<   2007年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧

d0014524_23332181.jpg

リハーサルにて

 9/28、東京・杉並のsonoriumという会場で、company izuruという能楽をベースにした芸術団体が主催するコンサートがありました。
 「音楽×音曲」… 発表された6曲の作品は、6人の現代音楽の作曲家が、能楽の研究のもとに制作していったものです。

 私はここでステマネ(Stage Manager:曲に合わせ楽譜台や椅子などの配置転換をする人)と録音の仕事をしてました。録音は何度かやってますが、ちゃんとステマネの仕事をするのは初めてだったので、これがなかなか緊張の連続でした。
 前日リハーサルでも、バミリ(設置場所マーキング)のテープを貼っているとはいえ、果たしてこの配置を覚えられるんだろうか…と不安一杯。そして演奏者は最大11名。リハ中のどの段階で最終的な配置が決まるかも分からなかったので、曲を聞く余裕すらありませんでした。

 そして本番。結論から言えばノー・ミスで終わることができ、開演の遅れや演奏が伸びた分まで巻き返すほどバッチリ仕事できたんですが、一回だけ、本当に焦りました。

 演奏終了。次の配置を確認。出演者はけ。ステマネ隊、袖から舞台へ。そして、…

 頭ん中が真っ白。

 これは血の気が引きます。呆然ですよ。
 幸いにして優秀なパートナーがいたので、相棒の動きから配置図を思い出せ、問題もなく転換はできたのですが、へこみますよ、あれは。

 それに会場の事情で白のマスキングテープをバミリにしているせいで、数箇所が剥がれてしまってました。マーキング喪失。「あれ?!ない!ない!!!」 ほんと焦りました。


 さて演奏はどうだったかというと、前日リハでは聴いてる精神的余裕がなかったのに加え、当日はずっとホールの外で待機だったので、ぜんぜん知りません。
 やっとさっき録音したものの確認として、2公演中の最初の公演だけ聴いてみました。

 正直な感想を言うと、もちろん曲によって色々ですが、総合すると、「これは結構おもしろい」です。謡というか歌というものは、その言葉に感情や雰囲気を込めて音に変換していくのですが、それが楽器の音と混じることで、さらにそれが深められていく。

 現代音楽と一言でくくっていいのかは分かりませんが、現代音楽はフレーズ感、和声感、リズム感などがかなり抽象化されていて掴みにくい反面、雰囲気というか、言葉では難しい内面世界の表現に秀でていると思います。背景世界や深遠の世界をより鮮やかに表現できる現代音楽の手法と、日本語に根ざして日本語で歌う謡が組み合わさることで、思わず引き込まれてしまうような非常に立体的な「雰囲気の再現」ができているように思いました。


 せっかくなので録音の話も。今回の録音にはHi-MDを使っていました。今回は事情として、私が録音しながらステマネをやる=録音室は3階でホールは1階なので、本番中に録音機材に触れる人がいない=メディアの収録時間が一杯になったら、それですべておしまい。そして公演時間は2時間を越える予想。
 つまり、CDへの録音は不可。DATレコーダは会場に無いし、自分でも持ってない。手持ちのPCは長時間録音に耐えられるかが非常に怪しいし、そもそも音質上でかなり問題あり。

 そこでHi-MDレコーダを持ち込んで録る事にしたんですが、1GBディスクを使えば普通のMD並かそれ以上の音質で8時間弱も録れる! これは大きな安心感でした。最悪ぜんぜん本番中に機材に触れなくても、最初の公演の前にStart、2公演目の後にStopさえすれば大丈夫なんですから。

 ポータブルのを一台持ってるんですが、去年ドイツで手に入れて以来すっかり気に入ってます。バッテリの充電は35分で完了するし、稼働時間も申し分ない。ちょっと無理して買ったけれど、いい買い物だったんだなぁ…


 そんなわけで、仕事がいったん終わりました。10/01には神戸入りし、11日まで国際芸術祭関連で通訳やら録音やらのスタッフをやってきます。戻ってきたら、コンサートの録音を編集してCDにする作業を進める、というのが今後のとりあえずの予定です。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-09-30 00:56 | Music & Art
d0014524_23155084.jpg


As a friend of mine whom I met in Freiburg came to Yokohama, we went sightseeing in the city together. Though I live in Yokohama-City, but I don't go to the city central at all. So it was also interesting for me, too.

