<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 久々にネットカフェに来て、久々の更新です。朝7時終了予定の仕事が朝3時に終わってしまい、仕方ないのでここへ。浦和の近所で始発を待ってます。外はもう、凍るような寒さ。

 24日から3夜連続で夜勤の仕事でした。店舗やショッピングセンターの模様替え。はかないですよね、日本のクリスマスは。11月くらいから装飾はついてても、12月下旬になってようやく、そして突然テレビまで「クリスマスですねー」って雰囲気になって、で26日にはもう年末年始モード。
 あっという間に天井からはずされ箱に詰められていく旗やリース、養生を巻かれて撤収されていくツリー、切り裂かれ潰されていくスチレンボードのパネル達を見ていると、世の中が「クリスマス」っていう言葉に踊らされているような気がしてきます。
 別に心底クリスマスを祝う気持ちがあるわけでもないのに、「クリスマスだから」なにかしら「それっぽいことをしなきゃいけない」ような気になってるんじゃないかなぁ、と思えてきます。その「それっぽい」すら、だいぶ本来のクリスマスの意味とはずれてる気がしますが。

 クリスマスは何の日か、という視点から見ると、日本のクリスマスって気持ち悪い。ドイツのクリスマスも、特に若い世代ではそれほど信心深いものでもなくなってましたけど、でも日本に戻ってきてこの様を見ると、やっぱり気持ち悪い。関係ないけど、いいかげん「X'mas」は間違いってことを覚えてくれ。

 いろんな歌手が突然「クリスマス」って歌いだすのが、マジで気持ち悪い。「ウォウオー」とか「イェーエエー」とか言いながら「クリスマス」って歌うの、やめてくれ。



 さて話は変わりますが、先週(19-21日)は録音現場をやってました。とあるアコーディオン弾きがドイツから来日して、偶然の成り行きでTWS(トーキョーワンダーサイト)青山に短期で住み込み、日本人の作曲家とカナダ人のインスタレーション・アート作家との3人でコラボレーションをすることになりまして、さらに作曲の人と私とが知り合いだった関係で私も録音技師としてそこに参加いたしました。(個人的にはドイツ語を使う相手がいて嬉。たまに話せるとほっとする。)
 御茶ノ水のTWS本郷の一室で録ることになったのですが、周囲の交通騒音が入り込んできたせいで、なかなか苦労しました。3人で、また車が来たよー(苦笑)と。アコーディオン一台で、なおかつ最弱音までを使った曲だったので、収録にはだいぶ時間がかかりました。倍音たっぷりのアコーディオンの音色と、部屋の音響特性のせいも加わって、共鳴点がそこらじゅうに発生。ヘッドホンと耳の間でも(部屋の反響音が加わって)キィーンって響いてたり、オーディオ・インターフェイスの回路まで共鳴しちゃったのか、正体不明のビリビリ音が聞こえたり(録音には入っていない)、もう何をモニターしてるのかわけわかめでした。
 最弱音を録るということは、当然ながらノイズとの勝負。最大音も残響音も録るし、演奏ノイズを避けるためマイクを近付けるわけにもいかず、サーというノイズとのS/N比は、もう、ね。久々に気合入れて編集して、だいぶクリアな音に仕上げました。
 ちなみに今回のインスタレーション+音楽のコラボは、TWS渋谷にて公開中です。

 録音しているとき、演奏のアコーディオン弾きと作曲家とのやりとりがとても素敵に思えました。「作りました。はい渡します。/受け取りました。はい弾きます。」ではなくて、2人で作り上げている様子が垣間見えて、とてもよかった。曲自体は残念ながら好みではないけれど、その2人の姿にはとても好印象を受けました。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-12-27 04:24
 最後に全体的な感想をまとめて、芸工祭レポートを終えようと思います。え?もういいって? まぁそう言わず… これだけちゃんと最初から最後まで見られるの、今回限りかもしれないから。

 簡潔に言ってしまうと、「結構おもしろい」と思いました。自分が見た範囲の大型企画も、粗を探せばいくらでもあるけど、それでも結構楽しめました。格闘技研究会の「青空プロレス」でも笑わせられたし、自前のイベントをやってるテント企画なんかもあって、ちゃぶ台返しを生で見られるなんて素敵(笑)な体験もありました。あとライヴ演奏を聞きながらドラム缶風呂に入れるなんて、井尻寮企画ならではですよね。食べ物屋だって、割としっかりとした味で食べられるし、健闘してると思います。

 一般受け、という意味では、例えば噴水教は初めて大学の敷地に入ってきた人にはハードル高い気もしますが、Châteauの美術や空間設計は結構一般受けするものだったと思う。井尻寮風呂も一般向けではないが、ライヴはそれこそ誰でも聴ける。
 全体を眺めた感じでは、ほどよく内輪の濃ゆさも楽しめて、ほどよく外の客も楽しめる内容だったんじゃないかというのが、私の感じた印象です。


