<   2006年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 フランクフルトは見本市都市だって言いますが、見本市都市って、言葉上ではどういう意味かよく分かりません。というより、見本市ってなんぞや?って感じです。そんな馴染みのない見本市ですが、とうとうその現場に乗り込みました。メッセですメッセ。

 フランクフルトに着くと、目の前に、広大な敷地に並ぶ、巨大なメッセの建物群。やっていたのは「light+building」、照明&建設関連の見本市でした。
 中を周れば、おびただしい数の照明器具や建築部品が並んでいました。電球ひとつすら重要な研究成果であったりするんです。配線ケーブルや、接続端子だけの会社もたくさん出ておりました。コンパクトに縮む脚立とか、なんやらかんやらワクワクしてしまいます。よく分かんないのも多いのに、ワクワクしてしまいます。
 私は照明・建築関係には疎いので、何がどう凄いのかパッとは分からんのですが、専門家に案内してもらえたので非常に楽しめました。Dankeです、ふじーさん。

 ちなみに私が行ったのは最終日の一日だけですが、メッセ自体は4日間の日程でした。でも4日間でも全部は見切れないんじゃ?というぐらいの規模だったと思います。きっと集まった人達は、それぞれ自分のターゲットを見据えていて、そこを重点的に見て周り聞いて周るんでしょう。


 ところでメッセのWeb-Siteには、"for trade visitors only" と書いてありました。これを見て「オレ行っていいのか?」と一瞬ひるんだわけですが、まぁ誰でも入れるんですが、現場に行って納得しました。いるわいるわ、ビジネスマンとおぼしきスーツ姿の人、人、人。大量の商取引の現場って、こんな感じでしょうか。「ぜひ我が社の製品を使ってください」とか「ぜひこのデザインは我が社にお任せください」とか、そんなやりとりが飛び交ってるんでしょうね。すげーすげー。各界の著名人も集まっていたらしいです。

- - - - - - - - - -

 メッセと同時開催のイベントがもうひとつ。"Luminale"
 これは、フランクフルトの町中に、様々な照明デザイン作品を散りばめるというイベントで、計165の作品があります-とパンフレットには書いてあります。

 すごいイベントでした。本当にいろいろな方向にあっと言わされました。見に行ってとても良かったと思います。こう、なんというか、ワクワクするような興奮と、果てしないやるせなさが入り混じったイベントでした。
 それ以上は、僕の口からは、とても言えません…(笑)

- - - - - - - - - -

 今日は天気がめっちゃよろしい。

 今日(29日)から、フライブルクのトラム路線が増えて、変更になりました。
 在住の方、ご注意くださいねー。詳しくはまた。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2006-04-30 01:48 | Report (Deutschland)
 4日間の日程だったので、文章化したら長~くなってしまいました。合わせて記事3つです。これでも簡略化してるんですが…
 ネットに繋がる機会が少ないので一気に載せてしまいますが、どうぞごゆっくりお読みください。早くても木曜までは更新できないと思うので。


 本題に入る前に、旅の行程を概観しておきましょうか。フライブルクを出発し、フランクフルトで友人を見送り、まずはケルンへ。さらにボン、コブレンツ、トリアー、ザーブリュッケン(の近所のVölklingen)を周って、フライブルクに帰ってきました。ドイツ西側を旅してきたわけですね。以下にドイツの略図を載せておきます。これまたてきとーな絵ですが。
d0014524_18371328.gif


 フランクフルト空港で友を乗せた飛行機が飛んでいくのを見送り、作戦開始。目指すはケルン。ちなみにフライブルクを出発する時点では、とりあえずケルンに行く事しか決めてませんでした。

 Frankfurt -> Köln の移動で、私の旅人スイッチが入りました。ドイツといえば、そこら中をドイツ新幹線ことICEが走り回ってるんですが、この Frankfurt -> Köln は交通の要所らしく、ICEの専用線が引いてあって最速 300km/hの高速運転なのです。そりゃもう、フライブルクの田舎を走るのとはスピード感が違いますよ。速い速い。 200km弱をノンストップ1時間で走り抜けました。

 列車がケルンに近づいてくると、見えてきましたよ、噂のアレが。巨大なアレが。

 ケルンと言えば、オーデコロンもあるけれど、やはりケルンの大聖堂でしょう。さすが大聖堂と言うだけあって、ほんとに巨大です。高さ 157m、奥行き 144m、制作期間 600年という巨大な建築物… こんなのが中央駅の目の前にそびえています。
d0014524_1839284.jpgd0014524_18421244.jpg


