<   2007年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Sorry, I write this article only in Japanese...
If I can, I translate it someday.

 だいぶ時間が経ってしまいました… ZEGGでやったコンサートの録音CD制作やら、友人の結婚式用曲の制作やら、なんだかんだで余裕がなくなっておりました。久々に落ち着いてきたので、続きを書きます。ただ日本語のみですが。

 ZEGGでのフェスティバル中、様々なワークショップも開かれていました。ダンス系、芝居系、音楽系、映像制作ものなど各種ありまして、指導にあたる人も世界各地からやってきておりました。パントマイムのコロンビア人は、なかなか面白い人だった。見た目は単純に面白いのに、中にどんな深い世界があるのか見えなくて、どこか不思議な空気感のあるひとでした。

 さて私が参加していたワークショップは、"Passion for Klezmer Music"というタイトル。Klezmerっていうのは、ユダヤの音楽形式のひとつらしいんですが、プロのクラリネット吹きのヘルムート氏 / Helmut Eisel が中心になり、音楽の空気感を掴むワークショップになりました。

 ワークショップ中では、まず音楽の中にある「対話」を体感していきました。音楽には(メロディーの中にも)対話というか呼応というべきものが潜んでいます。実際に自分でも作曲するので、このヘンはよく分かるのですが、このワークショップは驚いた。
 はじめは全員声で即興フレーズを編み出していく。「即興なんて一度もしたことない」っていう人が多数いたワークショップなのに、人から人へフレーズがどんどんつながっていく。もちろん全て即興。部屋の空気感が、「即興」というものに対する距離を縮めていました。

 楽器を持っている人は、徐々に声→楽器へと意識を移していく。自分のイメージと実際の音をつなげていく練習をしながら、楽器と楽器での対話をやっていきました。

 続いて「音階」「リズム」のイメージを体の中に染み込ませていき、たとえばユダヤの音階がどのような響きなのかを、感覚だけで捉えられるようにする。そうすると、それに乗って案外自由にフレーズを紡ぎだせるようになるもんです。

 何が驚いたかって、即興のド素人ばかりなのに、みんなあっと言う間にコツを掴んでしまったところ。指導をしていたヘルムート氏の裁量に、びびってました。私も以前、何人かに「簡単だから」と教えたことがあるんですが、こうも滑らかには伝えられませんでした。

※ちなみに今回使った音階は、Dを基音に
D  E♭  F♯  G  A  B♭  C  D
でした。


 ワークショップは、とてもいい雰囲気で4日間続いていきました。随分と音楽の本質に迫るものだったのだけれど、それをストレス感なくやっていたあたり、何だか興味深いです。私が小・中学校で受けてきた音楽教育なんて、印象としてストレスばっかりでしたから。一気に本質に迫れる授業って、なかなか無い気がします。(写真はワークショップ参加メンバー。中央の2人並んでるうち上の人がヘルムート氏)
d0014524_2201913.jpg



 さてそのワークショップから派生したものがあります。指導をしていたヘルムート氏が、前々からよく組んでいた2人を加え、フェスティバルの期間中にコンサートを開く予定がありました。
 ところがワークショップで私を見つけ気に入ってくれて、急遽ながらピアニストとして参加することが決定。「明日の夜なんだけど、いい?」と言われ、彼の才能に惹かれていたこともあり、もちろん快諾。即興コンサートだから、ほぼぶっつけ本番でやりました。
 最終的には更にもう一人、うちJugendseminarのスタッフ一人もドラムで参加し、クラリネット、ヴァイオリン、チェロ、電子ピアノ、ジャンベの5人でのコンサートになりました。

d0014524_2204434.jpg

 コンサート会場はZEGG内の”KunstCafe/アートカフェ"という場所。コの字の壁に屋根だけ付いてる半屋外型の会場で、当日はしとしと雨でした。
 …が、会場は大盛り上がり。即興音楽っていうと、何だかよく分からん、というイメージもあるかと思いますが、会場からは大歓声まで上がる始末。1時間に及ぶ即興コンサートは、客側も演奏側も大満足で終わりました。


 おまけですが、コンサート本番中に決まって私の曲も演奏しました。本来はピアノ+ヴィオラの"ein Gedicht des Regens"ですが、今回はピアノ+クラリネット即興ヴァージョン。本番前に遊び程度でちょろっとだけ合わせてはいましたが、やる予定は無かったので、ほぼぶっつけ本番。ところがこれがまた良い仕上がりになりました。ヘルムート氏はさすが、転調にもあっと言う間に付いてくるし、曲の流れを掴むのが本当に早いし上手い。クラリネットという楽器をまさに自分の手足のように「使いこなしている」ようで、さすがプロやなぁと思ったのでした。

 久々に本当に音楽をやれた気がして、とても幸せなコンサートでした。


→期間限定で"ein Gedicht des Regens"の録音を公開しています。HPのトップページからアクセスできますので、聞い方はぜひ感想なんぞも書いていってもらえると、作者はとても喜びます。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-06-21 22:05 | Jugendseminar
番外編ですが、スイスの山の写真を載せておきました。
スイスの山岳風景というのは、いつ見ても目を見張るものがありますなぁ。
>>HPのトップページかINDEXから、Photosへどうぞ。

You can see photos of a mountain in Switzerland.
>>You can find this page from Top-Page or INDEX of homepage.

