<   2007年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 今回の旅の途中、時間を作って広島には寄ろうと考えていました。一度は厳島神社が見てみたかったんですよね。だってドイツで会ったヨーロッパ人が行ったことあって、日本人の自分が見たこともないってのは、ねぇ、どうよ、って感じで(笑)。
 まぁ富士山に登ったことも無いんですけどね。ハンガリーの友人は2回も登ったらしいんですけど。しかも富士まではヒッチハイクで行って。

 というわけで、29日は一日中ずっと広島です。まずは朝、その厳島神社へと向かいました。
d0014524_2025712.jpg

 宮島まで船で渡ると、ここにもいるんですね、鹿さんは。さて平日の朝ということで、そんなに人も多くなく、静かに眺めて行けました。思っていたよりずっと凄いな、と思いました。丘の上に立つ別の神社も、他とはずいぶん違う重厚感と迫力がありました。そっちはたった100円で上がれるので、厳島神社にお立ち寄りの際はぜひこちらも。
 日本の古い建築物の魅力ってのが、なんとなく分かってきた気がします。ここはアレコレ語るよりはただ美しいと思ったので、写真に譲ります。近々Photosの方で紹介することにしましょう。
d0014524_2065641.jpg


 宮島の名産に「杓子(しゃもじ)」があります。杓子は宮島が発祥の地で、1800年頃に当時の和尚?が考えたとか。毘沙門天だったか弁才天だったかが持つ楽器の「琵琶」の形を模して杓子を作り、それを島の商工業として発展させ、それが全国に広まったらしいです。
 へー!と感心して聞いていたんですが、ちょっと気になって質問してみました。

 「それ以前の杓子って、どんなカタチだったんですか?」

 目の前で一瞬固まったのが分かりました(笑)。ごめんなさい、聞いちゃいけませんでしたね。当然ながら今のカタチの杓子は江戸時代よりよっぽど前から存在していて、宮島が最初なのは「琵琶を模した(微妙なカーブなどを備えた)」杓子で、それを島の商工業として始めたものが、全国へ土産ものなどとして持ち帰られるようになった、ということでした。

 きわどい言い方だなぁ…(笑)


 午後には1年半振り、2度目の原爆資料館へ。まだきちんとコメントできるには至りませんが、こうして国外と行き来していると、戦争とか国と国とか、だんだん理解できるようになってきている気がします。いや、まだまだですかね。人生のうちに、また何度か来ると思いますね、ここには。
d0014524_2020596.jpg

 夕暮れ時の広島港は、とてもキレイでした。



 さぁ、いよいよ福岡へ参ります。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-01-29 20:22 | Japan Exkursion
 浜松を後にし、26日は京都に寄りました。
d0014524_20265720.jpg

 やってきました清水寺です。京都駅に着いて、ふとした思い付きでバスに乗ってました。行き先表示の「清水寺」を見て、つい(笑)。

 京都だけあって外国人の方も来てまして、英語で質問されて、妙に懐かしさを覚えたりしました。
 "Can you take a picture of us?"
 "Yes, of course!"
 …みたいな。
d0014524_20304822.jpg
 清水の舞台から飛び降りる気持ち、という慣用句が存在しますが、案外それほど高くもないんだなーという感じ。工事現場の足場の上のほうが、よっぽど怖そうだ…
 でも木組みの高い舞台ってのは、やはりそれなりの迫力があります。

 夕方からドイツでの知人に再会して、駅近くの飲み屋さんへ。これが思いのほか美味しくてね。店の雰囲気もよく、満足感ありました。1年半振りの再会ってのも、また楽しいもんです。
d0014524_2035446.jpg
 夜は駅近くの仮眠室付き風呂屋へ。旅の宿はこういうのが一番安上がりです。でもこういう所って「男性専用」なんてのも多く、女性の方々はそうラクにはいかないんですね。ここの風呂屋は屋上から京都タワーがよく見えます。タワーの是非は色々みたいですね。


d0014524_20375648.jpg
 鹿さんです。

 ま、要するに奈良に来ました。27日は朝から奈良に移動して、これまたドイツでの知り合いに会いました。向こうで出来たネットワークが日本でも生きてるって嬉しいものです。
d0014524_20414171.jpg

