<   2007年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 近頃バイトしてます。アルバイトというと、どうしてもArbeitっていう文字が頭をよぎって、あれ何で俺いま日本語の中でドイツ語しゃべってんだ?という気持ちになります…

 それはさておき、そのバイトというのが、色々なイベント会場(時には建築現場もですが)の設営・撤去の類なんです。ちょうど昨日はパシフィコ横浜に行って、トラスやパネルも組んでました。これから色々なイベント事にも関わるだろうし、作曲屋になるにしたって、こういう現場の運営や施工も出来るくらいの能力の幅は欲しいと思っているので、お金を貯めるついでにこの仕事を始めました。

 さて、そうして本当(プロ)の現場にやってくると、随分今までとは勝手の違う場面が出てくるのです。今までというのは、自分達で企画して、材料・部材を調達して、設計・施工・運営まで全部を主体的にやる現場のこと。ところが、会場設営を仕事にしている人達というのは、ずいぶん立場の違う人間なのです。

 会場作りの流れをたどると、まず母体の運営団体が企画し、部材をレンタル業者に発注。レンタル業者は部材を運送業者に運んでもらい、現場へ届ける。現場ではレンタル業者が指揮をとりながら会場に部材を組み上げていき、運営団体からOKが出れば終了。

 これのどこが違うのかというと、発注元と施工する人間で共有する意識の違いである。

 自前で企画・施工・運営する場合、スタッフが長い時間を共にしながら企画の意義を共有し、少なくとも「やるぞー」という意識は共有し、みんなで力を合わせて会場を作っていく。だから会場作りをしている間も事務所にいる運営スタッフの顔が浮かんだり、仲間同士が共通の目標を持って仕事に臨んでいる。

 ところが業者の施工の場合、運送会社やレンタル会社(つまり会場を作る人間)にとって重要な情報は、部材の品目と数、配置図(設計図)、あとは料金である。そのイベントそれ自体が何のイベントかはほとんど重要ではなく、ましてや現場では当日はじめて来るバイト連中(つまり僕ら)が働いているわけで、バイト連中にとっては何のためのどんなイベントかも知らないまま会場だけ作っていく事になる。


 きっとこの世界では別に珍しくもない事なんだろうけれど、ちょっと驚いたことがありました。会場設営をしている現場の休憩時間、吸ったタバコ(時には空き缶)をその場に捨てたまま行ってしまう人が結構いるんですよね。今まさに会場を作ってる人間が、その会場をゴミで汚すことにためらいがない… これは私にとっては受け入れがたい感覚でした…
 想像に過ぎないんですが、「うちらの担当は○○の区画(さらにその中の部材設置のみ…とか)で、それ以外は関係ないよ。」 ということなのかな~なんて理解しています。

 たしかに現場の分業ワザたるや見事なもので、あれよあれよと色々なものが出来上がっていきます。パシフィコ横浜なんて、朝はだだっ広い巨大な空間しかなかったのに、中を大型トラックやらクレーン車やらが走り回り、気付いたらあちこちでトラスが立ち上がり、ベニヤやらパネルやらが次々張られ、夕方にはもう見慣れたメッセ(エキスポ?)の会場らしくなってました。
 けれど分業が過ぎている部分もあるんじゃないかな、なんて思います。イベントって意義や目的があって催されるものなのに、そこに何にも関心のない人間が作って良いものだろうか、と。料金さえ払ってくれれば、何のイベントでも会場作りますよってなるとしたら、それはイベントに関わるプロとしては、どうなんだろう、と。

 このバイトも色々な場所に行けて楽しい部分もあるし、お金も入るんですが、自分に返ってくる満足感を考えた場合、たとえ賃金なしでも、みんなで一生懸命手作りでやってる現場に関わってる方が幸せを感じます。ただお金のために何かを作っているのって、何だか虚構のような気がしてしまいます。それこそ、リアリティが無いというか。

 けれどお金がないと社会的な生活を送るのは今の日本社会では厳しいわけで、だからこうして「仕事」というものが成立しているんだろうとも思うのです。しかしそこは妥協する点なのか、あるいは生きるための新しい方法を模索していくべき点なのか…


 ダメですねー。こんな事ばっか言ってるから、いつまでも悩み迷いがあるんでしょうね。でも嘘をついて生きていくと死ぬ時に不愉快な気持ちになりそうなので、私の場合は仕方ないんでしょうか。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-10-23 20:00 | 考えること
 最近やったコンサート現場と神戸の音楽祭とでちょっとだけ収入があったので、今後への投資も兼ねてヘッドフォンを新調してみた。といっても、5千円程度のですけどね。まだ贅沢は言ってられません。
 オープンエアーな上に耳パッドが柔らかい布だから掛け心地が良くて、長時間の耳仕事でも疲れが半減する感じ。それにしても、2千円アップでこんだけ音が変わるんだなー、と改めて思った。

