<   2006年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 自分の中ではすっかり恒例行事になってきた、ゲーテ・コンサート。せっかくもらった発表の場なので、だいぶ利用させてもらってます。

 今回は、私は結構仕事しましたよ。えぇ、自分で言うのもなんですが。会場プランの設計、照明、会場仕込み、作曲、演奏、録音、CD制作など、一人何役だ?でした。

 まず、会場プラン。何を言ってんだこの若造は、って感じでしたが、ホールの配置を大幅に変更してしまいました。今まではホール中央に演奏スペースをおいて、それを客席が取り囲むカタチが慣例でした。それを、音響の面、照明の面、人の流れの面、見栄えの面などから考え直して、以下のように変更しました。

d0014524_21102051.jpg

 言葉で説明するのが面倒なので、こんなデッサン画を描いて渡したら、思いのほか驚かれました。他にも照明プラン図、録音プラン図があったんで、「Perfekt!」って言わせました。いや、まだまだPerfektではないんですがね(笑)。中学か高校の美術で習った透視図法が、こんなところで役に立ちました。
 ゲネプロの時に実験して、このプランが採用されることになりました。

 プランを考えたのが私なので、当然仕込みの指示もやることになりました。ゲーテの用務員のおじさんに、妙な信頼をおいてもらえたらしく、事務室の中の電源関係の装置を「本番のときは私いないから、おねがいしますね」と使い方教えてくれたり、脚立を借りて照明を仕込んだり、椅子並べの指示を出したりと、好き放題やらせてもらえました。
 脚立ってドイツ語でなんて言うのかわかんないから、手を脚立みたいに机に置いて、「∧ ←これこれ!登るヤツ!どこにある?」とか言ってやってました。(Die Leiterと言います)

 録音機材(たいしたのはありません)を仕込んでみると、手持ちの延長ケーブルが痛んでいたらしく、ノイズがひどい。実用レベルを完全に下回っていたので、ミニ・マイク自体のケーブルだけで限界まで延ばす。ちゃんと吊りマイクにしていたので、マイクの電源ボックスまでもが天井にぶら下がることになり、面倒なことになりました。
 ところが、マイク自体のノイズ・レベルが以前より良くなっていて、結構クリアに録音できました。あとはPCとAudio I/Fの相性問題でのクリック・ノイズが消えたら、万歳なのですが。

 コンサート後は、CD希望者が予想を上回って増えて、25枚を超えるCDを焼きました。宣伝したら、もっと売れたでしょうね。CD作りも慣れてきたので、おまけと称してCD-Extra仕様にして、曲目リストや出演者紹介なんかも収めてみました。出演者&スタッフには限定版で更なるおまけを収録してみたり。実費とはいえ、わざわざお金を出して買った人だから、何かおまけが付いていたら、やっぱり嬉しいはず。練習して客のために無給で努力した出演者が、さらにおまけをもらっても、罪はないはず。
 さらに、出演者が一番写真を欲しいはずなのに、一番入手しにくい立場になってしまうので、今回は事前にカメラを友人に託し、コンサート全体の記録をとってもらいました。
 全部合わせて、かゆいところにも70~80%は手の届いた裏方仕事ができたかなぁと思います。


 さて、コンサート本番のはなし。

 今回は出演人数が少なかったのですが、「クオリティが上がったね!」という好評を得ました。女性歌手がいるのですが、やはり上手い。声もいい。僕はクラシックのソプラノ歌手は基本的に嫌いですが、この人は例外。あと意欲的な作品としては、ピアニストが2人いたんですが、日本の童謡数曲を自分で連弾&メドレーにアレンジして披露した人がいました。こういう姿勢は、ポイント高いと思います。
 クラスメートと同じ名前の作曲家の曲を持ってきて、演奏した人もいました。やはり小さなコンサートだし、遊び心は大切ですよ。

 唯一の残念な点は、出演者の日本人率が高すぎたかなぁということ。まぁこればっかりは仕方のないことですが。でも演奏会のクオリティは確かに上がりました。

d0014524_21111886.jpgd0014524_21114669.jpg
d0014524_211258.jpgd0014524_21122897.jpg