 Freiburgに住んでいるときに知り合った北海道在住の友人が横浜に来ていたので、これを機とばかりに2人で横浜の市内観光をしていました。私も一応は横浜市在住なんですが、市の中心部になんてぜんぜん来ないもんですから、市民の私にとっても結構おもしろいものになりました。


Yesterday I thought that we'll walk from Yokohama station to China town by foot, but I noticed today in the train, "It's too far." The distance is about 3 stations by train.
Therefore we planned that we go only till where we can reach, and then we started. As we don't meet about 2 years long, we had a lively conversation, and we noticed...
We walked through Minato-Mirai area 21 and Yamashita-Park and got to China town at the end.

 昨日の時点では横浜駅から中華街まで歩こうかと漠然と考えてたんですが、今日ふと電車の中で「あぁ、こりゃ遠いな」と気が付きました。この距離ってのは、JR線の駅3つ分に相当するんですよね。
 そういうわけで、まぁとりあえず行けるところまで行こうかと歩き始めたんですが、約2年ぶりに会ったこともあり話がはずみましてね、で、ふと気が付いたんですよね。
 どうも私たち2人は、みなとみらい21地区、山下公園を通り抜け、最終的に歩いて中華街に着いてしまったのでした。


After we visited some places in that area, we arrived at Osanbashi (Great Pier). I didn't know that this pier is so great. Not only because of its size but also its form as a structure. The all surface is made of wood, and its form is like a wave or a creature. (They say it comes from a whale.) This pier is really cool... And the inside is also beautiful, I think. See the photo of the mail hall (immigration lobby) below. (Click to see a larger view)

 幾つかの場所を周った後、最終的には大桟橋にたどり着きました。いやぁ、この大桟橋がこれほどスゴイとは知りませんでした。その大きさもですが、その構造物としての形がスゴイ。外観は木で覆われていて、その形はなんというか波のような何かの生物のような。(資料によると鯨を模しているらしいです) 特に階をつなぐスロープの処理が、うまいなぁと思いました。う~む、かっこいい。そして中も美しい。下に出入国ロビーの写真を入れておきます。(クリックすると拡大します)
d0014524_23502191.jpg



Just then there were many people on the pier, and all of them watched same direnction. What's there was...

 ちょうどその時、何やら桟橋の上に人だかりが出来ていて、みんな同じ方向を見ていたんです。さぁ、そこにあったものは…



d0014524_23562726.jpg


!!!



" Asuka II " The greatest ship in Japan.
日本最大の客船「飛鳥II」
d0014524_2359028.jpg

Click to see a larger view
クリックすると拡大します


ちょうど出港まで見られたんですが、目の前で横倒しの高層マンション(例えが悪い)が走り出す様は、なんか迫力ありました。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-09-23 00:06 | Report (Japan)
 家の手伝いと言うのか何と言うのか、幼稚園の紹介映像&パンフレットを制作中です。こういうグラフィック仕事は、慣れてないのと久し振りなのとで、だいぶ頭を使います… でも凝り固まった頭をほぐすには、たまにはこういうのも良いもんです。

 映像制作のソフトなんて持ってないのでWindows Movie Makerのお世話になってるんですが、大まかには良いものの、細かいところのクセが強くて使いづらい。特に字幕を入れるとき、勝手に文字サイズを変えたり、勝手な(しかも美しくない)位置で改行を入れられるのが、イライラを募らせるんですよね。仕方ないから文字だけ別のページにして、別のソフトで一枚の絵として作ってから取り込みなおしたり…
 まぁほとんど写真のスライドショーみたいな映像をこれで作るってこと自体が、本来の用途からは外れてるのかもしれませんが。

 iPhotoとかiMovieだと少しは気持ちよく作れるんだろうか…

 パンフレット作りも、色々不慣れ。もともと経験も少ない上、大学で使ってた「Illustlator」ではなく、「花子」で制作。どっちもドロー・ソフトなんで基本は一緒ですが、勝手が微妙に違ったりして、試行錯誤しながら作ってます。でもまぁ、慣れの問題なんでしょうか。



