<   2007年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

d0014524_1029368.jpg


 11/22の前夜祭から25日(日)の火祭りまで、福岡・大橋の九州大学大橋キャンパスで「芸工祭」という名の学園祭が開かれていました。私が在籍していた頃以来3年振りの、初めて外から見る芸工祭でした。

d0014524_10455522.jpg 芸工祭には大型企画物がいくつかあり、前夜祭のライヴステージ、初日のダンスパーティー、2日目の空間構成イベントと噴水を使った舞台イベント、3日目のファッションショーと、最後の火祭りなどが「学園祭企画」として大人数のメンバーで構成されています。その他フライパン(中庭)でのライヴステージ、青空プロレス、芸工紹介展、そしてテントでの一般企画、フリーマーケットなどがあります。


 私が見られた大型企画は、前夜祭(1研)、Château(2研)、世界噴水教(3研)、火祭りでした。まず前夜祭について。
 例年通りライヴの音楽ステージの形式を取っており、こうして毎回始まるんだなぁという印象。その中で今年とても良いと思ったのは、「前夜祭」という事をきちんと認識して内容を構成していた点。以前であれば公演中に流していた各学園祭企画のCM映像を開場前に大画面で放映していたので、待ち時間の有効活用にもなるし、舞台の雰囲気を壊さずに済むので、うまいやり方だと思いました。
 もうひとつ良かったのは、2、3、4研、CBAがステージ上の一枠を使って、ライヴ演奏の形式で企画紹介をやっていた点。他企画を自分たちの企画に登場させる心意気は評価できるし、「前夜祭」の存在意義をきちんと受け止めて構成していたと思います。見終わった後、満足感すらありました。

 Château(2研企画)という舞台は、2研の性分なんでしょうか、やはり空間の作り込みが上出来な代わりに、公演の中心だったパフォーマンスが物足りないのが残念。今回は影がテーマになっていて、パフォーマーも全て真っ黒な姿をしていて、舞台・通路の美術も影のテーマに沿ったものになっていました。パフォーマンスは単体で見せられる腕前ではなかった上に時間も短かったので公演としての質は下がってしまったように思えましたが、多次元ホールという空間をいかした舞台作りは見事でした。入口・出口の美術や通路の壁、ホール内に入る階段の飾り柵の細かさなどは、やはりすごい。(その代わり壁のパネルつなぎ目の処理はちょっと… 布テが見えてましたよ。) 自分がいた企画なので、やっぱり色々気になってしまいますね、良い点も悪い点も。写真を持っていないので紹介できないのが残念。

d0014524_1172823.jpg 世界噴水教は、芸工祭のHPが動き出した最初から、他を圧倒する、斜め上に抜きん出た存在感を放ち、福岡に来る前から今回の注目株でした。2時間にわたる公演は、久しぶりに声をだしてゲラゲラ笑ってしまいました。(ごめんなさい。まじめなテーマだったんですよね。) 途中の映像など、これ絶対作りたかっただけなんだろなーっていうのが多かったですが、それぞれがよく出来ていて面白い。公演自体の内容としては薄い印象がありましたが、それを上回る構成力があったように思います。


d0014524_11104637.jpgd0014524_11105825.jpg

 フライパンライヴを聴きながら入れる「井尻寮風呂」(ドラム缶風呂。案外いい湯なんです。)なんて異色もありますが、一般企画は割と普通なテントのお店が中心。商売っ気があまりなく、OBやメンバーの溜まり場になるのは大学の学園祭の特徴ですかね。私もそういう場所があったおかげで学祭中の居場所があって助かりました。

 芸工紹介展の充実度は(おそらく例年通り)低い。入り口の案内パネルの出来はいいのですが、どうしても人が入らず、なおかつ展示内容も充実していない。研究室や学生からのサポートが少ないんだと思いますが(実行委員会の方々は大変でしょうけど)、せっかく大学に人がやってくる数少ない機会なので、これをうまく利用しないのはもったいないと思います。


