんだんと、上り坂ばかりになってきて、登っても登っても、まだ登っても、まだ… そろそろ、足が…

 そうこうしているうちに、やっと目標の近くまでやってきました。近づくほどに存在感は大きくなります。特にスーパーの建物の陰から巨大な顔だけはみ出てる姿を見た時は、ちょっと怖いくらいでした。観音様なのに!

 さて、こちらがその観音様。仙台白衣大観音。
d0014524_22442944.jpg
 何せ大きい。100mの高さは日本第二位(一位は茨城県にある120mだとか)で、内部は一般人が入れる部分だけでも12階建て(エレベータ付き)。一番上にはテレビ放送アンテナが載っているらしいです。GW明けだからか人は少なく、横にある土産物売り場も(目を疑うほど)閑散としていました。


 一息ついて中に入ると、受付の方が丁寧に応対してくれました。拝観料を納め、先へと進みます。
d0014524_2252512.jpg
 一番下の階には木彫りの菩薩像が安置されていました。ゆっくり歩きながら見ると、一体一体の顔の違いも分かります。ぐるっと一周回って2階に上がったところにエレベータの乗り口があり、いよいよ12階へと進んで参ります。


 最上階で最初に迎えてくれるのがこの方。

 相変わらず(?)いつ見てもイイ顔しておられます。
d0014524_22585015.jpg


 最上階部分は外が見られるようになっており「360度のパノラマが…」なんてガイドブックに書かれたりもしているのですが…

d0014524_2323181.jpg
 実際には数カ所の小窓から覗き見る程度です。我が家の方向を見ているのですが、何だかよく分かりませんね… せっかくならもっと良い眺めが楽しめればいいとも思うのですが、そもそもは観音像ですから、期待する所ではないのかもしれません。


 降りる時、エレベータではなく階段で一歩一歩降りていくと、観音像の内部構造がよく分かります。外壁に沿った螺旋階段が下まで一挙につながり、2階から11階まで、なんと高さ約60mの巨大な吹き抜けになっています。
d0014524_2375266.jpg
 各階の中心部(つまりエレベータの周囲)には菩薩像が安置されています。その数は、煩悩の数と同じ計108体。一体一体を眺めながら降りていき、帰路につきました。


d0014524_23223885.jpg

 こうして時々仏教美術に触れるのも、悪くないなぁなんて思った一日でした。

おまけ。ずっと気になってたもの。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-05-07 23:37 | Report (Japan)
 一眼レフが我が家にやって来てから少し経ちました。最初は「大きいなぁ…重たいなぁ…」と思っていましたが、撮影の現場にも行くようになって、ずいぶん手に馴染んできました。近頃はすっかり、持ち歩くのが楽しくなっていたりもします。

 時には「カメラの練習」を口実に、ちょっとした日帰りの旅に出る事もありまして、そんな折にやってきたのが、ここ。秋保大滝(あきうおおたき)。仙台駅のすぐとなり、太白区内にあるんですが、区内とはいえバスで一時間以上かかる山奥にあります。運賃も片道1,000円以上するので、フリーパスを買ってしまうのがお得です。
d0014524_1259455.jpg

 なかなか大きな滝で、辺りに響き渡る音はとても迫力がある。けれど、耳を澄ませているとなぜか心が鎮まります。滝壷の近くまで降りると、辺りには霧雨のような水しぶきが降り注いでいます。
 やって来た観光客の一人が「オゾンだねー」なんて言ってましたけど、あれ絶対マイナスイオンと間違えてますよね。でもマイナスイオンって、何のマイナスイオンなんでしょうか。電子過多だから、人間のお肌は弱酸性ってのと関係あるのかな?

d0014524_1303318.jpg

d0014524_1305030.jpg

d0014524_131225.jpg

 レギオカルテのような気軽さではないけれど、ちょっと運賃を払えば、割と近所にこんな場所があるってのは良いことです。ローカル路線バスの旅ってのも、その地の空気を肌で感じられるので気に入っています。
 自転車では… キツいな。思いっきり山道だし(汗)

 ちなみに秋保大滝へ行くバスは本数が非常に少ないので、事前に時刻表を調べておく事をオススメします。行き方にもよりますが、数時間待たされることにもなりかねません。


 話は変わりますが、近ごろ夜になると近所で霧がでます。とても幻想的な雰囲気になるので、思い切って夜中に歩き回って撮影してみました。結婚式撮影の後で、家に着いた時は倒れ込みそうなほど疲れていたのに、人間って不思議なものです。好奇心は時として疲労をも凌駕する。以下、写真を数枚。
d0014524_13114568.jpg

d0014524_13122270.jpg

d0014524_1312149.jpg

d0014524_13123579.jpg



 疲労困憊になってしまった結婚式の撮影ですが、前回の失敗を踏まえて臨んだら、だいぶ調子が上がりました。まだ仕事にはならないレベルですが、希望が見えてきた感じです。風景を撮るのとスナップを撮るのでは勝手がぜんぜん違って苦労しますが、昨日は現場を楽しんで乗り切れたので、思ったより期待できるかもしれません。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2008-05-04 13:32 | Report (Japan)