 到着したのが夕方だったのと、ケルンの第一印象が良かったのとで、ケルンで一泊することに決定。大聖堂には入らず、宿を探すことにしました。
 体と心の疲れで、どうしてもホステルのような相部屋は嫌だったので、安めのホテルを探す。しばらく町中を歩き回って、よさげな所を発見。料金を聞いてみて、決定。言葉が通じるって、やっぱラクです。

d0014524_18431524.jpg ←これがホテルの部屋。一人旅なんですが、二人部屋を独占していまいました。部屋は4階(日本でいう5階)にあって、とても快適。場所は中央駅&大聖堂のすぐ近く。さらに朝食までついて、一泊36Euroでした。ありがたい。これで今晩は安心だ。


 宿に荷物を置いて、ひきつづき町を散策。とても美しい。途中で夕飯を食べ、日暮れの景色に見とれていたら、もう9時過ぎでした。
d0014524_18435982.jpgd0014524_18442034.jpg


- - - - - - - - - -

 翌朝、朝食を取りながら先の予定を考える。
 昼間ケルンを見た後、今晩はどこで泊まるか。いい候補はあるのか? ちょっと待てケルンは美しいぞ。 …ということで、宿のおじさんにお願いして、ケルンでもう一泊することに決定。No Planゆえの臨機応変さを、最大限に活用してます。

 朝の大聖堂を眺めたあと、いよいよその塔に登る。509段の階段を上り、109mの高さまで登りました。ただ、「登ったどー!」というネタにはなるが、眺めはそれほど良くない。まぁケルンは都市ですからね。
d0014524_1845674.jpgd0014524_18452773.jpg


 その後、なんと美術館なんて行ってしまいました。まずは前日に知った「ダリ展」を見に行く。そう、あの「へろへろ~ん」って顔の絵で有名な、Salvador Daliです。いやぁ、おもしろいですよ、ダリさんは。昔から気にはなってましたが、今回絵を間近で見て、さらに制作風景の写真を見て、この人は本当にバカだと思いました。緻密な絵を描ける能力を持ちつつ、冗談を交えることも忘れない。笑ってしまうような絵もありつつ、ハッとするような空間も描く。ダリさんは絶対お茶目な人だと思います。この人はきっと、人生を本当に楽しんでいたんだろうなって思います。見ているこっちまで、思わず笑ってしまいました。美術館で次々に作品を見たくなったのは、実は初めてかもしれません…
 もし一緒に仕事をする機会があったら、楽しかっただろうな~って思います。非常に気に入ったので、ついささやかな画集を買ってしまいました。

 常設展では、他の現代美術も置いてありました。現代アート作家と呼ばれる人って、やっぱバカが多いですね(笑)。「芸術」って言葉を盾に、やつら好き放題やってます。一番気に入ったのが、三体並んだ仏像(?)の前に三台のテレビを置いて、まるで居間でテレビに見入るオヤジのようにした作品。バカ。バカ。ほんとバカ。堅っ苦しい評論家を笑い飛ばすようなこういう現代アートって、僕の性には合うのかもしれません。

 もう一軒、古典・宗教画を集めた美術館にも行きました。が、こっちは退屈でした。一見は綺麗だけど、綺麗なだけで… 宗教画は血生臭くて気持ち悪い。そもそもキリスト教の十字架って、処刑台ですからね。天使達がキリストさんから流れ出る血を器に取ってる絵って、やっぱグロいですよ。古い宗教画も、生まれたての赤ん坊キリストの顔が老けてたり、聖人達の後光が薄焼きせんべいに見えてきて、この人等いったい何してんだ?って思えてきたり、見るに耐えませんでした。あぁだめだ、これは。


 美術館めぐりで日中は終わってしまいました。さぁここからは前日のリベンジ。夜景が美しかったので写真に収めたかったのだが、三脚を持っていなかったがゆえ無念の失敗。そこで一泊延長するのをいいことに、町で6Euroくらいのチビ三脚を買って再挑戦しました。ライン川越しに見る大聖堂を、日が沈みライトアップされるまで追跡撮影。約1時間半、3分間隔29枚の連続写真を撮りました。満足。やはりケルンの夜景は美しいと思います。これなんか、もう絵葉書ですよ。
d0014524_18461033.jpg


 宿に戻り、翌朝の目的地をボンに決め、ゆっくりと眠りに就きました。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2006-04-24 18:46 | Report (Deutschland)
d0014524_18263166.gif
 翌朝は8時過ぎに出発し、そそくさとボンに移動。Bonn。旧西ドイツの首都です。


d0014524_18271912.jpgd0014524_182745100.jpg

 ん? もと首都??

