<   2007年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 福井県越前市で開かれている、武生国際音楽祭(http://www.takefu-imf.com)に来ています。メイン会場のコンサートを中心に、作曲Workshop、弦楽器の個別レッスン、街中の蕎麦屋や料亭、お寺などでのアウトリーチ・コンサートなど、8日間に及ぶプログラムです。国際というだけあって、作曲家・演奏家も外国から多く来ています。

 人づてで紹介して貰ったこともあり、ありがたい話ですが、音楽祭の運営で一番重要な人の家に泊めてもらっています。しかも奥様の手作り弁当付き(涙)。
 さらにスタッフとして仕事をしているから、コンサートなども無料で聴かせて頂いてます。ワークショップにあまり顔を出せないのが残念ですが、音楽祭の裏側を詳しく聞く事ができて、とてもいい勉強の場です。

 仕事は多岐に渡り、通訳(英独)・プログラム販売・自転車修理(笑)・録音・写真撮影・楽器運搬・その他裏方全般をやってます。おかげで文化ホールの事務所のみなさんとはすっかり顔なじみになりました。

 あと4日、まだまだ経験を積ませていただきます…
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-08-30 07:58
d0014524_14453034.jpg

富山・利賀国際演劇祭を鑑賞しつつ、文化政策マネジメントに関わる学生の合同ゼミをする、というインターゼミは、今回で5回目。私は3年ぶりの参加となりましたが、今回はなんと10大学から、教員・学生・OBが集まりました。朝から昼過ぎはゼミ、夕方から夜は芝居鑑賞と、かなり贅沢な内用。ゼミではいろんな大学の教授から研究発表を聞け、芝居も計5作品見られました。

さてその利賀を出発するんですが、今度は急遽、福井県の武生である国際音楽フェスティバルに一週間ほど参加してきます。ここ利賀で知り合った教授の紹介で、手伝いスタッフとして参加出来る事になり、昨日決まって今日がもう開催日です(笑) 人脈や成り行きとは、なんと不思議なものだ。

そういうわけで、まだしばらくネットを使えるか分からないので、この記事も携帯電話から更新したまま放ってますが、おゆるしを。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-08-26 07:01
d0014524_14455741.jpg

これより4日間の演劇祭とインターゼミの開始です。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-08-23 16:41
d0014524_14462574.jpg

飛騨高山に来ています。明日から富山・利賀村で、あるゼミに参加するって事で、移動ついでに途中の高山にも来てみた、というわけです。写真は朝市の様子。

十数年前に一度来てるはずなんですが、町並みを見ても全然思い出しません(笑)

昨日通った高山本線の飛騨川沿いの景色は素晴らしかった。それから高山は涼しいので、夜もぐっすり眠れます… 久しぶりに夢までたっぷり見ました。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-08-22 07:45
 どうにか帰ってきました。横浜を出発して、中央線・関西線など内陸を重点的に周り、甲府・小淵沢・中津川・名古屋・亀山・法隆寺・大阪・小倉・田川を経て福岡へ、さらに宮崎まで往復し、八女・大宰府にも足を伸ばし、福岡を出てからは淡路島に立ち寄って、ようやく横浜まで帰ってきました。

 経路を図に示すとこんな感じです。
d0014524_16325160.gif

 終わってみれば、実に2週間半に及ぶ日本放浪の旅。いままで知らなかった場所も色々周れたし、日本を堪能する旅になりました。

 近々おもしろかった場所をピックアップする特集をやろうかと思いますが、とりあえず写真だけ掲載しています。今回は合計450枚ほど撮ってました(汗)が、75枚だけピックアップして載せています。スライドショー機能もあるので、ぜひぜひ。


:: Werkstatt ::
/ Photos

スライドショーはこちら
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-08-17 10:27
Miyazaki / 宮崎
d0014524_18543740.jpgd0014524_18544993.jpg

Tachibana, Yame / 八女・立花
d0014524_18555515.jpgd0014524_1856741.jpg

Dazaifu / 太宰府
d0014524_18565141.jpgd0014524_1857311.jpg

Fukuoka / 福岡
d0014524_1857281.jpgd0014524_18573991.jpg

 宮崎ではJugendseminarで一緒だった3人が再会、宮崎人のひとの家族や知人さん達にさんざんおもてなししていただきました。噂の「冷や汁」も頂き、海から山まで各地を廻りました。宮崎をちゃんと堪能するのは、実は高校生の修学旅行以来でこれが2回目。宮崎市内に入るのは初でした。さらに帰りのバスではちょうど久留米の花火大会が見え、なかなか美味しいオマケになりました。

 八女は大学時代にさんざん通った場所。八女の父ちゃんなる人物すら存在し、福岡と合わせ第二の故郷みたいになってます。町にも知り合いは多く、酒屋(朝日屋)さんからは日本酒の差し入れまで頂いてしまいました。福岡に来たら、ぜったい八女にも寄らないかんです。
 なんの偶然か、ここでも「矢部川物語」なる花火大会に遭遇。この旅のなか、3度目の花火大会です…