 さて私はというと、前回のコンサートがあまりに退屈だったので、これは何か抜本的なことをしないと客に失礼だ、ということで、抜本的なことをしました。

 まず第一に、ドラムの採用。打楽器なんて、そこらじゅうにたくさんあるじゃないですか。それで今回、プラスティック製のプラスティック用の「Plastik」って書いてある円筒形のゴミ箱を起用しました。音がいいんです。普段なにげなく見ていたものが、楽器になって登場したら、おもしろいだろうと思ったので。
 第二に、楽器編成の大型化。せっかく友人でTromboneやAccordionやContrabassがいるので、この3人を起用することにしました。いままででは、普通2人まで、多くても3人までしか合奏することはありませんでした。しかし客としては大人数の方が興味を引かれるだろうと思い、さらに音圧・音色的にも豊かになるので、計5人編成としました。 まぁ作曲する側は不慣れで大変だったし、5人を生かしきる程の作曲力・構成力も私にはないし、5人で合わせ練習をするのも大変でしたが。(さらに楽譜を書くのがヘタクソなので、MIDIで打ち込んだデモCDを併用しました。)

 ゴミ箱ドラムや5人編成といった「ネタ」が、単にネタどまりだったら意味がない、というプレッシャーを感じつつ、気持ちよくコンサートから帰って欲しいという願いを込めつつ、ずうずうしくも作曲段階からトリ狙いをしつつ(本当に最後に演奏しました)、1ヶ月ほどの時間をかけて作曲しました。練習スケジュールもあるので3月上旬には完成せねばならなかったりして大変でしたが、苦労が報われるくらいの反応を得ることができました。
 演奏者達も、抑揚を自分で付けてくれたり、指定していない音を勝手に出したりしてくれて、曲に色々な味付けをしてくれました。あぁなるほどね、という場面も多かったです。合わせ練習の時には、やつら(とくにAc.とBs.)が勝手に即興で合奏しだしたりして、なかなか楽しくやれました(朝7時集合でしたが)。


 そんなこんなで、けっこう楽しいコンサートができました。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2006-03-30 21:12 | Report (Deutschland)
大変お待たせいたしました。

卒業、進学、就職する人に、
あるいは心を新たに歩みだす人に、
ささやかながら贈り物です。

新作を追加しました

卒業式を終えられた方々、おめでとうございます。 m(_ _)m


d0014524_2133533.jpg

こんな人が作って、



d0014524_21334717.jpg

こんな人が集まって、



d0014524_21341470.jpg

こうやって出来ました。



※詳しい話は、また後日に。

それから、WEBのほうに曲のコメントをもらえると、とてもありがたいです。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2006-03-27 21:35 | ひとりごと
欲しいっす。

あ、違うか。

いま英文のおとぎ話を日本語に翻訳しています。
急ピッチです。
もう間に合わないかもしれませんが・・・

ある外国人が日本の幼稚園の子供たちに贈る、卒園祝いのプレゼント。
一生懸命に考えたであろう、手作りの作品。
心を込めて書いたのが、ありありと伝わってきます。
願いや思いを込めて書いたのが、ありありと伝わってきます・・・

気は焦るが、いい日本語が思い浮かばない。
意味はつかめても、日本語が思い浮かばない。

子供の心に伝わる言葉を選ぶと言うのは、これほどにも難しいものなのか・・・

僕の頭は、かしこくないですね。

でも、やらないと。
こんな真心の込もった作品なのだから。
子供たちのところに届くように、届いて欲しいから・・・

願いや思いなんて、叶わないことや伝わらないことのほうが多いんだから。
だから、せめて伝えられるものなら伝えたい。


短い息抜き、終わり。

続き、やります。
おそらく今日は、家に帰れません。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2006-03-18 07:17 | ひとりごと
 日本の文化(社会)について、非常に奇妙だと思うことがある。それは、

 「私たちは日本国民だ!」

 と言うのをためらう、ということ。日本国旗を掲げること、特に日本国歌を歌うことに、強烈な嫌悪感を示す人達が少なからずいる。それをするのは、国粋主義的な、いわば度を越えた国家あるいは天皇への信奉・崇拝を意味し、それをするのは嫌だ、ということだろうか。それらはかつての軍国主義を思い起こさせるものでもあり、受け入れがたいものでもある、ということだろうか。

