<   2007年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 残酷な話を書いてしまうのかもしれませんが、いつも気になるテーマなので文章化してみようと思います。

 最近たまたまBSE(牛海綿状脳症)や癌について少し調べていて、久し振りに「アポトーシス(Apoptosis)」という言葉に出会いました。正確な定義は知らないのですが、「生物の細胞が、固体全体の形成または存続ために、積極的に死んでいく現象」のことです。
 分かりやすい例を挙げると、

・人間の体細胞のほとんどは常に新しい細胞に取り替えられており、古い細胞が死んでいくことで体全体が健康に保たれている。
・通常では癌細胞が生まれても、転移していく前に細胞が自滅して、体全体が死んでいくのを未然に防いでいる。
・胎児の手は初め水掻き状の膜があるが、水掻きの細胞が死んでいくことで指のある手が形成されていく。

 …といったところでしょうか。

 ただ「積極的に死んでいく」といっても、細胞が「私は死にます!」と言っているのかどうかは知りません。強制的に死ななければならない環境が何者かによって作られ、死んでゆくのかもしれません。


 人間はなぜ死ぬんでしょうね。そもそも生物はなんで死ぬんでしょうね。別に一代で何億年も生きていたっていいわけです。細胞は常に新しくできるんだから、必要なエネルギーさえ摂取できれば不可能ではなさそうです。
 ところが細胞核のDNAには、「○回分裂を繰り返したら、そこで死滅する」というプログラムが仕込まれているようだ、という研究があるようです。

 どういうわけか、生物というものは「生き続けていく」ことを目指してしまうようです。はるか数十億年前、最初の生命が誕生した瞬間から、どういうわけか「分裂・増殖」することがセットされているようです。そういう物体ができてしまったから、未だに分裂・増殖を繰り返している、とも言えます。

 環境は変わる。その変わった環境に適応しながら「生き続けていく」ために、古い個体は死に、新しい個体を作り出すことで、その環境の変化に対応している、と考えることが出来ます。そうまでしてでも、なんとかして生命として「生き続けよう」としている、とも言えます。(そんな機能が備わっちゃったせいで、未だに生命は存在している、とも言えます。)


 さて、人間の体の中のアポトーシスは、どうも人間の体が存続していけるために発生しているようです。(どういうわけかアポトーシスが起こるがゆえ、人間の体は存続している、とも言えますね。)
 この「人間の体」を、「人間」という生物種全体、あるいは「生物」という存在全体に置き換えてみると、どうなるのでしょうか。


 ここから、非人道的と言われるかもしれない、残酷かもしれない事を書きます。
(誤解を招かぬよう、読み始めた方は必ず最後まで読み通してください。また一部のみの記事の転用を禁止します。)


 人間が死ぬのは、老化だけではありません。病気の場合もあります。交通事故の場合もあります。戦争の場合も、殺人の場合も、飢餓の場合も、そして自殺の場合もあります。
 これを「アポトーシス」という観点から見てみるとどうなるのでしょうか。もしこの死んでいった人間達がアポトーシスの死であるならば、人間という種、あるいは生物という存在が生き続けるために、積極的な理由で死んでいった、と考えることが出来ます。
 言い方を逆にすると、こうして何らかの条件の人間が死んでいくことによって、人間という種が、生物という存在が生き続けている、と考えることが出来ます。

 つまり、ある何らかの条件の人間が死ぬということが、人間という種の存続のため、生命という存在の維持のためには必要不可欠かもしれない、と考えることができます。

 更に言い方を変えると、世の中に事故や戦争、飢餓、殺人、自殺が存在するのは、人間という種が、生物という存在が生き残り続けるための「調整作業」かもしれない、と考えることができます。

 だとすれば、「戦争のない世界へ」「世界から飢餓をなくそう」「自殺はよくない」といった発言は、ひょっとしたら人間全体、生命全体のためには的を得ていない発言かもしれません。もし戦争や飢餓、殺人や自殺が本当になくなったら、何か別の方法で「調整作業(アポトーシス)」が遂行されるだけなのかもしれません。そしてそれは、もっと深い悲しみを伴うものかもしれません。



 これはただの仮説です。なぜなら、生命の目的は(仮にそれがあったとしても)残念ながら絶対に客観的に判断することはできないのだから。何しろ、自分自身が今まさにその主体である生命なのですから。
 そして勿論、「戦争や自殺は無くしてはいけない!」と言うつもりも全くありません。ただ謎を解き、問題を解決していきたいだけです。