 奈良では二人で観光らしい観光をしました。こういうの久し振り(笑)。奈良公園を歩いてシカさんと戯れ、昔の町並みの残る一角を歩き、釜飯を食い、東大寺へ行って大仏を眺め…
 たまにはこういうのも良いですね。しかも今は自分の目は日本人じゃないので、とてもオモシロかったです。だって東大寺が(日本人にとっての)ケルンの大聖堂に見えましたもん。いやー日本ってオモシロイですよ。

 京都・奈良とも、まともに見るのは中学3年生の修学旅行以来でした。しかも現地の人と歩けると益々良い。今回の旅は随分とオモシロイものになってきてます。


 夕方に大阪へ移動して、元2研メンバー・ひがっぺさん、k1rou、かおりちゃんと4人で集まりました。駅前の神社にちらりと寄った後お店に入ったんですが、ここの店員が変(笑)。
 注文を取る声、解説の声、「この人は何者だ?!」って感じでした。きっと名物店員に違いありません。でもこの一人だけが変なのではありません。便所に行って戻ってきたとき、別の店員が言ったのは、

 「おかえりなさいませ」

 おい(笑)。

 かつてない感じの店でしたね。
 ひがっぺさん、色々手配ありがとうございました&お世話になりましたー!
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-01-28 20:55 | Japan Exkursion
 ただいま西へ向かって移動中です。

 途中で浜松により、「浜松科学館」で働く友人に会ってきました。
d0014524_9291621.jpg

 科学館というところに行くのはとても久しぶりでした。でも展示の数々は結構よくできていて、すっかり楽しんでしまいました。光、音、力学に関する展示なんて、専門用語を少なめにしている以外はちゃんとした実験設備でした。
 大人になってからも、時々のぞきに行くのはいいかもしれませんね。

d0014524_9313743.jpg

 友人の職場というのは、この科学館の中の「プラネタリウム」です。自分の記憶が正しければ、プラネタリウムに行くのはおよそ10年振りになります。これがこれが、とてもわくわくしました。目の前に広がる視野角を超えた大きさの巨大な丸天井スクリーン。照明を全部落として星空が広がったときには、溜め息ものでした。
 私がまだ小学生の時に、毎週末のよう科学館に通ってました。プラネタリウムこそあまり見ませんでしたが、同じような天井スクリーンに映し出される映画を何度も飽きずに見てました。当時の興奮を、はっきりと思い出した気がします。
 なかなかわくわくしますよ、プラネタリウム。星空の見えない地域に住んでいる人は、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。
d0014524_937503.jpg
オペレータのsaguayu氏

 こうして星空を解説付きで見ていると、その日の夜もつい空を見上げてしまいます。浜松市内で見える星は多くはないけれど、こうして日々の変化を見つめるのもいいなと思いました。

 saguayuさん、忙しい所ありがとうございましたー!
 ばっちり楽しませて頂きました。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-01-28 09:47 | Japan Exkursion
 東京の商店街として何かと有名な上野「アメ横」。名前にはよく聞くものの行ったことがなかったので、これはいい機会だからと友人とともに出掛けてみました。
d0014524_23274850.jpg

 JR上野駅~御徒町駅間の線路沿いにあるアメ横。初めてやって来ましたが、その雰囲気に圧倒されました。いや~凄いです。軒を連ねる店々の雑然さたるや、うわぁ~という感じでした。
 鮮魚屋さんがあるかと思えば、すぐ隣に流行りものの服屋さん、また隣には干物屋さんがあったり、時計屋さんがあったり。
 全然関係ないんでは?というような干物屋さんの肉まんとか、また地下の食品店ではしれ~っと生きたままのスッポンを売ってたり、異次元空間に迷い込んだような気分でした。

 一度来てみる価値ありです。
 買い物目的じゃなく「アメ横目的」で(笑)。
d0014524_23383925.jpg


 その後、渋谷で三味線デュオ三糸 / Sanshi の二人にお会いしました。一昨年に会津で初めて会って以来の再会でしたが、思いのほか話が盛り上がりました。ドイツを出てくる前から連絡を取り合って、今回お会いする時間を頂いたんですが、とてもいい話ができました。
 