 せっかくなので色々手持ちの音源を聴いてみる。へーこの曲こんな音が入ってたのね、とか、あーほんとはこんな響きだったんだー、とか、急に解像度が良くなった感じ。近視乱視で目がよく見えてなかった人がコンタクトレンズを装着したときに感じる、あの感動に近い。

 ていうことは、ていうことです。ドイツでのモニター環境は思ってた以上に悪かったのですね。
 向こうでやってたチカラワザのコンサート録音を聴き返して、ちゃんと業務用マイクでやれた神戸の録音現場と聴き比べて、あーやっぱ4千円のミニマイクじゃダメだ(笑)と。
 当たり前なんだけど、それすらよくモニターできない環境でやってたから、いま改めてその事実をはっきりと認識。うん。消してしまいたい余計なノイズが多いし、音もかなり曇ってる。
 でも同時に、そんな機材というか状況でよくあれだけのことやってたなぁとも思いつつ。

 もうひとつの発見は、手持ちのHi-MD Walkmanの音が思ってたより更に良かったこと。MDという規格自体も思ってたより良かったんだろうし、加えてこのHi-MD WalkmanのDAやアンプの性能も良いんだろう。なんだかイヤフォンばかりで使ってたのが申し訳なく思えてきた。ドイツで買ったせいで日本語の説明書が無いのですが(-_-)これからも最前線で使っていきましょう。


 色々聴いてみるついでに、6月に北ドイツBelzigのZEGGでやった雨の中の半屋外コンサートの録音も聴き返してみた。4千円ミニマイク録音だから音の解像度は当然低く、そりゃ豊かな響きなんてありません。音質という意味ではやっぱダメですよね。でもなんか、こう、胸の中で沸き立つものがあるのですよ。
 自分に記憶があるからなのか、録音だけで再現されるのかは判断できないのだけれど、会場の一体感というかそういう、「音質」では測れないものがあって、録音としての良し悪しを超えたものがあるんだよなということを、ふと思い出しました。

 今でも覚えてますけど、あのコンサートは本当に気持ちが良かった。演奏した側も聴いた側も、両方がほんとうに気持ちよかったコンサートでした。

 「あぁ、オンガクってこういうことか。オンガクって、いいな。」

 何気なくそう思えたときでした。

 近頃は色々と現場でテクニカルな事をしすぎてたせいで、こういう素朴な事を忘れかけていたんだと、ふと気付かされました。いけない、いけない。本質を見過ごしてはいけない。

 オンガクって何なのか。
 ゲイジュツってよばれてるヤツは、何のためにあるのか。
 そもそもなんで人間はモノを作り出すのか。

 芸術でも技術でも、作品を生み出す立場であれ、作品を人々に届ける立場であれ、ここを抜きにしてしまったら、元も子もない。本質を失ったものは、死んでいるも同然だ。


 いけない、いけない。
 本質を見過ごしてはいけない。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-10-18 02:19 | ひとりごと
d0014524_17511496.jpg

From 1st to 8th of October an internatinal music festival was held in Kobe. This festival consists of 3 main concerts, 2 public lecture & discussion, 3 concerts for children, and some master classes (extension course) for students. I stayed and also worked there for 11 days. What's remarkable is that not professional people who are interested in music hold this festival. I think it's a good example of culture and art management.

 10月1日から8日まで、神戸国際芸術祭という音楽祭が開かれていました。この芸術祭は3つのメイン・コンサート、2つの公開レクチャー、3つの子供向けコンサート、そして学生向け公開レッスンから成り立っていて、私も11日間滞在しながら一緒に仕事をしてきました。この企画が注目に値するのは、プロでもない音楽好きの人間達が集まって手探りで運営しているという点であり、芸術文化マネジメントのいい一例でもあると思います。

d0014524_18142960.jpgBecause of the quality of players, the master class was quite good, I guess. It was just like Takefu IMF. I presenced there as an interrupter for some students. As I've never been by the lesson like that, the lesson was so interesting for me, too.