 全くもって個人的な話になりますが、度重なる出掛けで先延ばしになっていたバイトを、ようやく始めることにしました。
 日本に戻ってきて、しかも実家に住む事になり、言ってしまえば何もしなくても生きていけてしまう状況にあって、そこで基本的に家にいる生活というのは、こりゃ精神衛生上とてもよろしくないなぁと身に染みてきております。肝心の創作意欲まで削がれてる気がする。なので外に出なきゃいけない環境を作ることにしました。(あ、もちろんお金も少し稼ぎたいんですけどね。) 創作の時間は限られてくるのだけど、いっそ限られたほうがON/OFFが出来て、むしろ良いのかなとも思うし。
 そういうわけで、説明会の予約をしました。各種イベント会場に派遣される予定。思いっきり下働きでしょうねー。でも仕事は、10月半ば、神戸の国際芸術祭から帰ってきてから。


 とりあえずは手元の仕事を仕上げて、来週金曜は例のizuruのコンサートです。どうも私は制作(創作?)の現場仕事をするなり旅に出るなりして新鮮な空気を吸い続けないと腐ってしまう体質のようなので、こういう機会を増やしていかにゃ、と思う次第です。


 以上、映像がほぼ出来上がった日本時間午前4時。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-09-20 04:01 | ひとりごと
Sorry, only in Japanese...

 本日、東京・世田谷区で筝(琴)のワークショップに参加してきました。といっても演奏を学ぶワークショップではなく、作曲家向けの演奏法解説うんぬんのワークショップでした。このワークショップ自体は今回が最初では全く無く、毎回色々なテーマで開かれていたようです。

 利賀と武生で良い人に会えたおかげで、私のところにもこういう情報を色々回してもらえるようになり、いや~何というか有り難い限りです。音楽関連の人と知り合う場も格段に増えました。(まぁ音楽とはいっても、その中のさらに狭いところでしょうけど。) それに今まではっきりいって未知の世界だった現代音楽とそれを作る人たちの世界が、ずいぶん身近になってきました。いま「身近」って打とうとしたら「MIDI化」って変換されました。さっすがIME。素晴らしい発想力。


 今日は、実際に筝&ヴィオラの演奏家、声楽家を招いて、何人かの作曲家(勉強中の人)から出された作品例を実際に演奏してみて、楽譜でこう書かれたものが実際にはどんな音になるのか、あるいは「こんな演奏法はできるのか?」などの検討・考察をしていました。

 筝の弦で駒の反対側に指を押し込み音程を高くする奏法がありますけど、それをバンバン半音階用に使うなんてこともよくやってました。弾くほうは大変そうでしたけど。弾きながら駒をグイッと動かしてポルタメントを掛けるのなんかは、その手さばきの見事さに見とれてしまいました。

 印象に残ったのは、ハーモニクス奏法。Vn Vla Vc なんかではよく使ってますが、振動する弦の途中(1/2とか1/3の部分が多い)を押さえて、基本振動を消して倍音を響かせる奏法です。当然といえば当然なんですが、筝でも出来るんです。非常に透き通った、美しい音が出ていました。

 話は記譜法にも及びます。楽譜というのは、建築や造形の設計図であり、演劇や映画の脚本みたいなものです。よって、やはり「どう書いたら通じるのか」という問題が常に付いてまわります。記譜法や注釈を駆使して、いかに演奏する人に作曲側の意図を伝えるか… そう簡単ではありません。
 今日もずいぶんと記譜法についての話題がありました。演奏する人も作曲した人も実際にその場にいるので、どうやったらお互いの理解がしていけるかを話し合う絶好の場になっていたと思います。


 私はまだ「お客さん」でしかなかったけれど、早くこういう場を「利用できる」ようにならんといけませんね。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-09-13 22:40 | Music & Art
As I was in Toga, I heard that there is an international music festival in Takefu, and then I called the office of it whether I can visit it and whether I can do some jobs. At the next morning I got on the train and went there. Yes, everything was so suddenly.