 ドイツで生活してきた中で自分の中で音楽に対する姿勢というのも改まってきて、今後の人生を考える上でぜひプロの方と話がしたいと考えていたんですね。プロとして音楽で喰っていくっていうのはどういうことなのかって、一度誰かに聞いてみたかったことでしたし、また「伝統楽器」と言われるもので勝負するっていうのも、詳しく聞いてみたいテーマだったんです。三糸のお二人とは知り合った時すでに妙に意気投合しちゃった気がしてて、これはぜひ会いたいぞ、とお願いしていたのでした。

 上原さん山本さん、わざわざ時間を作っていただき有り難うございました!!CDもじっくり聞かせていただきます!

d0014524_23592665.jpgd0014524_23593910.jpg

[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-01-25 00:00 | Japan Exkursion
d0014524_7404547.jpg
 横浜・港南台にある幼稚園で、お餅つきの手伝いをしてきました。うちの家族が運営している関係で以前から幼稚園にはよく出入りしていたのですが、普段の保育時間中に行くのは初めて?でした。久々に見る、こども、こども、こども…

 手伝いといっても、私はそう何度もやったことがあるわけではないし、運転手兼なんでも屋さんのスタッフ2人が米蒸しからほぼ全てをやっていたので、私の出番は特になし。このスタッフは心得もちゃんとあるようで、手さばきも見事でした。そんなわけで、私は記録写真に徹しておりました。

 ある子供に「○○君のお父さん?」って聞かれました。

 「ゴリラ(我が父の愛称)のこどもだよ。」と私。

 「微妙に似てなーい」

 …「微妙に」て何や(笑)


 この日は年少の餅つきで、子どもたちもみんな、杵を持って餅をつきました。つきたての美味しい餅が出来上がりました。きな粉餅もさることながら、醤油・海苔の磯辺餅も好評だったようです。


 私個人的には子どもたちと戯れるのって得意じゃないんですけど、やはり子どもたちのいる雰囲気って、いいですね。大きな声出してはしゃいでる子どもたちがいるだけで、雰囲気ってやっぱ変わります。
 でも私は保育をしてるスタッフ達の苦労を知らないので、あまり多くは語れませんね。色々な裏話は聞けますが、当然ながら一筋縄ではいかないことも多い。スタッフ、子どもたち、親たち… これらの関係は複雑であったりもするようです。
 でも一筋縄ではいかないこそ、仕事が嬉しい/やりがいがあると思えたりもするんでしょうか。

 さて、幼稚園にはまた2月に参上します。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-01-24 08:34 | Japan Exkursion
 土曜日の晩は、新宿で2研関東メンバーで集まりました。まーしー、Mしょ、きの、まちこさんと5人で梅酒の豊富な飲み屋さんへ、一蘭そっくりのラーメン屋さんへ、駅ビルのカフェへ。

 なつかしい顔ぶれに会うってのは、やっぱいいもんです。みんな社会人やってるなーって、ちょっと焦ったりもするけれど、それもいい刺激になる。




 翌日は、母と伯父と、祖母に会いに行きました。母方の祖母はいま、介護老人ホームにいます。そこでの祖母の姿が、あるいは老人介護というものが、とても不思議に思えました。

 いま祖母は寝たきりの状態で、一人で起きあがることもできない。目の前で、息子・娘に抱えられて車椅子に乗る祖母。食事も手伝ってもらいながら食べる祖母。
 まるで赤ん坊のようにすら見えるのですね。夫婦で子供を育てた親が、立場が入れ替わってその兄妹に介護されている。

 私は入院したこともないし、いわゆる介護のようなものを受けたこともないのでなんとも言えないのですが、とにかく不思議でした。心は大人であるのに、体はまるで赤ん坊のよう。いや心はもう、私の思う「大人」の状態ではないのかもしれない。言葉がゆっくりになるのも、反応がゆっくりになるのも、それは心のスピードが遅くなっているのかもしれない。

 人は赤ん坊で生まれ、力・意識のある大人になり、再び赤ん坊のようになって死んでいくとしたら、それは不思議な流れのように思えてならないのです。

 どうもうまく言葉にはならないのだけど、不思議な時間でした。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-01-22 11:33 | Japan Exkursion
 日本では初潜入のネット・カフェからお送りします。