 来ていた演奏家の腕前もあって、マスタークラスはなかなか良いものだったと思います。武生国際音楽祭もちょうどそんな感じ。学生数人のための通訳として同席していたんですが、なにぶん自分でこういうレッスンを受けたことがないので、横で見ているだけでも結構おもしろかったです。


I find that this festival plays a very important roll in this city as a cultural event, because 3 concerts were really good chance that children and their parents can listen to live musics. Babys and children make noise. It's simply true, but they also have a right to listen to live musics. However, if they call professional players, it's not easy to hold a concert like that solely because of the economical reason.

 この芸術祭は、この町の文化イベントとして重要な役割を果たしているんじゃないかと思います。3つのコンサートが、子供たちや子供を持つ親たちにとって、生演奏の音楽を聴けるとてもいい機会になっていたのではないでしょうか。赤ん坊や子ども達は騒ぐ… 全くその通りですが、彼らだって生の音楽に触れる権利はある。ところがそういった演奏会を単独で開くのは、ましてやプロの演奏家を呼んでやるとなれば、運営資金のことを考えても非常に難しいでしょう。

2 concerts were for babys. Even 0 year old babys can also come there. They sit on the ground and listened to the music. (Of course they have also much played.) And a concert was for children who go to elementary schools. In this concert they could sit on chairs "on the stage". Some pieces which were played were a bit childlike, but these concerts were not childish at all. It's, enough.

d0014524_18542635.jpgd0014524_18544234.jpg
 2つのコンサートは乳幼児向け。0歳でも来て大丈夫。子ども達は地べたに座って演奏を聴いていました。(もちろん横では結構遊んでました) 小学生向けコンサートでは、子ども達が「ステージ上の」椅子に座ることができ、演奏を間近で感じることができました。選曲としては、幾つかの曲目は子供向けではありましたが、コンサート自体が子ども染みているということは全然無かったです。十分十分。

3 main concerts were truely good. Even I am not so really interested in classical music, but I thought that the play was excellent. Especially the last piece (string octet) was so exciting. I have never thought that a classical music can be so exciting.
Otherwise I recorded all of these concerts and made CDs, but these plays havn't lost their sparkle even they are recorded.

d0014524_1917336.jpgd0014524_19171772.jpg
 3つのメインコンサートはとても良かった。自分自身それほどクラシックが好きなわけではないにも関わらず、あの演奏は素晴らしかったと思います。特に最終日の一番最後の弦楽8重奏曲、クラシックの音楽がこうもエキサイティングで有り得るとは思ってもみませんでした。
 ところで全てのコンサートを録音してCDにしたんですが、この演奏は相変わらず輝きを放っております。


As I wrote at first, almost all of staffs are not professional. The chairperson of the executive is only a music lover professor in Kobe university, and the secretary-general is also a young student of the uni. Some staffs are staffs of the same Uni or normal citizens in Kobe. About 15 students come from Kochi, and for example I came from Yokohama.

d0014524_19401674.jpg 最初に書いたとおり、スタッフのほとんどはプロではありません。実行委員長は単に音楽好きの大学教授であるし、事務局長も同じく大学の若い院生。あと何人かは同じ大学の学生や職員だったり、あるいは一般の神戸市民だったり。15人くらい高知の学生が来ていたり、あとは、例えば私や神戸の元ホール職員が関東からひょっこり来ていたり。

Because they (we) are inexpert, there were some managements problem, I think, and their (our) management was maybe poorer than other music festivals for example Takefu IMF. But I also think, its handmade feeling was also important for cultural events.
Some people who noticed it's important start to move. But other people don't follow them. The scene of cultur management is almost always so. I think, what's important is the feeling, "We make a culture in our city" or "We citizens are the subject".

 ほとんどが玄人ではないから運営上の問題点もあったんじゃないかと思うし、今回の(私たちの)芸術祭運営は、例えば武生国際音楽祭と比べると下手くそな点があったようにも感じます。けれどでも思うのは、この手作り感や手探り感というのも文化的なイベントには重要なんじゃないかということ。
 事の大切さに気付いた人達が動き出す。けれど周りの人間達はついてはこない。芸術文化マネジメントの現場なんて、だいたいそんなもんではないでしょうか。重要なのは、「自分たち市民がこの町の文化を作っているんだ」「自分たち市民が主体なんだ」という感覚なんだと思うのです。


Ah, I have to say this: You have to come to this festival in the next year. It will be a good experience for you.