 逆に足りないと感じたのは、事前・当日・事後の広報活動。内容が悪くないのに告知・案内不十分で魅力が伝わらない/理解を得られないのはもったいない。

 はじめて芸工祭サイトを見た時は正直唖然としました。きっと青画面のはプロトタイプだったんでしょうけど、現行版に変わってからもなお、いまいち必要な情報が見えてこないし、見せたい情報もわからない。ウェブサイトを見て「来よう」と思う人が必要とするであろう情報が、ことごとく見にくい状態だったと思います。
 それから町中に貼ってあった(人を呼び込むはずの)ポスターも、GEIKOU FESなるものが存在するらしいが一体それは何だ?という内容。大学の学園祭であることすら掴みにくい、というのが正直な感想でした。大橋の人間なら学園祭であることまでは分かるかもしれないが、それでも内容は不十分。

 当日、というのは、例えば多次元ホールや噴水まわりの大型企画は芸工祭の見せ場なんだから、それの案内看板が(最低限でも正門あたりには)あってもいいんじゃないか、という点。パンフを読まなきゃ分からない、というのでは、情報は客には届きにくいと思います。
 事後。せっかくウェブサイトがあるんだから、そこに今年の報告でも載せれば来年への興味も引けるのではないでしょうか。大仕事終わって、更に記録をまとめるのは面倒くさいのも分かるんですが、やった方が先に続きます。出資してくれて当日見られなかった人へのお礼の意味もありますし。


 内輪で楽しめればいい、というのはOKなんですが、それなら全部自腹切ってやりましょう。様々な人からカンパや広告料をもらっている以上、責任を持ってそれらの人の利益(金銭には限らないけど)にもつながるよう芸工祭の全体の部分を作っていく必要があるはずです。


 相変わらずここの連中はマネジメントがヘタクソですよねー(笑)

 まぁ自分自身の在学中だって目指すところまで届かなかったわけですから、あまり言う資格もないかもしれませんが、やっぱり「高次のデザイン」の大学ですから、みんなデザイナーを目指しているわけですから、これを抜きにはできませんよ。


 でも何にせよ、今回こうやって色々見られてよかったです。ほんと。

 こんなもんでしょうかね、感想文。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-12-06 00:21 | 考えること
 
d0014524_2138543.jpg

 福岡市南区の九大・大橋キャンパスには、旧芸工大時代から30年以上に渡り続けられてきた「火祭り」というものがあります。主として巨大な火を囲んで数百の人間が踊る行事のことで、現在は学園祭の最終夜に行われるのが通例。
 2003-2004年には私自身も代表を務めた火祭りですが、様々な変遷を遂げてきた上、またそのコンセプトについては十人十色、百人百様の解釈があるので、歴史も含めここでは詳しくは触れません。

d0014524_21534957.jpgd0014524_21511933.jpg
 今回は大学を去って以来3年振り、初めて一歩おいた立場から見る火祭りであり、また同時にOBとして現役メンバーをサポートしつつ見守る立場での参加でした。枕木を積み上げた火櫓(ひやぐら)を見上げると、やはり自分が必死になってやっていた当時の記憶も、走馬灯のように蘇ってきます。
 ちなみにOBの仕事は、応援部隊として爆竹等の演出、火の管理、火祭り中の会場警備などが主です。学園祭の舞台美術で使われた木材を火櫓に収め、火を放つ準備をしていくのも重要な仕事。


 現在の火祭りの様子を簡単に紹介すると、初夏の博多どんたくパレードでのパフォーマンスも含め、学園祭「芸工祭」の主要企画と活動の基盤を共にしています。芸工祭そのものも、火祭りによって始まり、また火祭りによって幕を閉じます。

d0014524_22144597.jpgd0014524_22203734.jpg

d0014524_2215992.jpg 開会式では、火祭り隊によってキャンパス内に火がもたらされ、また彼らの踊り/儀式が開会の合図でもあります。最終日は、夕暮れを迎えたキャンパス内に火祭り隊が現れ儀式(最初の写真)を行い、松明(たいまつ)を手にグラウンドへと向かい、中央の巨大な火櫓に火を放つ。学園祭のスタッフ、その他の学生、一般市民が火を囲み、ただ太鼓の音と人間の吠える声を響かせ、2時間に渡る「火祭り」が繰り広げられ、芸工祭はその幕を閉じます。


 ここで、今回の火祭りを通して私が感じたことを書き記すことにします。まず、やはり火の力は巨大であるということ。眼前に巨大な火柱が上がるインパクトは、日常をはるかに超えたものであると思います。そしてその火はただの光ではなく、強い熱を帯びた存在でもある。こういう表現で正しいのかはわかりませんが、生命の根源のような力を秘めているからこそ、それを前にして人間は、畏れ、興奮、あるいは感動の念を抱き、古き時代から現代に至るまで、神聖なる存在として火を扱ってきたんだと思います。悪いけど、LEDやホログラムで代用できるようなものではありません。本物の火の価値を再確認できたのが、今回の一番の収穫でもあります。
 そして、今回OBという立場で輪の中に入り、まさにその火櫓の火を管理していたわけですが、周りを取り囲む人間の輪の力を強く感じてもいました。大勢の人間のエネルギーがひとつになり強烈に響き渡る世界は、感動的ですらあります。あの頃、自分が感じ目指していたものは、やはり間違いなかったんだと実感していました。