 帰りがけに寄った太宰府。炎天下で歩き回るのは酷でしたが、冷たい煎茶が美味しかった。ドイツ帰りでこういう日本建築や日本文化に触れると、やっぱり何か不思議な気持ちになります。

 さらに時間があったので、地下鉄一日券を買って、福岡を巡りました。猛烈な日差しでしたが、七隈線の終点・橋本から、貝塚線の終点まで渡り歩いてみると、ずいぶんな違いを感じます。余談だけれど、貝塚界隈の空気は汚いと思う。

 さて明日には福岡を出発し、旅はまだまだ続きます…


P.S.
Special Thanks : オチミノル  …ですね、今回は。
連日泊めていただき、ありがとうございます m(_ _)m
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-08-10 19:02 | Japan Exkursion
Day 01

大船 → 名古屋
経由: 茅ヶ崎・橋本・八王子・高尾・甲府・小淵沢・塩尻・中津川
(東海道本線・相模線・中央本線)

OFUNA -> NAGOYA
Via: Chigasaki, Hashimoto, Hachi-Oji, Takao, Kofu, Kobuchizawa, Shiojiri, Nakatsugawa
(Tokaido-Mainline, Sagami-Line, Chuoh-Mainline)

d0014524_15422031.jpgd0014524_15423358.jpg
d0014524_1543444.jpg


Day 02

名古屋 → 新大阪 →
経由: 亀山・加茂・法隆寺・大阪
(関西本線・大阪環状線・東海道本線)

NAGOYA -> SHIN-OSAKA ->
Via: Kameyama, Kamo, Horyuji, Osaka
(Kansai-Mainline, Osaka-Kanjo-Line, Tokaido-Mainline)

d0014524_15534742.jpgd0014524_1554772.jpg
d0014524_15543511.jpgd0014524_155503.jpg


Day 03

→ 小倉 → 博多
経由: 田川後藤寺・新飯塚
(日豊本線・日田彦山線・後藤寺線・福北ゆたか線・篠栗線)

-> KOKURA -> HAKATA
Via: Tagawa-Gotoji, Shin-iizuka
(Nippo-Mainline, Hita-Hikosan-Line, Gotoji-Line, Fukuhoku-Yutaka-Line, Sasaguri-Line)

d0014524_15561470.jpgd0014524_15563330.jpg
d0014524_1557232.jpgd0014524_15571264.jpg


 今回あえて内陸部を選んで移動しました。東海道本線・山陽本線・鹿児島本線で行くのが一番短いルートなのですが、こうして一歩中に入ったルートを通ると、「まだまだ日本にも自分が知らない場所がたくさんある」という当たり前の事に気付かされます。日本なのに、自分にとっては非日常的な空間。もちろんそこに住んでいる人にとっては日常以外の何物でもないのですが。

 中央本線が走る内陸・山岳部の景色、名古屋から奈良へ抜けていく静かでゆっくりな雰囲気、そして田川を中心にかつての鉱山や現在もセメント工場の並ぶ地域。「日本」とひとくくりにするには、あまりにも空気感の違う場所がそこにはありました。

 さらに福岡に着いた日の夜、大濠公園の花火大会を見た後ですが、ちょっとした手違いから博多湾の愛宕浜(早良区?)で野宿することになりました。目の前は漆黒の海。そして海の向こうには福岡ドームやシーホーク、福岡タワーが輝き、はるか遠くには海の中道の光がまたたく夜。福岡に住んでいた頃には、ほとんど見たことのない真夜中の景色。
 そして朝4時から釣り人達がやってくるというのも初めて知ったことであったし、そんな時間に釣り人のおじさん達と話すなんてのも、これが最初でした。


 当たり前ですけど、私が知ってる日本なんて、ほんとごく一部に過ぎませんよね。ですから、これからも機会がある限り色々な場所に立ち寄って、自分の足で見聞を広げていこうと思うのです。


 大学に足を伸ばすと、また面白い人物達に出会えます。工房の技官・津田さんは、それこそ在学中には接点の少なかった人なのですが、なぜか今では一緒に昼ご飯を食べ、デザイン論みたいな事をしゃべる仲になっていたり。
 昨日の晩には、愚かにも台風の中を仲間と飲みに行きました(笑)。集まったのは平面デザイン、映像制作、建築、音楽とまさに異文化・異業種のメンバーでしたが、とても話していておもしろい時間になりました。「ものをつくる」という意識を共有しているからこそ、その方法論が違っていても、不思議なほどに話が合うんだろうなぁと思います。そして、いまだにこうして話が出来るような仲間に出会ったということは、本当に価値あることなんだなと思うわけです。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-08-03 15:43 | Japan Exkursion