そうそう、最後にこれを言わねばなりませんな。来年はぜひこの芸術祭にお越しください。絶対いい体験が出来るはずですから。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-10-13 20:05 | Music & Art
 神戸大での作業を仕上げ、三ノ宮でバスを待ってます。

 神戸にいた期間がわずか10日とは思えず、一ヶ月は滞在していた気もするし、そもそも前からここにいた気すらする。周りのスタッフ仲間とも、もうずっと前から知り合いだった気がしてしまう。(お互いに)

 けれど今こうして一人で佇むと、さっきまでの世界がまるで存在していなかったかのように、自分がただ空想していただけの世界のようにも感じられる。

 誰かに私が「現代の寅さんだ」と言われたけれど、もっとも私はあの映画をよく知らないのだけれど、どこへでも流れて行って、どこでもホームになる人間というのは、同時に、どこでもアウェイなのかもしれない。

 はたして何処が自分のホームになるんだろうか。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-10-11 19:29
 本日、神戸国際芸術祭が終わりました。クライマックスの3日連続コンサートでしたが、最終日の今日は場所を舞子ビラ神戸から神戸文化ホールに移しての開催でした。
 一番最後の弦楽8重奏は、ほんとにかっこよかった。撮影をしながらでしたが2階席正面という最高の場所で聴いてしまいました。今日の演奏会は、お客様もだいぶ満足していかれたんじゃないかと思います。

 最初は誰が誰だか全く分からない状況で始まった一週間でしたが、終わってみれば他のスタッフ達とも結構仲良くなって、楽しい時間になってました。
 そして何はともあれ、自分の仕事が素直に喜ばれ認められるというのは、やはりとても幸せなことだなぁと思います。どんな報酬よりも嬉しいことです。(←こんなこと言ってると、いつまでたってもお金が貯まらなそうだ (^^ゞ )
 あ、でも知的なお土産は貰いました。なかなか興味深い資料なんかもあって、帰ってから読み込むのが楽しみ。

 実行委員長、事務局長、中心メンバー・演奏家・スタッフの皆々様、本当にお疲れ様でした。だいぶ体力使いましたけど、楽しかったですね!

 横浜にはもう少しのんびりしてから帰ります。明日は神戸大に潜入して録音の仕上げをしつつ、みんなで酒蔵(笑)に行って打ち上げ演奏会だ!
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-10-08 23:49
d0014524_15493762.jpg

 日中のほとんどの時間を会場(写真)のホール裏で過ごす生活なので、日の光を浴びに橋のたもとに来てます。目の前は淡路島。

 昨日からコンサートも始まり、まず3本立てで乳幼児・小学生向けコンサートがありました。ほぼ満員御礼。子供は騒ぐだろうけど、それが理由に音楽に触れられないのはもったいないから、いっそその前提のコンサートをやろう、というわけです。収益なんて、はなっから見込めませんけど、助成金を得てでもやる価値はあると思います。私は子供の集団は苦手ですが(笑)

 神戸国際芸術祭は、武生よりスケジュールはゆるくスタッフも少ないため、だいぶ出演者とスタッフが近い関係にあるように感じます。事務局長も学生がやっているのも、大きな一因でしょうね。ちなみにこの局長、仕事の許容量が大きく、パニックにもならず、周りが和んでしまう、安心して信頼できるなかなかの逸材です)。

 武生では少なかった演奏者と飲む機会も割とあって、日独英がごっちゃになってガヤガヤやってます。空気感の違いを感じることも多いですが(汗)
 泊まっているのが大学教授の家なのもあり、神戸大での文化政策関連の話もよく耳にします。それから長いこと行政や文化ホールに勤めていた文化政策のまさにその人とも結構話ができ、なかなか実りある時間を過ごしています。来てみるもんですよね、何事も。


 リハーサルで聴いた弦楽8重奏、なかなかの迫力なり。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-10-04 15:49
d0014524_17301476.jpg

 明石海峡大橋のすぐ横をメイン会場に、神戸国際芸術祭という一週間ちょっとの音楽祭をやっています。武生のと比べると、もっと純粋にクラシック音楽を集めた内容です。
 こちらでもマスターコースと呼ばれる講座があり、国内外の音楽家が受講生に楽器のレッスンをしています。例によって私はスタッフでして、このマスターコースでよく通訳をやってます。ただ内容が音楽だけに、いろんな表情を表す形容詞がたくさん登場してきて大変です…

 明日あたりからは録音・録画の仕事も入ってくるので、いっそう現場らしくなってきます。芸術祭の主要なコンサートはだいたい週末にあるので、もうしばらくはバタバタせずに済むでしょう。


P.S.
夜行バスは、一人で乗るなら3例シートがいいですね、やっぱり。ケチってる場合じゃなかったです…
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-10-02 17:30