 成田空港に行ってきました。といっても出国するわけではありませんし、出国できなかったわけでもありません。じゃぁ何をしていたのかというと、北海道在住の姉がインドネシアへ1ヶ月の調査研究に行くとのことで、前日から成田で一泊することになり、ちょうどいいので会いに行ってきたわけです。
 我が家・実家はそもそも横浜。姉は大学に入って以来ずっと札幌、私はずっと福岡、さらに私はドイツへ飛び、姉は調査でインドネシアへ。なんだかすごい状況な気もしますが、叔母一家はもっとすごいので、世の中こんなもんなのかもしれません。

 さてそんなわけで、この姉と会うのは実に2年ぶりでした。2年前もちょこっと会っただけのような気がします。久々の会話だったのですが、これが結構おもしろかった。
 彼女はもう何度かインドネシアには行っているので、現地の事情も色々知ってます。人間関係、文化など、詳しく聞けば聞くほど興味深い。ドイツや西ヨーロッパの事情とは随分違った話が聞けて、なんか新しい価値観を知ったような気がしました。と同時に、自分はまだまだ何にも知らんなーと思いました。

 ま、そもそも「これが日本だ」とか「これがドイツだ」と思っているものすら、自分が知ってる「ごく一部の」事情でしかないのですけれどね。


 さて明日(今日)は2研関東メンバーと集合です。ネットカフェじゃ外の寒さは凌げてもあんまり体は休めないので、昼間どっかで休憩するかな。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-01-20 01:17 | Japan Exkursion
 実家から割に近い距離にあり、なおかつ「日本と言えば」で挙がってくる場所のひとつ、鎌倉。友人と2人で出かけてきました。

 北鎌倉に我が家の先祖代々の墓もあり、まずはお参り。そこから円覚寺を通り抜け、鎌倉まで山越え。切り通しと呼ばれる山を越える堀割の道です。かつてはここを重装備の兵士が歩いたのかと思うと、よくやるなぁと思います。

 鎌倉で昼食をとる。サンマーメンって知ってますか? サンマのラーメンではありません。五目あんかけラーメンのことを横浜・鎌倉ではこう呼んだりします。久々のラーメンですが、やっぱ美味しいですね。

 ここから江ノ電に乗って江ノ島方面へ。まずは長谷でおりて、長谷観音と長谷の大仏を拝みに行きました。
d0014524_7401354.jpg
 これどうなんでしょう… "GREAT KANNON"って…

 長谷寺の内部の観音像、長谷の大仏などの仏教美術の数々。やっぱり不思議に見えると思います。ヨーロッパでキリスト教美術を見て「何だろコレ…」と思ったのですが、こうしてあらためて日本の仏教美術を見返してみると、やっぱりこれも「何だろコレ…」という印象です。静かで割に地味な境内や建物の中に、金箔貼りの観音像が鎮座してるという図は、やはり独特の雰囲気があります。仏像も、やはり不思議な雰囲気を醸し出していると思います。外国から日本にやって来る外国人達の気持ちが、だんだん分かってきた気がします。
d0014524_7445893.jpg


 続いて向かったのは江ノ島。島と言っても、陸からほとんど離れてないので半島のようなもんです。橋を渡って、徒歩でも行けます。写真の奥側が本州の陸地です。わずかに橋も見えますね。
d0014524_7461770.jpg
 橋を渡り終えると、坂になった細い商店街があります。この雰囲気がよくて、味わいがあります。どこにでもあるようなお土産ものの横には、名物の海産物が豊富でした。この店の並びが、あぁ日本だなぁと感じました。
 江ノ島に来るのは初めてではないのですが、奥まで入るのは初めてでした。商店街の奥を更に上ると、そこには江ノ島宮。さらに登って島のてっぺんを超えると、反対側に抜けることができます。これが驚きでした。一体ぼくらはどこに来てしまったんだろうと思うような不思議な町並み。東京・横浜から日帰りで来るような場所とは思えませんでした。坂や階段の続く細道の両脇には料亭や宿が並び、最後の急な階段を下りると目の前には太平洋が広がります。この細道の味わい深さというか趣は、とてもよかったです。
 そして海に出ると、そこはゴツゴツした磯の浜。波がザッパーンってやってます。ここ一年は水溜まりといえば湖ばっかだったし、海なんて穏やかな地中海しか見てないので、太平洋の(日本の)海らしさにはっとしました。