 駅前を歩いてみるも、ごく普通の小さな町って感じで、首都らしさはカケラもない。どうしようか。今日はボンに泊まろうと思っていたのに、あまり魅力を感じない。ライン川を歩きで越えて、反対側の川辺の公園で考える。

 さて、どうするか。

 友に借りた「地球の歩き方」を読んでみる。
 結論。コブレンツへ行ってみよう。さっさと行こう。

d0014524_18283571.jpg
<- Ludwig van Beetauben


 ボンはベートーベンさんゆかりの地で、彼の生家もあるんですが、作曲家だって普通の人間やし、生家って言ったって自分の実家と変わんないやーとか思いながら素通り。ボン巡りを午前中で切り上げ、温かい日差しと美しい車窓にうとうとしながら、コブレンツへと向かいました。


d0014524_18263166.gif
 Koblenzは、ライン川とモーゼル川の合流点にある町。駅を出て、さっそくその合流点Deutsches Eckへと向かう。これが予想外に綺麗な町でして、気分がノってきてしまいました。

d0014524_18304348.jpgd0014524_18311233.jpg



d0014524_18313693.jpg 合流点に着くと、対岸の丘にはかつての要塞、Festung Ehrenbreitsteinが立つ。合流点に立つ騎馬像の台座に登り、しばらくのんびりと景色を楽しみました。


 さてそろそろ夕方になり、宿を確保せねばなりませぬ。ユース・ホステルの場所を調べていたので、早速行ってみることにしました。

 その場所とは…

 なんとその丘の上、要塞の中なんです。近くまでバスで行き、チェアリフトに乗り継ぎ。…の予定が、リフトの営業時間を過ぎていたらしく動いてない。親切な地元の人が道を教えてくれて、徒歩で丘に登る。さっそく要塞の中に入り、町を見下ろせる広場に立つと、いいじゃぁないですか、景色が。ケルンほどではないけれど、よいよい。
 なんの計画もなくふらりと立ち寄っただけなので、とりあえずYHの受付で空きがあるか聞いてみる。よし、無事に泊まれる。YHの会員じゃないので追加料金がかかったけれど、それでも合計20Euroを切りました。こんないい場所でこの値段とは、ぜいたくだ。
d0014524_1832535.jpg 宿代が安く済んだので、夕食で贅沢してみました。ちょうど要塞内の広場にレストランがあったので、夕陽を見ながら夕食を頂くという、なんとも贅沢な事をしてしまいました。
 贅沢って言っても、これ全部で10Euro程度なんです。1,400円くらい、すなわち焼肉食べ放題ぐらいの値段でこの満足感なら、決して高くないと思います。いやぁ、美味しかった。


 YHで驚いたことがひとつ。同じ部屋になった人に、どっから来たんですか?と聞いてみた。なんと… "Freiburg"。もちろん im Breisgauの方。更に更に、フライブルクのどこ?って聞いてみると…
 分かる人だけでいいので、めっちゃ驚いてください。"Stühlinger"だそうです。

 いやぁ、世間は狭い。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2006-04-24 18:32 | Report (Deutschland)
 翌朝。再び徒歩で丘を降り、そのまま駅まで歩く。荷物が重い。結局使わなかった寝袋と、ダリ画集のせいだ(笑)。切符を買って列車に乗り、出発。と、車内検札のお姉さんが切符を見て、一瞬呆然としてました。

心の声:「フライブルク行きの切符で、何故この列車に?!」

 ドイツの地図見たら分かりますけど、Koblenz -> Freiburg なのに Trier 方面に向かおうとしている僕は、あまりにもイレギュラーだったのでした。誰がどう考えても遠回りなのですね。あ、ちゃんとそのルートで切符買いましたよ。

d0014524_18151665.gif モーゼル川沿いをひた走り、たどり着いた Trier の町。ここはルクセンブルクとの国境ギリギリにあります。もうRE1本でLuxenbourgに行ける場所です。話によると Trier はドイツ最古の町で、2000年前にローマ人たちが築いたんだとか。その関係で、今でもローマ時代の遺跡が残っているわけです。それを見るために、ここへやって来ました。


d0014524_18155758.jpg その壱、劇場。やはり円形です。全方向から見られる舞台では、どんな芝居をやってたんでしょうね。ここでゆっくりするつもりでしたが、日差しが強かったのと、フランス(?)からの社会科見学(?)生がいっぱいいて、落ち着けませんでした…


d0014524_18162068.jpg その弐、皇帝の大浴場。なんもないのに入場料払うのもなんなので、通り過ぎてしまいました。


d0014524_18165451.jpg その参、黒い門(ポルタニグラ)。かつて町を取り囲んでいた城壁の一部だそうです。


d0014524_18173034.jpgd0014524_18175794.jpg
 フランス文化の影響なのか、きれいな町でした。


d0014524_18151665.gif

 さて最後の目的地、Völklingen です。ここは製鉄所の町で、巨大な製鉄所跡が見学コースになっています。一部は現在も稼動中だとか。


d0014524_18194391.jpg この鉄の要塞に惹かれ、訪ねてみました。きっと夜に来たら、ばっちりライトアップされてるんでしょうね。


d0014524_18203727.jpg そのまま郊外まで歩いてみると、ずいぶん寂れた所にたどり着きました。あの天下無敵のKEBAP屋が、向かい合って2軒も閉店しているなんて… 他にも空き店舗が多いようでした。これで曇天だったら、悲しいだろうなぁ。でも子供たちはかわいかった。