 そして、もし自分の大切な人が死んでいったら、とても悲しいと思う。


 この考え方を深めていっても、何がどう分かってくるのか、さっぱり予想もつきません。けれどもし、もっと死を深く理解できて、人や生物の「死」に正当な価値を与えることが出来れば、大切な存在を失った人の悲しみを、少しは和らげられるかもしれません。普段もはや意識せず殺している食用の家畜や作物にも、深い意識を向けてやれるかもしれません。死んでいく存在も、少しは納得しながら死ねるかもしれません。

 知恵や技術がどんなに深まっても、どんな事が起こる世の中になっても、大切にすべきものは、やはり大切なものであり続けて欲しいと願います。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-03-29 05:06 | 考えること
d0014524_16412239.jpg

 土曜日に絵画の授業がありました。このMalen mit Pigmenten(色素を使った絵画)は不定期で入ってくる授業で、今回が3回目。前2回のテーマは「中心」「明と暗」でした。
 部屋に入ると、出来てるよ~キャンバスが! 綺麗に白のベース色も塗られて! 前回の記事にも書きましたが、やはり40枚中ほとんどのキャンバス組み立てをやったので、よくわからん思い入れがあります。


d0014524_16414263.jpg 今回のテーマは、「Männlich / Weiblich(男性的/女性的)」で、縦長キャンバスに1枚ずつ描いた2枚セットを制作しました。授業時間の関係か、「男性的/女性的ってどんな感じ?」を深める時間が無かったのは残念でした。みんなそれぞれ、自分のイメージを描いていったようです。


d0014524_1642286.jpg ちなみに私の絵はこんなのになりました。キャンバスは350mm×850mm×2です。どうも筆というか絵というか、どうしてもまだ自分の手先にはなってくれないので、思うようには描けませぬ。まぁでも、絵を描く時間というのは嫌いじゃないので、これはこれでいいのかな、と。


 前回の真っ青とは随分違った絵が出揃いました。
d0014524_16422487.jpg


P.S.
夏時間に切り替わりました。
現在、日本との時差は7時間です。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-03-25 16:42 | Jugendseminar
 キャンバス40枚を作りました。土曜にある絵画の授業のためのキャンバスです。作るといっても、木枠は4つの部品を組み合わせるだけですけど。けれどキャンバス地を張り付ける作業というのは、張力をきちんと出しながら木枠にタッカ止めしていくため、それなりに技術がいるんです。それを計3時間強で40枚となると、技とスピードの勝負となるわけです。こういう技術力の勝負って、私はついつい本気になってしまいます(笑)。
 木を割った薪を積み上げるのも、ちゃんとやるには技術がいりまして、私がやるとまた本気になるから、整然と積みあがるわけです。朝の仕事で薪割りがあると、だんだんスタッフから指名で仕事がくるようにもなりました。薪積み上げ主任で(笑)。


 さて話は変わりますが、ここの学校には「Geburtstagerzählung/誕生日のお話」という行事があります。学校の誰かが誕生日を迎えると、その人が自分の生い立ちやら身の上やら、色々話して聞かせる会です。

 先日、そのGeburtstagerzählungがありました。
 でも、普段とはちょっと違う会でした。

 実はつい最近、この学校に掃除のおばちゃんとして来ていてくれた人がお亡くなりになりました。体調こそ崩していたものの、最後の最後まで働きに来ていたので、突然のこと、という印象が強かったです。

 それで今回の会が開かれました。

「こっちの世界では死んじゃったけど、それは魂の世界では生まれたってこと。体からも解放されてね。だから今日は誕生日のお話です。」

 おばちゃんにまつわる色々な昔話を、時には笑いながら、みんなで話しました。


 なんかいいですよね、こういうの。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-03-23 03:45 | Jugendseminar
d0014524_2122224.jpg
 エンゲンに雪が降りました。ようやく冬らしい姿を見られて嬉しいな、と思ったのですが、もう3月も下旬だし、もうすぐ夏時間に切り替わる時期なんですよね。


d0014524_2125598.jpg さてこのたび、我らがエースのトラクターに率いられ、希望者10人で森に行ってきました。久々の森での作業なので、楽しみにしてました。


d0014524_2131915.jpg 今回の作業は、死んでいる木を切り倒し、細いものはその場で燃やし、太いものは薪用として持ち帰る、という内容。途中に昼食を挟んでの、一日かけての作業です。切り倒した本数は数十本に及びます。