 いやはや、鎌倉散歩の予定で始まった一日が、凄いところに来てしまいました。江ノ島、新発見です。

P.S.
 今日から3日間、東京に行きます。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-01-19 07:56 | Japan Exkursion
 ドイツ出発の前日夜、ゼミナールの日本人3人で食事に行きました。当初からずっと仲良かった3人であるし、様々な連係プレーをやってきた仲間であるし、この3人で集まれるのは数ヶ月おあずけになることもあり、最後の晩餐を共にしていたのでした。
 驚くことにエンゲンにも中華(タイ?)料理屋があって、この機会を使って初めて入りました。ちょっと値が張りましたが、結構おいしくてお腹もいっぱいになりました。でも何より、この3人で囲む食事ってのがありがたかったですね。

 さて出発当日の朝。"Wir sind für Sie da!(私たちは貴方のためにいます!)"とお客様を大事にするDB / Deutsche Bahn(ドイツのJR)ですが、この日もやってくれました。さすがです。
 気温0度以下の早朝、6時半の列車で出る予定だったのですが、待てども待てども来ない。たった一度「列車が遅れています」と言ったっきり、何の案内もない。20分経ち、40分経ち、本当に来ない。そしてこの凍えるような寒さ。
 やっと50分後、当初の予定の1時間10分後に列車が出るという案内放送が流れました。でもそもそも1時間後に列車がある事になっていて、要するに列車一本すっぽかしたわけです。「ごめんなさい」の一言もなしに。しかもその列車も遅れてる。なんかドイツってこんな事多いですよ、実際。主要幹線ならともかく、田舎の列車は時々ひっどいです。
 結局この列車も出発後に更に遅れて、結局Stuttgart空港に着いた時には1時間半の遅れ。国際線に乗るってのに、空港に着いたのが出発時刻の30分前で、さすがに私も緊張してピリピリしてました。さっきの友人2人が見送りに来てくれていて、「彦ちゃーん、だいじょーぶだよー。」となだめてくれたり。
 あかねさん、かおりさん、ありがとうね。おかげで少し落ち着きました。その後は無事に飛べました。

 さてStuttgart空港を離陸した飛行機は、乗り換え経由地のLondon Heathrowへ。飛行時間は2時間程度、距離1,100kmくらいだったでしょうか。 …あれ? 東京~福岡とあんまり変わりませんね。
d0014524_852045.jpg

 London Heathrowは、当たり前ですが全部English。英語で生活してる人達を見るのは久しぶりでした。そうそう空港の警備が厳しくなってて、手荷物検査は徹底してました。液体ものの持ち込みはかなり制限されているし、身体検査では靴も脱がされました。
d0014524_855373.jpg

 Heathrowを飛び立ち、いよいよ日本へ向かいます。日本行きの飛行機なので変ではないのですが、案内や客室乗務員が日本語を使ったりするのが物凄く奇妙でした。ここ1年以上は公共のものはすべてドイツ語か英語だったので、直接知らない人達が日本語を使っている様は本当に奇妙でした。
d0014524_892352.jpg

 この日の夕飯は機内食だったんですが、ちょっと不思議でした。鶏肉をソースで煮込んだ洋食なのですが、トレーの真ん中に何か見えませんか? 赤い大根の漬け物です。他ぜんぶ洋食なのに、なぜかこれだけ、ド真ん中に鎮座しておられました。

 飛行ルートは、ロンドンから北海へ抜けてデンマークを越え、ロシア北部を横断して日本海を渡り、新潟上空から成田へ。9,600kmの旅でした。メルカトル図法の平面の世界地図で見ると迂回しているように見えるのですが、地球儀上で考えると、実はほとんど最短ルートなのですね。
d0014524_8181095.jpg

 16日の朝は東ロシア上空で迎えました。下を見下ろして、その地形に圧倒されました。凍り付いた巨大な河が幾つも伸び、山肌から流れるそれは巨大なフラクタル図形。まるで血管が張り巡らされてるようで、「地球は生命体である」という言葉を思い出します。
 さすがにあの辺りには人も住んでないと思うんですが、凄まじい印象を覚えました。
 そんな中に突如町が現れたりもします。ハバロフスク(Khavarovsk)という町はそれなりに大きく特定もできました。でもロシアって、まだ生活の様子がイメージできません。あの巨大な国土でみんなロシア語を話してるってのも驚きですよね。西ヨーロッパとはえらい違いです。とはいえロシア国内でも文化や方言は西部と東部でずいぶん違うんでしょう。人生のうちに一度は行ってみたいです。
d0014524_8284168.jpg