 だがしかし駄菓子菓子(一年前の思い出です)、果たしてこの「自国の象徴を否定する」風潮は、肯定されるべきものなのだろうか。


 「人間はポリス的動物である」と言った人がいる。人は集まって社会を形成し、その中で生きるものだ、という。こんな古い言葉を持ち出す意味があるか判断に困るところもあるが、だがやはり、人間は集団への帰属意識(一体感)を持って安心感を得るところがあると思う。家族との一体感、友人達との一体感、あるいは流行への一体感もあるかもしれない。逆に集団から孤立したときは、不安や恐怖感すら感じるようである。
 伝統芸能のある島や村の若者は、非行に走ることが少ないという傾向があると聞いたことがある。やはりこれも、集団への一体感や帰属意識がもたらす効果なのだろうか。
 不和な家庭で育った子供は、そうでない家庭の子よりも非行へ走りやすい傾向があるとも聞く。やはりこれも、集団への一体感がないゆえの効果なのだろうか。


 さて話を戻そう。先ほど書いた「自国の象徴を否定する」風潮は、その「自国」への不信感を意味し、その国内に不和をもたらすと考えられる。「自分の住んでいる国は、欺瞞に満ちている」というような感覚である。するとそれは、その国民を不安の中に引き込むのではないか、と考えられる。ちょうど家庭や地域の中で落ち着けなかった子供のように、その国民は自国の中に落ち着きを見出せず、信じるべきものを失い、心に乱れを持つのではないか、ということだ。

 いまの日本は、常識を逸脱するほど犯罪大国になっていると思う。毎日のように殺人事件が報道されているのではないだろうか。しかもそれは、自国民が自国民を、生徒が先生を、ある人が近所の人を、家族が家族を殺めるような犯罪である。そしてその動機は、通常(もはやこの言葉が意味を成さなくなりつつあるが)のような深い恨みや金銭的なものを越え、軽度と思われる恨み、あるいはほとんど「動機ナシ」のようなものも多い。

 本当の「動機」はなんなのか。結論を出すには私の知る事実があまりにも少なく、あくまで想像の域を越えないが、私は「心の不安」ということを言えると思う。心の安定を得られぬ場合、それは衝動的な行動へと結びつくことが多いからだ。
(芸術をはじめ創作活動のような「表現」の手法を知っている者なら、その衝動を「表現」として作品のなかに「昇華」することができるが、もしその技法を体得していない場合、その衝動はより直接的な「行動」として実行されてしまう。)

 そして、これはあくまで私の見解だが、その不安要素のひとつに「自国の象徴を否定する風潮」も挙げられるのではないだろうか。繰り返しになるが、ちょうど不和な家庭や地域の中で落ち着けなかった子供のように、その国民は自国の中に落ち着きを見出せず、自分があるべき姿を見失い、心の安定をもてないのではないか、ということだ。

 小・中学校の再建で取られる手法として、「学校内の意識・理念の統一」というものがある。しっかりとまとまった集団の中でこそ、子供達もしっかりと成長できる、という考えによるものだ。

 同じように、日本という「国」そのものの再建策として、国民の意識・理念の統一が必要なのではないか。日本人が日本人として、共通に信じられる理念や理想の姿を、苦悩しながらでも見出す必要があるのではないか。国民がひとつの共通した意識を持てたとき、そこに集団への帰属意識が生まれ、国民に心の安定をもたらし、犯罪へと向かう心を止める事ができるのではないか。
 「国」の概念にこだわるのが嫌なら、生活基盤である「地域」単位でもいい。何かその共に暮らす人間同士に共通の認識を、お互いを認め合える理念や理想を、もう一度改めて考え直す必要があるのではないだろうか。

 もう一度、人間が人間らしく生きられるための方法を。


- - - - - - - - - -


P.S.
 「新世紀エヴァンゲリオン」というアニメ作品があったのを知っている人も少なくないと思います。私が音楽に目覚めた頃に最初に買い集めたCDは、この作品のサントラ集だったりするんですが、それは横に置いといて、ちょっと話を。
 上に書いた文章や、溢れ返る今のブログ文化(mixiのことは知りませんが…)を思うとき、この「エヴァンゲリオン」で登場した「人類補完計画」というキーワードが突然に頭をよぎりました。