まだ利賀にいた頃に、武生というところで国際音楽祭があるぞという話を聞きました。急いで事務所に電話を掛け、行ってもいいか、あるいは手伝いでもいいから何か仕事が出来ないかと聞いてみて、翌朝には列車に乗り込んで現地入りしました。そう、すべては驚くほどの急展開でした。

d0014524_8394477.jpgd0014524_8395234.jpg

Takefu is in Fukui-prefecutre, and this Takefu international music festival is 18th in this year. Its term is 8 days, and it's held basically at Echizen culture center and also at some other places in the city. There were 13 concerts and 9 outreach concerts.

この武生国際音楽祭は福井県の武生(越前市)で開かれており、今年で18回目。8日間に渡り、越前市文化センターを中心に町中のいたるところを使って開催されています。メイン・コンサートは計13、町中へ繰り出しての出張コンサートは9つに及びました。

d0014524_934499.jpgd0014524_935382.jpg

Outreach concerts were held at many places in the city. For example, at a temple, soba shop (noodle restaurant), Japanese restaurant, bank, public library, etc. Not only classical but also modern music were played there, but many audiences had deeply listented to the music, even there were many old people.

出張コンサートは、町中のいたるところで開かれてました。例えば、寺院、そば屋、料亭、銀行、図書館などなど。クラシックばかりでなく現代音楽も演奏されていたのですが、お客さんはお年寄りも多かったにも関わらず、みなさん結構聴き入っておられました。
ちなみに銀行は通常業務中のカウンター横でやりました。何も知らずに入ってきた銀行のお客さんが、そのまま足を止めていく姿が随分見まれましたね。

d0014524_916873.jpgThe special point of this music festival is that there are also a composition workshop and a master course for musical instruments. Some composers and musicians came from asia and europe, and they hold workshops for a week. Most of all students were Japanese, but some of them were from China and Korea.
These composers, players and students also hold some concerts in the festival, they showed the audience their works and plays.

この音楽祭のおもしろい点はというと、作曲と楽器演奏のワークショップがある、ということ。何人かの作曲家や演奏家がアジアとヨーロッパからやって来て、一週間のワークショップを開いてくれました。学生の大部分は日本人でしたが、中には中国や韓国からやってきた人も。
これら作曲家・演奏家・学生のコンサートも幾つか開催され、作品や演奏をお客さんに披露していました。


Otherwise, my jobs were variously: English & German translator, transporting musical instruments and other baggages, concert recording & CD making, photos, videos, etc. I also repaiered a bycicle :-)

ところでところで、私の仕事というのも多岐に渡っておりました。英・独語の通訳、楽器&荷物運び、コンサートの録音&CD制作、写真撮影、ビデオ撮影などなど。自転車も一台修理しました(笑) 突然舞い込んだ割には、結構役に立てたんではないかと思います。


I could also heard a really nice concert there. The concert was: Nobuko Imai (Viola) + Kei Itoh (Piano). How can I say... I don't remember what and how they played. I don't know whether their playing was good. But I can say, the concert was really wonderful.
I don't know why, but I reminded many many happy memories, and I was totally full of them during the concert.
I saw nothing during it. I heard almost nothing. But I felt happiness.

素晴らしいコンサートを一つ聴くこともできました。そのコンサートというのは、今井信子氏(ヴィオラ)+伊藤恵氏(ピアノ)の2人によるもの。なんと言うんでしょうか… 何の曲をどう演奏したかなんて、全然覚えていないんですよね。演奏が上手かったかどうかすら、私には分かりません。ただいえるのは、そのコンサートは確かに素晴らしいものであったこと。
何故かはわかりませんが、幸せな、本当に幸せな記憶が次から次へと蘇ってきて、コンサートの間中ずっとその記憶と幸福感に満たされていました。目をつぶってたから何も見ていないし、ほとんど何も聴いてる意識がありません。でも、幸福感は確かに感じていた、と。
とてもとても不思議な体験でした。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-09-11 09:56 | Music & Art
 先日ちょっとしたお仕事を頂きました。利賀に武生にと出掛けまわっていたおかげで、出先で知り合った人から声を掛けてもらいまして。

 今月末、9/28に東京・杉並のsonorium(←写真も載ってます)というちょっと不思議で小さなホールでコンサートがあり、そのステマネ(Stage Manager)を引き受けることになりました。ちゃんとしたステマネ仕事はこれが意外と最初なので、きちんと予習(というか事前計画?)をせにゃいかんなと思っております。