 火祭りと、全体への俯瞰的な視点に付いては、また次回に。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-11-26 11:33 | Report (Japan)
d0014524_9281579.jpg


 福岡・星野村へのバスツアーをやってきました。九大・芸工・芸情の藤原研究室主催の企画で、私はナビゲータとしてご指名を受けておりました。参加人数が少なかったこともあり、ほとんどナビゲータらしい仕事はしていませんでしたが、フランスから来ている留学生が3名参加してくれていたので通訳としては役に立っていたでしょう。もちろん英語ですけど。


d0014524_9311629.jpg 星野村は福岡県の南部、福岡市から南へ5、60km、八女市からさらに東の山間部へと進んだところにあります。星のふるさとには何度か足を運んでいたのですが、こうして「星野村に」来るのは私にとっても最初でした。


 今回のバスツアーで訪ねたのは、紅葉の始まったお寺、今年3月をもって廃校になった仁田原小学校、村外から小学生がやってきて1年間滞在していく山村留学センター、焼き物を扱った民芸館と古陶館、ひょんな成り行きで授業参観ができた星野小学校です。のんびりと景色を眺めるもよし、バスや行った先で出会った人と話すもよし、田舎に来るのは福岡市内とは違った時間の流れを感じられるひと時になります。
 バスのルートとしては、福岡の南区・大橋から八女・福島へは九大のマイクロバスで行き、そこから堀川バスに乗り次いで星野村の十篭、乗り換えて仁田原まで向かいました。帰りは先回りしてもらっていた九大バスに乗り込み、星野村を回って黒木町・八女経由で福岡へと戻って参りました。

d0014524_9372338.jpgd0014524_937335.jpg

d0014524_9374911.jpgd0014524_938757.jpg

 帰りの黒木への山越えルートですが、途中の山道はドキドキものでした。およそ九大マイクロバスで通る道ではありませんでした(笑)。

 今回の企画の元々の主旨は何かというと、八女・星野を走る堀川バスに焦点を当てつつ、急がない、スローテンポの移動の価値をもう一度探り出してみようというものでした。路線バスのスピードは自家用車に比べても決して速くはなく、また星野という場所も行きやすい所ではありません。けれどそこにもう一度焦点を当てる事で、普段の生活では気付かない所に気付いていくきっかけを作るのが、今回の主旨です。
 たとえば同じ道を速い新幹線で走るのと遅いバスで走るのとを比べると、たとえ同じ車窓を見ていても、それをじっくり詳しく見られるのは遅い移動なのです。時間はかかるけれど、ただ表面的に知るのではなく、じっくりと深い視点で物事を見ていく価値を再確認しようというわけでした。


 今回は縁があって、バスツアーの2日後にもう一度星野に行く機会がありました。星のふるさとの森松さんという方の家に一泊二日。おいしい料理も頂きながら、色々とお話をさせていただきました。写真はそのお母さんの作った夕飯のだご汁と星野茶。どちらも本当おいしかったです。

d0014524_1042850.jpgd0014524_1043838.jpg


P.S.
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-11-22 10:12 | Report (Japan)
 福岡に来ています。友人を訪ねたり、大学を訪ねたり、街を歩いたり、福岡の空気を噛み締めています。

 学内にはイントレも立ち並び、懐かしい学園祭の雰囲気。やっと、そして初めて客観的に見られる学園祭は、とても楽しみであり、同時に、心配、いや不安でもある。Mal schauen. 一度ゆっくり見てみましょう。

 友人や教授や技官といった面々と話していると、まだ自分にとって福岡が学問をする場所である事に気付く。ラーメン食いながら、酒を飲みながら、フライパン(中庭)でまどろみながら議論ができるというのは、やはり嬉しい事だ。

 きちんと考えて、意見を交換する。

 この事がさりげなく気軽にやれる環境は、やはり自分にとって欠かせないもののようです。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-11-20 11:35
 おひさしぶりです。全然記事を書いてませんでしたね。