- 人間の心には、誰もが「闇」を持っている。それは、あいまいな記憶。はっきりとは分からない部分。そして、その闇が人を不安にする。だから、人々の心を集め、合わせ、埋めあい、その闇を消すことで、人間は完全になれる。 -

 あまり正確には意味が分からなかったんですけどね。そもそも、あの作品自体がブラックボックスだらけだったようにも思えますが… しかしこの「人類補完計画」というキーワードは、何か重要な点を指摘しているような気がするのです。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2006-03-16 17:27 | 考えること
今日、久々に夜明け前に町へ来ました。始発バス(5時発)で。

7時半に用事を終えて、その流れで今の今(現地時刻9時)まで町を散歩してました。


やはり晴れの日の朝は、美しい。
今日は空も高い。

朝日に輝く町並みは、本当に綺麗です。
9月に(日本から)帰国してきた翌朝も、こんなでしたね。

町が動き出す、その生き生きとした雰囲気が、
何物にも代えがたい、深い魅力を持ってると思います。


フライブルクは、やはり良い町だと、いつも思います。

それほど大きくはないけれど、不便なところがない。
便利さを追求してはいないけれど、生活に十分な便利さが、隅々まで行き届いている。
便利さを追求していないから、逆に生活のどこにでも余裕がある。

ほんと、抜けがない。


日本には、こんな場所はないのだろうか?

フライブルク人達は、どうやってこの町を作り上げたんだろうか?


この町の、本当の魅力はどこにあるんだろうか?


まだ掴めてませんね、僕は。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2006-03-15 17:19 | ひとりごと
去年の写真ですが、掘り出しちゃったので。
見たことある人もいるとは思いますが、まぁいいでしょ。

フランス、Colmarにて。
d0014524_2122623.jpg

「すっげぇっしょん! でら狭いね!」


- - - - - - - - - -


P.S.
脳味噌が復旧するまで、いましばらくお待ちください。
先日までフル稼動してて、だいぶ疲れたので・・・
(↑月末をお楽しみに)

それとも、こういう変なのの方が、見る側はオモシロイんですかね??

そういえば、「でら」って何処の方言だっけか・・・

・・・

おや? ラジオから変な曲が・・・!!



♪馬ままま馬まま馬ま、馬ままま馬ままうーうー!
(UH MAMA MA MA UH MA MA MA U MAMA, ...)

明るく楽しく歌う女性歌手の後ろを楽しそうに駆け回る馬の群… そんな映像をついつい思い浮かべてしまい、笑。この曲を競馬場で流したら絶対ウケると思います。「呑ま呑ま呑まイェイ!」みたいに2ちゃんねるとかでネタになりそうだ。(2ちゃんねる、まだ見たことないけどね。) がんばれアスキー・アート!
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2006-03-11 21:22 | ひとりごと
d0014524_2222093.jpg


○…
○5マス進む
●一回休む
○振り出しに戻る
○…
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2006-03-09 22:24

やばかったです。昨日と一昨日。

最近はよく雪が降りますが、気温はプラスなのですぐに消えていくんですよ。

と思ってたんですよ。

ところが土曜の雪は、止まず溶けずで大変でした。
なんとトラムも一部区間で運転停止→バス代行運転でした。

雪の吸音効果で、トラムが音もなく走ってくる。
あいつ、意外と最高60km/hなんですよ。
無音で迫り来る巨体は、なかなか怖いですよ。

村へ向かうバスは低速運転。最大速40km/h。
運転が、いつになく慎重でした。ハンドルさばきの細かいこと…
雪が積もってる所を選んで走らせて(タイヤに踏ませて)、
道路を安全に保とうとするあたりは、さすがです。