 そのコンサートというのはizuruという能楽をベースにした芸術団体の企画で、izuruのHPのNEXTの項目に載っている「音楽×音曲」というコンサートです。現代音楽と能楽のコラボレーションとして、計6人の作曲家が作品を発表します。何かと名前は聞いていた現代音楽の作曲家・湯浅譲二氏も作曲&特別監修をやっているので、ついに本人とご対面するのですね。

 何で私に話が来たかというと、6作品発表のコンサートを一日に2公演するため、テキパキと仕事をやれる、なおかつ声の大きい(謎)男が必要だったとかで、たまたま関係者に利賀村で知り合い、更に武生でも偶然会い、仕事っぷりを見て、あ、こいつなら出来そうだ、と思ったらしいです。
 きのう打ち合わせに行って事務所の人達とも会ってきたんですが、お互いに良い感触を覚えていたようです。あ、この現場は楽しくなりそうだ、って(喜)。


 残念ながら(いやいや喜ばしいことに、でしょ)チケットは完売直前(一般が僅かのみ)なのですが、また本番を終えたらレポートをお届けしようと思います。数年ぶりにスーツを着るみたいです、私(笑)。


 更にもうひとつ、来月10月上旬は神戸に行きます。武生国際音楽祭を紹介してくれた人が中心になってやっている「神戸国際芸術祭」というのがありまして、また十日ほど泊り込んでスタッフをやってきます。色々と顔を出せば色々な人間に会えるので、今のうちに人脈を広げておこうと思います。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-09-09 13:27 | Music & Art
d0014524_1051987.jpg

There was an international performance arts festival which has continued more than 20 years in a small village "Toga" in Toyama. The village Toga stands deep in the mountains in the south west from Toyama-city and it takes 30 minutes by train and 1 more hour by bus. I'd like to say something more: There are only 2 bus services a day.

利賀フェスティバルという20年以上続いている国際演劇祭が、富山県の利賀村(南砺市/なんとし)で開かれていました。利賀村というのは富山市の南西の山奥にありまして、列車で30分、更に乗り換えてバスで1時間ほどかかります。付け加えておくと、バスの運行は1日2本です。

What I have done is an "Inter-Seminar". Many students and professors from 10 universities came there, and some of them did a workshop (lecture) of art & culture management, some of them helped the job of the festival, and others perticipated in a workshop of performing arts, and all of them watched many performances (theater) together. I was by the art & culture management class.
Otherwise, I'm no more student of university, but it's no problem. I was there as OB, and I was there also 3 years ago. As I had great interest, it was OK.

d0014524_11252419.jpgd0014524_11285227.jpg
私が参加してきたのは「インターゼミ」。全部で10の大学から学生と教員が集まり、一部は芸術文化マネジメントの勉強会、一部はフェスティバルの仕事の手伝い、一部は演劇ワークショップに参加しながら、みんなで芝居を見る、というものでした。ちなみに私がいたのは、芸術文化マネジメントの勉強会でした。
ところで私はもう大学の学生ではないんですが、まぁそんなの大丈夫です。OBとしての参加であったし、3年前にも参加してましたし。とても興味を持っていたから、それでいいのです。


It was really a good chance that I could watch many performances only in a few days, that I could hear lectures of professors from many universities even I'm no more in the university, and that I could meet and talk with many students and professors. It might not be so, if I lived normally in the university and graduated normally :-)

いやぁ今回は短期間に数々の芝居を見られ、色んな大学の教授から講義を聴け(大学生ではないのに)、そして沢山の学生や教授と知り合え話ができたという、ほんとに良い機会でした。これ、普通に大学生活を送って普通に卒業してたら、無かったかもしれませんね(笑)
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-09-07 11:45 | Music & Art
d0014524_1533253.jpg

Sorry that I haven't written this blog in English for long time.
2 weeks ago I was in Hida-Takayama, a great place on the mountain. The city Takayama stands on the mountain in the middle of Japan. It takes 2.5 hours from Nagoya (4 hours from Osaka) even with express train. But this city is really nice place to visit.