 同時に、疑問に思わざるを得ない点もありました。火祭りに参加する(少なくとも中心的な参加者である)芸工祭スタッフ達は、火祭りを一体どんな存在だと認識しているのだろうか、という点。それは同時に、火祭りの存在意義を問うことでもあります。
 自分がいた頃は客観的には見らなかったことを踏まえても、今回見た火祭りでは、その輪がかなり早い段階で崩れ(そもそも火祭り隊以外が加わった段階から奇麗な円にはなれず)、学園祭の自分たちの企画内、あるいは知り合い同士程度の小さな輪が点在していました。あっという間に輪から離れ、単に知り合い同士で群がってしまう人も数多く見受けられました。一部の人間は、最後には小さな輪に結集して踊り通していたものの、本気で(少なくとも意志を持って)火祭りに参加している人間は、圧倒的に減ったのではないかと思うのです。
 もちろんこれは私自身の火祭りの定義から判断したものでしかなくて、もし彼らにとっての火祭りが、ただの打ち上げ程度のものであるなら、この程度の意識でもまったく当然のこととも言えます。むしろ真剣に取り組むなんてバカじゃない?とすら言えるわけですから。

 しかしここで、考え直して欲しいことがあります。もし単なる仲間内の打ち上げとして火祭りをやるとしたら、それは愚かなことだと私は思います。どうせ小さな仲間内で(しかもわずかな時間)しか盛り上がらないなら、わざわざあの場に集まる時間は無駄ではないのか? もしあれが脱力の打ち上げであるなら、それを必死にやっている火祭り隊は、ただのピエロなのか? そもそも単なる打ち上げに、あの巨大で危険な火は必要だろうか? 知らない人も多いと思いますが、火祭りをやる為に消防署にまで届け出をしてるんです。学務課への負担や近隣住民への迷惑度も、決して小さくはないはずです。火祭りに必要な投資や苦労と実際の効果を比較してみれば、打ち上げとして火祭りに臨むのは、果てしなく愚かなことだと私は思います。
 もし実際そこにいる参加者達、その中心である芸工祭スタッフ達が欲するのがただの打ち上げなら、それは全く構わないけれど、それなら火祭りなんてさっさとやめた方がいい。もっといい打ち上げのやり方が絶対にあるはずです。

 けれど私は、自分たちが何をしているのかをきちんと認識し直して、その上で、やはり火祭りを続けていって欲しいと願っています。あるいは、火祭りを超えるものを生み出していって欲しいと。
 なぜ数ある企画の中で火祭りだけ30年も続いてきたのか。火祭りが秘めている価値は一体何なのか。そのことを問い直して、その上で、続けるのかを考えて欲しいと思います。

 火祭りは、お膳立てされて招待されるパーティーのような代物ではありません。その輪に加わる人間は、すべて「主体」なのです。

d0014524_082825.jpg


 伝統を重んじることは、コピーすることではない。むしろ火祭りに伝えていくべき極意は、コピーせぬこと。あらゆる角度から考え直すこと。自力で考え抜くこと。

 願わくば、30年の「伝統」が、悪しき足かせにならぬことを。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-12-03 00:14 | 考えること
 ネタではありません(汗)

 福岡で会ってた人には知ってる人もいると思いますが、ここ一ヶ月くらい腰が痛かったんですよね。それが水曜日くらいから本格的になってきまして、いま完全にダウンしております。
 何がひどいって、腰痛に加えて頭痛と腹痛まで併発していること。頭痛は昨日でだいぶ収まったものの、お腹のほうはまだ許してくれません。おかげでここ3日、ろくに食事も摂れていません! 栄養ドリンクすら素通りしちゃいます! 今日リハビリがてら外出してみたら、ものの見事に腹痛に加えて意識も朦朧としてきました。

 でもすごいですよね。3日もろくに食事なしでも、無理をしなければそれなりに元気(というのかどうか)な状態でいられるんですから。人間の体内貯蓄エネルギーって、結構な大容量なんですね。とかどうでもいいことしか考えられません! 正直言って暇!
 イライラするから音楽も聴けないし本も読めないし、外出は体がもたないし、食事も出来ないし、いまこうしてブログを書いてはいるものの、当然ながらPCも長時間いじると頭痛くなる。

 そういう事情で、書きたいんですけど火祭り&芸工祭の記事は一時中断です。頭が働きません! 回復したら書きます!


 おや、こんなどうしようもない文章で、結構な量になるんですね。でもこれ、後で読んで「何書いてんだろ」って思うんだろな。…ん? これはもはや、ネタでしたか…(苦笑)
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-12-01 17:04