d0014524_21342100.jpg 死んだ木というのは乾燥しているので、どんどん燃えていきます。火は最大3mの高さまでいきました。近くにいるだけで、かなり熱かったです。高熱では衣服が皮膚にこびりつくことがある、と聞いたことがありましたが、今ふと手元を見ると、軍手の後が少し焼き付いています(汗)。
 3mの火でこんなに熱いのに、かつて9mの巨大な火を使ったことを思い出して、う~ん、大学では無茶をやったなぁ、と。


d0014524_214478.jpg 仕事の間にお楽しみ、食事です。さすがに3mの火じゃ強すぎるので、別に竈をくべての料理。野菜たっぷりスープと、焼きBratwurst(白ソーセージ)。こっちで白ソーセージ食べたことある人は分かると思いますが、美味いんですよね、ほんとに。特に太めのヤツ。しかも今回は炭火焼です。グリルの焼き目が、最高に美味しそうで(笑)。


d0014524_215885.jpg 太めの木は持ち帰りです。今回の収穫を荷台に載せて、エンゲンへと帰ってゆく… 通りで出会う人々が毎度毎度おどろいた顔で眺めていくのは、とても愉快でした。
 あ、ちなみに車はもう一台あって、人間はちゃんとそっちに乗りましたからね。



 さて今回のこの仕事、ちょっと疑問に思ったことがありました。薪として持って帰るためならともかく、なぜ木をたくさん切り倒して、しかもその場で燃やしてしまうのか? エネルギーの無駄遣いというか、それこそ自然破壊のように見えるわけです。

 詳しく聞いて正解でした。とても興味深い答えが返ってきました。


 切り倒した木は全て、死んでいる木。死んだ木には虫が付きやすい。木の中で虫が繁殖していくと、じきに生きている木にも広がっていき、いずれ森全体が虫に食われていく…
 それを防ぐために、死んだ木を燃やして虫を駆除する必要がある。もちろん持って帰って薪にしてもいいけれど、枝打ちや裁断、運搬などの仕事量を考えると、太い木だけ持ち帰り、細い木はその場で燃やすのが適当、というだけのこと。

 もしやと思って聞いてみました。そして、やはり。

 "Ohne Menschen geht es nicht." 
 「人間なしでは成り立たない。」

 今回このことが一番に興味深かったです。たとえば蜂や他の虫がいないと植物の受精も成り立たないように、今の森には人間の手が必要である… かなりハッとする観点でした。

「よく自然っていうと、人の手が入っていないもの、とか想像してしまうけれど、本当は人間が手を加えてやる必要があるんだ。酸性雨や大気汚染などで森は弱ってしまった。だからそれを補う処置をしてやる必要がある。もちろん人間がまるっきりいなければ、それはそれで機能しているんだろうけどね…」


 おもしろい。これは非常に興味深い。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-03-21 02:15 | Jugendseminar
 土日に久し振りにFreiburgに行って友人に会ったりして、のんびりしてきました。やはりあの町に行くと、なんだかしっくりくる。おもしろかったのは、そもそも日本から帰ってきてドイツの風景を見て、あー帰ってきたなぁと思ったこと。今はこっちの方が日本よりしっくりくるみたいです。

 日本で色々な人に会って、色々な話をしました。その人達がどんな事をしているのか、あるいは意見交換だったり、自分の将来についての相談みたいなこともしていたり。

 二年弱ドイツをさまよって、再び日本を訪れて、なんだか自分の中で納得いきつつあるのを感じています。こうしてまたドイツに帰ってきて、また考えを深めたりもしています。

 日曜日から、このブログにも時々登場するドラマーThomasが学校に来ています。彼には私はずいぶん信頼を置いているし、言葉上でよく分かんなくても何か深い部分で意思疎通ができるところがあり、ちょっと相談に乗ってもらったりもしてます。一瞬ひるむアイディアも出てきたりしてますが、まぁ時間と共に決着がつくでしょう。

 どっちみち学校は7月までなので、4ヶ月以内に今後のことが決まります。4ヶ月か、もうすぐだ。同年代の友人にも、もう仕事している人は多くて、方や自分はよく分からん状態にあって、やっぱり焦りってものは感じますよね。「人生は人それぞれだ」という言葉はありますが、きっぱりと言い切ることは自分には出来なかったり。

 不安ではあり、目の前は闇のようであり、でもそれが楽しみでもあり…
 良い緊張状態が続けばいいなぁと思うわけです。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-03-15 05:51 | 考えること
 こちらが出来上がった仮面たち。

d0014524_282216.jpgd0014524_283453.jpg

 先週作ったMaske/仮面を使って、今週は演劇の授業がありました。といっても、すぐに演技をするわけではなく、毎日まずはウォーミングアップ。手、口(歌)、足で同時に違うリズムを刻んだり、おもしろいものではこんなのもありました。