夜遅く帰り着いた我が家は、積もった雪で門が埋もれてる・・・
鍵が鍵穴に、入らない・・・
ようやく押し込んだものの、回らない・・・

無理やり飛び越えて、足をズブズブさせながら家までたどり着きました。

d0014524_2252098.jpg
埋もれた我が家の門。

d0014524_22524592.jpg
翌日、雪かきしてみると、その厚さ30cmほどでした。


あくる日曜日は、午後2時半過ぎまで村近辺のバスが全面運休。

町に出る用事があったので歩いて行こうかと思ったけれど、
雪道に阻まれ、畑1kmを横断したところで断念。

それ以上、林の中を5km歩く気力はなかった・・・

d0014524_2254882.jpg
はまる足。

d0014524_2255254.jpg
この先に続く、5kmのMooswaldに、呆然。


P.S.
空港も閉鎖されたとか聞きました。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2006-03-06 21:53 | Report (Deutschland)
 経済的な面、人間的な面でも、社会に様々な問題が起きていることは誰の目にも明らかになっている昨今。過去にも大勢な人が、その問題解決に奮闘してきている。

 先日、「生活の芸術化」という本を読んだ。大学の授業の参考書として買ったものの、読んでいなかった本。本の中では、J.ラスキンという工芸デザイナー兼経済学者の話が扱われていた。彼は「人間にとって社会にとって本当に価値のあるものを創造することが、社会経済を発展させていく」という信念を持ち、市場経済を利用しつつも生活を「美しく」する方法を模索していた。

 社会主義、というものがある。私はこれを、経済の主体を「お金」から「人間」へと引き戻す手段として捉えている。経済学への私の理解には不十分な点が多すぎるので、いま改めて調べ直しているところですが…
 レーニンの「帝国主義論」を読んだ。資本主義が企業独占を生み、帝国主義へと向かっていく、という状況への警告の書。この文章の節々から、私はこのレーニンさんの切なる願いをひしひしと感じた。世界をもっと良くしたい、という強い願い。

 縁あって私が学んだ芸工大は、40年ほど昔に小池新二(漢字合ってるかな)という工芸デザイナーが、「技術を、技術のためのものではなく、真に人間のためのものとして取り戻す人間を育てる」ことを信念として、バウハウスを手本に作ったものだ。
 私は「火祭り」という言わば芸工大スピリットの中枢のような企画の代表を務めたことがある。そこで芸術工学を解体しながら感じたのは、やはりこの小池新二という人物の果てしない情熱だった。


 資本主義の根本的な欠点は、人間の「お金」への欲求を前提として考えられている点。つまりそれは、「人間性」うんぬんの話を置き去りにして論理が構築されているということ。これは論理としては正しいが、私利私欲に走る人間を否定できないという点で、社会に様々な問題を呼ぶことは確実である。
 社会主義は、発想として私はとても良いと思っている。しかしその欠点は、それほどまでに社会の計画を立てられ得る人間は、まずいない、ということ。また、政治の中心人物が私利私欲に走れば、社会主義は言葉だけのものになる。社会の構成員(国民)一人一人が、社会主義への好感を持てるかどうかも非常に怪しい。

 結局のところ、どちらの主義を中心に据えるとしても、国民(世界市民)一人一人が「社会を良くしよう」と思わぬ限り、悪い方への道はいくらでも存在するのだと思う。

 私が火祭り頭を務めながら考えた「芸工大に本当に必要なものを取り戻す」ための企画「まつりおおはし」も「plusG」も、いま思い返してみれば、要するに、なかなか授業では教わることの出来ない「デザイナーとしての人間性」や「心構え」を身に付けるためのものであったと思う。
 芸術工学とは、「芸術と工学を融合した新しい技術(学問)」ではなく、それらを融合させ真に人間・社会のために活動していくようにデザイナーを導く、人間存在をかけた学問なのだと今は思うようになった。



 社会をより良く導くための方法として、いままで私は「教育」という解答を少し避けていた。社会が悪いのを安易に教育のせいにするのは、何も生まないと考えていたからだ。
 しかし、やはりここに行き着くのだと思う。より多くの人間を「社会/世界をより良くしていくことが最大の喜びである」と感じるように育てることが、やはりその方法なのだと思う。どんな経済・政治の主義を持つのであれ、どんな技術に携わる人間であれ、この点さえ本当に踏まえているならば、間違った方向には進まないはずだ。