:: Werkstatt ::
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-06-08 14:45
ZEGG is in Belzig, and the city Belzig lies 50 - 60 km south west from Berlin. It took 8 hours from Engen to Belzig by car. As Belzig was once in East Germany, the atmosphere of the city is also a bit different from cities in West Germany.

ベルリンから南西5、60kmのところにあるBelzigという町にZEGGはあります。エンゲンからは車で8時間ほどかかりました。Belzigは旧東ドイツの区域内で、やはり町の雰囲気も西側とはちょっと違う感じでした。


Maybe it'll be asked, "What is ZEGG?" ZEGG means "Zentral für Experimentalle GesellschaftsGeschtaltung / Central for experimental society structuring", and about 80 persons live there in ZEGG. It's also like a village, and they are trying how they can make the life of humanbeings much better.

たぶん「ZEGGって何だ?」という疑問が出ると思います。ZEGGとは "Zentral für Experimentalle GesellschaftsGeschtaltung / 実験的な社会共同体構築の本部" の略称です。ちなみに有限会社扱いらしいです。現在およそ80人ほどがZEGGの中で暮らしています。ちょうど村のようであり、その村の中で人間の社会/生活をいかによりよいものにしていけるかに挑戦しています。

d0014524_14525635.jpg


ZEGG has two important aspects: Ecology & Pilitics. There is a spring in the ground of ZEGG, and all of water which they use comes from here. After they use it, they gather all water to purify, and use that water for the field again. Their water recycling system is now a model case of the city. Their heating system is also special, but I forgot the detail...

ZEGGの大きな特徴は2つ、環境保護と政治。ZEGG敷地内には井戸があり、使う水はすべてここから供給されています。また使ったあとはすべて再処理プラントに回収され、畑の水として再利用されています。(堆積物も肥料として活用) この廃水処理システムは市のモデル事業になっているんだとか。暖房設備も特別なものらしいんですが、こっちは詳細を忘れました…


They are also trying how people can live together. They are seeking for new politic / goverment system. They use often "Art" for community, and also invent a unique style meeting. The most interesting thing which a woman of ZEGG said is, "Frei von Angst / Free from anxiety". To see oneself closely and to share informations and feelings in the community is the way to be free from anxiety. I can't explain this in short, but this theme is really interesting. The talk with her was also really interesting.

ZEGGの人間たちは、どのようにしたら人々が共同生活を営めるのかに挑戦しています。新しい政治、政府のありかたを探しているわけです。彼らはよく「芸術」を共同体の中で使っており、会議の仕方も独特なものを生み出しています。一度ZEGGのある女性と対談する機会があったんですが、一番興味深かったのは「恐れからの解放」でした。自分自身をしっかり見つめること、情報や感情を共同体の中で共有することで、怖がることはなくなってくる、というもの。ここで一言で伝えるのは非常に難しいのですが、とにかく興味深い話だった。そして、非常に納得がいった。


This time we participated in "Pfingstfestival". This festival lasts for 4 days, and there are some concerts and also some workshops which visitors can take part in. This festival is not only for public relations from ZEGG, but also a meeting point of the people who are interested in economy, community life, and also arts.

今回私達が参加したのは「Pfingstfestival」というイベント。4日間に及ぶ内容で、様々なコンサートや訪問客が参加できるワークショップが幾つも織り込まれていました。このイベントはZEGGの広報活動としてだけでなく、環境、共同体、芸術に興味を持つ人たちの集まる場になっています。実際、様々な講演会が開かれたり、ダンサーもパントマイマーも音楽家も、ずいぶん多彩なメンバーが来ていました。

d0014524_14533385.jpg


Next time, about the festival.
次回はフェスティバルの様子について。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-06-05 14:54 | Jugendseminar
I got back to Engen today.
Please waiting for the report!

今日エンゲンに帰ってきました。
どうぞレポートをお楽しみに!



Rainbow at ZEGG in Belzig
d0014524_555875.jpg

[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-06-02 05:55