1. クラスを分けて半分を外に出し、残った半分の一人づつに色を当てて行く。外にいた半分にも同じ色が当てられるんだけれど、中の誰が自分と同じ色を当てられているかは知らない。
 中にいた人はそれぞれ心の中で自分の色をイメージする。ただし表情には出さず、体も立ったまま動かさない。そして外にいた半分が中に入り、誰が自分と同じ色かを当てる、というもの。

2. ひとりだけ外に出て待機。中ではたった一人だけ「Ja」をイメージし、残り全員「Nein」をイメージする。どちらも表情や態度には出さず、心の中で唱えるにとどめる。
 外にいた一人が中にはいり、誰が「Ja」かを当てる、というもの。

3. ホールに椅子をランダムに置き、目をつぶったまま歩いて通り抜ける、というもの。

 空間や雰囲気を感じ取る練習でしたが、なかなかおもしろかったです。さていよいよ仮面を使っての演技。

d0014524_29864.jpgd0014524_292771.jpg
 芝居は即興が中心でした。条件として「感情」や「場所」を与えられて、どんどん話を進めていく、というもの。一人芝居、二人芝居、各自思いつきで交代交代など、色々なものをやりました。中にはタイトルだけ与えて、各自の思いつきで舞台上に登場人物を配置していく練習、さらにもう一歩進んでタイトルだけ与えられた即興芝居などもありました。

d0014524_294868.jpgd0014524_210318.jpg

 さらに近所の山の上に出かけ、城の跡地をつかった即興芝居もやりました。風景をみてピーンときたら開始、というものでした。ホールの中と違って舞台の立体感もあるし、なにより舞台美術(?)の幅が広い。この日は全員参加ではなかったのですが、結構おもしろいものになりました。

d0014524_2102489.jpg 最後に「Was braucht die Welt? / 世界に必要なものは何?」の答えとしてみんなで単語を挙げていき、そのうちひとつを選んで簡単な芝居を作りました。4人一組ずつの発表で、中や外を使って色々やりました。最後に今回の先生2人による芝居があり、一週間のMaskenbau&spielの授業が終わりました。

 いやー、結構楽しかったですよ。


P.S.
ちかごろ部屋の前が工事中です。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-03-09 02:10 | Jugendseminar
d0014524_3393129.jpg

 木曜から土曜にかけて、Maskenbauの授業がありました。

 まず最初はウォーミングアップ。ちょっと動いて体をほぐした後、ホールの中を目を閉じて、手先の感覚だけをたよりに歩き回る。こうして手の感覚を醒ましておいて、その手で自分の顔を探りまわる。目はどこら辺にある?鼻は?耳は?骨格はどんな形??

 こうして「顔」というものを再認識したところで、いよいよ制作開始。

d0014524_3394644.jpg
まずは各々、粘土を画板の上に取ってくる。

d0014524_340082.jpg
まずは、こねる。懐かしい感触…

d0014524_341943.jpg
顔の形を作る。私はシンプルめに仕上げました。

d0014524_3412272.jpg
表面にラップを貼り付ける。水を塗っておくと良く貼り付きます。

d0014524_3414358.jpg
澱粉糊(たぶん)を塗ったくった造形用紙を、細かくちぎりながら貼り付ける。

d0014524_342449.jpg
一度ドライヤーで乾かして、続いて二層目を貼り付ける。

d0014524_3422410.jpg
出来上がったら、色の下地となる白を塗る。

d0014524_3423972.jpg
顔の命、目の位置を決め、穴を開ける。

d0014524_3425948.jpg
色を何層にも分けて塗り重ね、頭につけるためのゴムを取り付け、完成。

 ちょっと完成度に満足いってないんですが、まぁいいでしょう。これも自分の作品です。来週は引き続き、このお面を使った演劇の授業です。

d0014524_3432640.jpg

 不要になった粘土の顔たち。捨てられてゆく様は、なかなかでした…


 ハンガリーの写真をPhotosに加えておきました。
 今日は満月。月食があるそうです。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-03-04 03:43 | Jugendseminar
d0014524_0182888.jpg

 いよいよ月曜から学校が再開しました。初っ端から、庭で火を焚いて木を燃やしたりしてました。明日・木曜日からは講座も始まります。今期はアクティヴにいきたいと思います。

 部屋も変わって、なんとまた一人部屋に入れました。しかも前の部屋より町の眺めが良いです。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-03-01 00:33