ちょこっと前に載せてましたが、2週間前に飛騨高山に行ってまいりました。高山は岐阜県の山奥にあって、特急電車を使っても名古屋から2時間半、大阪から4時間以上かかる場所にあります。しかしわざわざいく価値のある、なかなか素晴らしい町でした。


d0014524_15382061.jpgThe view from the way to Takayama was so beautiful. The train runs through the forest by the river "Hida-gawa". It took 3.5 hours from Gifu, as I went with local train, but that long time was also good.

高山までの道程というのも美しくて、列車は山の中を抜け、飛騨川沿いをひた走ります。普通列車で行ったせいで岐阜からでも3時間半かかりましたが、それでもとても良い時間でした。


I arrived in Takayama about 18 o'clock and I looked for a hostel, then I went outside to eat something. But what's amazing was... Shops and restaurants which were opened were only Ramen(noodle)-restaurants, bar and some souvenir shops. It was not so easy to find a restaurants where I can eat dinner.

高山に着いたのは18時頃。宿を探しまわり、ようやく夕飯を食べようと外に出ました。これが驚いたことに、ラーメン屋と飲み屋、一部の土産物屋くらいしか開いてない! 閉店時間の早いこと早いこと…


Many shops close at early evening, but they open very early morning! There are two morning-market in Takayama, and they open at 6 o'clock. Some other restaurants open also at early morning.
I noticed an amazing thing there: There were really many foreigner at the market. Some were from Europ, and some were from South-America, and so on. I think it's not easy to come here, as Takayama is so far away from airport. But they come here. That means: Takayama has great chams that many people want to visit her.

ほとんどの店が夕方早く閉まってしまいますが、逆に朝は早い! 高山には2つメインの朝市があって、開店は朝6時。それ以外の普通の料理屋や店でも、朝早くから開いている店が幾つもありました。
さて、ふとある驚くべきことに気付きました。それは… 外国人がめっちゃ多いこと! ヨーロッパ圏から来た人、南米から来た人、色々色々ほんとによく来たと思います。空港からはるか遠くにあることを考えても、彼らにとってここに来るのはラクじゃないはずです。そもそも、よく飛騨高山を知ってたなぁという話で。でも、彼らは実際に来ているんです。それって、高山がほんとに何か魅力を持っている、という事ではないでしょうか。遠い道のりでもわざわざ行きたくなってしまう魅力を、この町が持っているというのは、とてもスゴイことだと思います。


d0014524_1665784.jpgYou can see many traditional houses at "Hidano-Sato(Hida Village)". We Japanese can not see them often. It's of course better that you visit Shirakawa, where you can see real houses in which some family really live.
「飛騨の里」という場所があって、ここでは本物の合掌造りの家が見られます。白川郷のは正真正銘本物ですが、こちらはダム建設のために移設したものだから生活している場所ではありませんが。
それでも、なんというか存在感のある家構えでした。本当に。薄っぺらい木の板で作った家とは根本的に違う、生命感すら感じるような建物で、こうして保存する価値ってのは大きいなぁと思いました。



I recommend you that you come to Hida-Takayama. It's also valuable to see the sights (streets and houses) in the city. The atmosphere is really different.
最初の写真が町並みですが、町の通りの雰囲気すら独特な飛騨高山、一度来てみることをお勧めします。

more photos : Slide Show
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-09-05 16:18 | Report (Japan)
d0014524_11385452.jpg

 ここんとこ連日で録音スタッフ(+写真撮影)やってます。とは言ってもマイクの仕込みはしてあるので、私の仕事はタイミングを読みながらレコーダを回すだけです。とはいえ3台同時録音(メイン:DAT×1、1曲ごとのサブ:CD×2)なので、曲と曲の間なんかは割とバタバタするんですが。
 ちなみに今日は小さい方のホールで、コンサート2本・計4時間の録音です。

 メイン・ホールではプロの方と組んでやってるんですが、今日は私一人で音響室に陣取ってます…

 ここ数日は朝から晩まで14時間労働で、さすがに少しずつ疲労してきた感もありますが、特に昨日のVla.+Pfのコンサートは最高で、本当に心が満たされるようでした。あれを聞けただけでも、来た甲斐がありましたね。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-09-01 11:38