 いよいよ成田上空にやってまいりました。あぁ日本ってこういう風景だったな、と思い出します。畑や田んぼ、家であったり。
 着陸後の入国審査なんかは、ほんとラクですね。日本人が日本に入るのは、そりゃラクですよね。空港内で銀行を探したり公衆電話を探したりウロウロする事もあったのですが、なんたって誰でも言葉が通じますから、楽勝です。ただ案内板にアルファベット以外の文字(日本語ですけど)が書いてあるのは、やっぱり違和感を覚えました。
d0014524_835411.jpg

 成田空港から東京へ出る列車も、それはもう違和感の連続でした。なんたって周りの乗客みんな「日本人」ですから。みんなアジア人の顔してますから。彫りの深い人いませんから。みんな日本語しゃべってますから。中吊り広告いっぱいありますから。それもぜんぶ日本語ですから。外を見ても、瓦屋根の家ばっかですから。鳥居とか立ってたりしますから。

 この感じを理解してもらうのは難しいと思うんですが、「初めて東南アジアに着いた時」を思い浮かべてみると近いと思います。もうほんとそんな感じです。私も日本人なのに、乗客みんな外国人の顔に見えましたから。その後は横浜の実家まで帰りましたが、一日中ずっと私はガイジン気分でした。
 親の車に乗る時も、「あれどっち側に乗るんだっけ? あ、ハンドルが右側に付いてる!」とか「左側通行だ!」とか、もうキョロキョロしっぱなし。「そっかー自動販売機ってあったよね。」

 ドイツ生活1年3ヶ月は、やっぱり長かったんですね。というわけで、話題のガイジン彦氏が日本に到着しました。成田空港ではお姉様・おば様たちも集まって、警察が警備にあたる騒ぎでした。

 無論、私は関係ありません。

追加情報/福岡での予定について
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-01-17 08:50 | Japan Exkursion
 金曜日で前半期が終了しました。長い長い5ヶ月がいよいよ終わったわけです。

d0014524_527374.jpg ゼメスター終了に先立って、週末なんかによく一緒に食事をしていた数人の仲間たちが、私達アジア人5人をもてなしてくれました。「普段アジア料理を作ってもらってるから、今回は僕らが作るよ。」と、泣かせる話です。図書室に特別にテーブルをセッティングし、本格的なレストランのコース料理! 完成度と懲りように正直ほんとに驚きました。そしてみんなの格好にも。本物のウェイターのようで、ただただびっくり。私達お客も「きちんとした格好で」ということだったので、私も久々にYシャツを着ました。2年以上着てませんでしたね。てかそもそも持ってないので、友人から借りました。ベストなんて、着るのはいつ以来やら… 初か?!
 こんなにあたたかいドイツ料理を食べるのは、初めてでした。言葉を失って涙が出そうでした、ほんと。


 また今週一杯はThomas&Bettinaという例のドラマーとダンサーが来ていて、半期の締めを盛り上げてくれました。彼らに先導してもらいつつ、みんなの話し合いを進めたり、学生たちだけで山へ出かけたり。
 他にもThomasと他2人のドラムと私のピアノ、ツイン・ギター、他の学生達のコーラスでセッションしたり、生演奏にあわせたフォークダンスもやりました。Thomasとのセッションは本当に気持ちがよく、集中でき、毎朝の合唱とはガラリと雰囲気の違う、まさに「音楽」をやれました。ゼメスターを締めるいいコンサートになったと思います。

 金曜の夜には近所の山の麓で焚き火をやりつつ学生達で集合。穏やかなゼメスターの最後を送りました。今季でここを去る人も数人いるのですが、その彼らとの話もよかったです。気付けばあまり話したことのなかった友人と、結構あれこれしゃべってました。旅立ちです、みんな。

d0014524_5291354.jpg
さぁ、いよいよ月曜日は日本へ向けて出発します。

[PR]
by Sterun-schnuppe | 2007-01-14 05:30 | Jugendseminar