 近頃は結構頻繁にバイトをやってます。イベント会場のテント設営・撤去だったり、トラスを組んだりもします。イントレやトラスは、やっぱり組んでて面白いですね。トラスの図面もだいぶ読めるようになったので、作業の先回りが出来るようになってきたのは、我ながら嬉しいところ。
 ほかにもショッピングモールでは、季節柄クリスマスの飾り付けを夜の閉店時間中にやったりもしてます。ある時は高さ10mのツリーを立てたり…

 昨日はデパートでお歳暮用のパネル取り付け(あの天井からぶら下がってるスチレンボードのパネル)をやってました。2店舗やったのですが、2つめでは大部分を一人で取り付けてました。この作業自体は昨日が初めてだったのですが、現場監督の人が仕上がりを見て「奇麗だねぇ。本職にしたら?」と言ってくれました。あまり他の現場で褒められることもないもので、これは嬉しかった。


 どうも最近、音楽制作に身が入りません。全くと言っていいほど。というのは、自分の中でひとつ大きな迷いがあるのです。

 いま仕事の関係でよく東京にも行くんですが、たとえば23区内だったら、どこもかしこも五月蝿くないですか? 走り回る車、人のざわめき、加えて大音量のPA(宣伝やら音楽やら)… いるだけで不愉快に感じる事もしばしばです。
 日本に戻ってきて、久しぶりにテレビを見るようにもなりましたが、はっきりいって大部分のプログラムは退屈ですね。なんでこんなのタレ流してるんだろうと、なんでそれでも視聴率はかせげるんだろうかと、疑問でなりません。時間つぶし以外の何でもないんじゃないかと。
 町中に溢れかえる広告も、目に五月蝿い。しかも目を引く色や大きさを使っているから、なおたちが悪い。

 何が驚くかって、それは移動中の電車内でもまったく同じだということ。走行音、開け閉めの多い扉、大量の中吊り広告、必要以上の案内放送(携帯電話は迷惑だから止めてよね、というクドい放送も)。それだけでも十分多すぎると思うのに、多くの人はずーっと携帯電話の画面を見つめていたり、ずーっとイヤホンで音楽聞いていたり、ずーっと携帯ゲーム機をいじっていたり。

  かろうじて眠っている間は別でしょうけど、一日中ずーっと溢れかえる人為的な情報にさらされ続けてることに、私は危険性を感じます。こんな中にいたら、感性を鈍らせる他に生きていく方法はないですよ。何かに興味を向けるというより、大半の情報を受け流していかないと、やっていけない気がします。

 そのくせ仮初(かりそめ)の娯楽や感動を求めて本や音楽や映画に向かうんでしょうけど、私には時間のムダに見えてなりません。音楽なんて、歩いてる時まで聴くほどのものじゃないと思います。少なくとも、受け身一方で聴くようなものじゃないと思います。どんな物語も、どんな映画も、自分自身の人生に勝る感動なんて、ありえないと思います。そんなものに逃げる気なら、もっと一生懸命生きた方が絶対いいと思います。


 私の迷いというのは、この情報溢れかえる世の中に、さらに音楽をプラスする事への疑問です。確かにより良い物を作っていくというのは素晴らしい事だとは思います。でも今、まさに今必要なのは、多すぎるメディアを洗練する事なんじゃないかとも思うのです。音楽を作る事ではなく、むしろ消していく事。洗練された音空間(もちろん視覚その他についても)の中でこそ、本当の感動も味わえるんじゃないかと思います。

 今のメディア(世間一般)は、黙る事を忘れすぎていると思います。意見を伝えるには、みんなこぞって意見を言うよりないんでしょうか。(と言いつつブログを書いているという自分自身の矛盾もある)
 しかし今こそ、沈黙の価値をもう一度見いだすべきなんじゃないかと、私は思うのです。


P.S.
17日〜26日は福岡に行きます。
芸工祭もばっちり見させていただきます。
なお18日は八女でバスツアーをやります!

詳しくはこちら
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-11-14 10:10 | ひとりごと