 この日は強行スケジュール気味だったので(自分の体力も消耗気味だったので)早足で2つの町を巡りました。マンハイム経由でフライブルクに戻り、家に着いたのは夜11時過ぎ。夕飯を食べる気力もなく、そのまま布団に倒れ込んで眠りにつきましたとさ。
 いやぁでも、おもしろい旅でした。


d0014524_18212267.jpg
おまけ。
Völklingen の線路下通路。
ガリバーは今どこにいるんでしょうか。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2006-04-24 18:21 | Report (Deutschland)
 ただいま。ドイツを後にする友人をFrankfurt空港まで見送りに行き、そのまま3泊4日にわたり旅をしてました。とてもとても良い旅(無論No Plan)だったので、これについては次回たっぷりレポートします。

 さて

 ドイツはEUの一員で、通貨もユーロですよね。で、ユーロを使う国って色々ありますよね。したがって、ユーロ・コインも各国様々なものがあるわけです(ただし紙幣は共通です…たしか)。近頃これを集め始めたんですが、こいつが旅の間に結構手に入りまして、せっかくだから現在の集計状況でも発表しようかという次第でございます。

 いま手元に集まっているユーロ・コインは、全37種類(総額26,55Euro)です。
 左から順に、1,2,5,10,20,50Cent、1,2Euroが並んでいます。
d0014524_22101891.jpg

上から順に、ドイツ、オランダ、フランス、スペイン、イタリア、オーストリア、ポルトガル、所在未確認×2、となっています。
 一番右下の所在未確認の2ユーロ、これがおもしろくて、2EYPΩって書いてあります。Pをローと読んでΩを使う国… うむ、わからぬ。そういえば紙幣には全てEYPΩが併記してあった。

 ユーロ・コインって全部で何種類あるんでしょうね。今回は国内旅行だったので、外国まで足を伸ばせば更に色々出てくるんでしょう。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2006-04-22 22:10 | ひとりごと
まちこ氏のブログで紹介されていたので、やってみました。
http://evian.s12.xrea.com/buffalin/index.php

□結果□

OTA Kazuhiko の 59% は 度胸 で出来ています。
OTA Kazuhiko の 31% は 野望 で出来ています。
OTA Kazuhiko の 10% は 希望 で出来ています。


なるほど。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2006-04-17 07:43 | ひとりごと
の路線図を描き直してみました。
あんまり必要なさそうですが・・・
d0014524_21101394.gif

レギオの範囲はもうちょっと広いんですが、ここらへんを良く走り回ってます。



さて、こっちでも写真を幾つか掲載しときましょう。

Waldkirch
d0014524_2112496.jpg


Staufen
d0014524_2113504.jpg


Münstertal
d0014524_21141214.jpg


Schluchsee
d0014524_21145410.jpg



続きはこっち

そして

人生いろいろ
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2006-04-13 21:15 | Report (Deutschland)
ここ数日、レギオの中を駆け回ってます。



Elzach, Waldkirch, Breisach, Staufen, Münstertal,
Bad Krozingen...

 一人で行ったり、誰かを連れて行ってたりと、バリエーション豊かな状況です。どこも最低1回は行ったことある場所なんですが、時期や天気、曜日が違ったり、連れがいたりすると感じ方がガラリと変わっておもしろいのです。
 レストランやカフェなんて、ひとりじゃ入らないしなー。


 写真は整理して後日また掲載します。
 とりあえず一枚だけ。
d0014524_21513835.jpg

[PR]
by Sterun-schnuppe | 2006-04-10 21:48 | Report (Deutschland)
d0014524_1938881.jpg

Stadt Elzach

こういう景色、ドイツだなぁ~って思いません?
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2006-04-05 19:40 | Report (Deutschland)
経ったのですね。
ちょうど一年前の4月最初の月曜日、この地にやって来たのでした。

右も左もわからずに。
フライブルクの場所もろくに知らずに。
ドイツ語もほぼゼロの状態で。
何をすればいいかもわからずに。
語学学校に行く以外、なにも決まらぬままに。

わけもわからずに(笑)。

近頃は気温も上がり、日も長くなり、温かい空気に包まれています。
植物達が芽を出し始め、近所の畑はまぶしい緑色になってきています。

「春って、こういう季節なのか」ということを、こんなにも実感するのは、初めてな気がします。いやーきれいですよ。本当に。去年とてもいい時期にここへ来たんだなぁと、改めて思いました。

いやー、ほんときれいですよ。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2006-04-03 22:11 | ひとりごと