 やはり、人間自身の教育が鍵なのだ。



 しかし忘れてはならない重要なことが2つある。第1に大人自身を教育する必要がある、ということだ。子供達に影響力を持っている大人に考えが足りないならば、やはりそれを矯正する必要もあるのではないか。彼らの価値観を正しい方向へと導く「教育」が重要になると私は思う。
 第2に、教育は学校の中でのみ行われるわけではない、ということだ。路面電車で乗り合わせた小さな子の瞳を見ていれば、そんなこと理屈ぬきに分かる。彼らのまなざしは、時にそこらの大人なんか比べ物にならないほど深いからだ。子供達は、自分の周りにある全ての事から、自分の周りにいる全ての人から、ありとあらゆることを学んでいく。ならば、その空間を美しさや感動にあふれた場所にしていく必要があるのではないか。

 ある人が「美しさも感動も知らない人が子供の前に先生として立つなんて、子供に失礼だ。」と発言していたのを、本当によく思い出してしまう。


 もし自分の衣食住の生活、仕事、社会環境、生活態度を、この「子供」を中心に考えるなら、新たな世界が見えてくるのではないだろうか。私には子供はおろかカミさんもいないけれど、大切な我が子にどんな事を感じ学んで欲しいかから考え直すならば、身の回りの環境から社会の環境まで、ずいぶん違っていくと思うのだ。
 「自分にとっては」安く済むもので良くても、「子供のためには」自然食品・天然素材・偽造品でないもの・美しいもの・心のあるものを選ぶのではないだろうか。
 ちょっと考えを発展させれば、大量の廃棄物、公害、自然破壊も「子供にとって」悪いものになる事は分かるはずだ。きちんと「我が子」を中心に考えるならば、それらのものは選ばないのではないか。町や都市のことも、「我が子」が暮らし感じ学ぶ場所である事を思えば、やはり良くしていく事を考えるのではないか。

 「嘘偽りはよくない」と教えるのなら、そして子供は自分の嘘くらい見抜けると真に受け止めるならば、やはり自分自身が「嘘偽りない」生活を送るのではないか。

 これからの世界を担う子供達にとって、また子を育てる大人達にとって、また彼らを取り巻く環境としてふさわしいものとして「社会」や「ものづくり」を考えるというのは、重要なことだと思うのだ。そうして考え抜かれた本当のデザインが、そこに暮らす/それを使う人を育て、巡り巡って社会を良くしていくのだと思う。


 作り出す人間は、それを我が子に与えられるかを基準にデザインすべし。
 受け取る人間は、それを我が子に与えられるかを基準に選択すべし。

 これはごく当たり前のこと。
 でも、忘れかけていたとても大切なこと。

「行動する人間は、それを大切な人に見せられるかを基準に行動すべし。」
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2006-03-03 22:34 | 考えること
 類は友を呼ぶと言うのか、泣きっ面に蜂と言うのか、
 不調は不調を呼ぶわけです。

 ヨーロッパの台所コンロは、大抵のものが電熱式なんですよね。抵抗に高電圧をかけて熱くするっていう。まぁ台所に電気ですから、想像すればわかるように、何か起きそうじゃないですか。いつか何か起きそうだな~って思いつつも油断して、やってしまいました。
 不調が不注意を呼び、要するに水をこぼしたんです。もちろん水は拭き取りましたよ。だからきっと大丈夫だろうと思いつつ、後でスイッチをいれたら、どうも機械の中にまで入り込んでいたらしく、

 …はい。そういうわけです。電源関係者のみなさまに謹んでお詫び申し上げます。私も裏方・技術屋に携わってきた者として、非常に罪の意識を感じております。
 時刻は19時過ぎ。「パーンッ!」という音とともに、ラジオとも部屋の電灯ともお別れすることになりました。まだ夜は長いのに… この時点でも家主に言えば電源の復旧くらい出来たんでしょうが、もう完全にやる気を削がれてしまいました。真っ暗な部屋で一人、茫然自失。

 雪の降りつもる翌朝。配電盤は私の居住区域外(割と大きな建物なのです)にあるので家主にいじってもらい、無事に電源は復旧。心配だったコンロも故障はしておらず、全て元に戻ってくれました。

 しかし、非常に鬱。

(↓以下に続く…)
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2006-03-02 18:20 | ひとりごと