<   2005年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

d0014524_2053523.jpg


[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-12-31 20:54 | ひとりごと
♪ゆ~きが来ん来ん
 あられも来ん来ん
 待っても待ってもまだ降らないの ( -_-)


 北国ドイツにありながら、あまり雪の降らないここはフライブルクです。雪好きの私としては非常に物足りないです。けっ寒いだけかよ、とふてくされているとかいないとか。

 しかし先日ついに!待ちに待った雪が!2、3センチ積もりました!

 用事のために町へ出ていたら降り出して、お!来た!と感激していたのですが、夜になって村に帰り着く頃には辺りが白くなっていて、やった!…と。
 雪が降ること自体は前にも少しあったんですが、日中だったせいか一瞬白くなってもすぐなくなっちゃったんですよね。でも今回は夕方。つまり簡単には消えない!

 夕飯を食べて温まったあと、近所を散歩してみました。もう雪は降り止んでましたが、さすがに北国だけあって夜の気温は氷点下。道路は凍ってました。本場アイスバーン。一人ではしゃぎながら滑ってました。(←キケンですね。いろんな意味で。びょ(略))

 畑の中に街灯なんてあるわけないので、当然ながら村の明かりの届く範囲しか動けないのですが、その畑の道へ踏み込んで感動・・・ 星空がきれい。見える星の数は大分の山奥には負けてましたが、真っ白な畑の上に広がる星空は美しかった。


-翌朝の写真-

d0014524_18414382.jpg


d0014524_184236100.jpg


d0014524_18431261.jpg


d0014524_18433946.jpg



「坂を上るのが大変でした。(本人談)」


- - - - -

とかいう原稿を用意していたら、今日まで3日、断続的ながら連日の雪&日中も氷点下なので、こんど写真が揃ったらフライブルクの雪景色特集でもやろうかと思います。

More
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-12-29 18:46 | Report (Deutschland)
 26日も祝日(Feiertag)なんですね。知らなかった。

 おかげで今朝は、乗ろうとしたバスが走ってなくて、違う系統のを使わなきゃならなくなり、さらに寒い屋外で40分待ち!とかなってしまいました。いくらなんでも40分ただ待つのは嫌なので、いっその事…ということで、まず町と反対方向の終点まで乗って、戻ってくることにしました。


 したら・・・


 いいじゃないですかー、景色が! なんだか知りませんが、とても綺麗でした。

d0014524_20124862.jpg
※走行中の車内から撮影したため、あまり綺麗に撮れてませんが・・・



 こんな一日の始まりも、悪くないなぁと思いました。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-12-26 20:13 | ひとりごと
※ヴァイナハテン(Weihnachten):聖なる夜=クリスマスのこと。ドイツでは「クリスマス」とは呼ばず、文字すら見かけません。せいぜい英語の歌で聞くくらい。だから実は「クリスマス」と呼ぶのには違和感を感じてしまうんです・・・ なので今回はヴァイナハテンで。

 Es gibt viele Weihnachtsmärkte über all Deutschland, und viele Leute besuchen da. Aber eigentlich möchte ich allgemeine Weihnachten erfahren. Dann habe ich etwas gedacht...

 "Ich wohne im Dorf. Es ist eine gute Idee!"
 In Opfingen giebt's eine Kirche, Evangelische Bergkirche. Am Samstagabent und Sonntagmorgen (24,25.Dez) gab es eine Weihnachtsfeier dort. Ganz viele Leute in Opfingen sind dahin gekommen.
 Auch ich habe da besucht. Wir haben die Geschichte der Weihnachten, das Orgelspiel und den Chor gehört. Und wir haben auch das Kirchenlied zusammen gesangt.
 Am Sonntagmorgen habe ich auch Brotchen gegessen und Wein getronken.

 Denn die Feier bescheiden war, war es sehr gut. Ich habe shon die Messe im Münster besucht. Die war auch gut. Aber mir ist Bescheidene Feier besser. Denn die ist anheimelnd.

d0014524_19561437.jpg


 この時期はドイツ中にヴァイナハツの市場が出ていて、たくさんの人があちこちの町へ見に行ってます。でも私はあんまり興味なくて、ごく普通のヴァイナハテンを体験したかったのですね。だからあれこれ考えました・・・

 そうだ私は田舎に住んでるんだ。これはいい!

 オプフィンゲンに、小さなエヴァンゲリッシェ・ベルグキルヒェ(←やっぱ片仮名で書くとすんごいわ。プロテスタントの「丘の教会」です。)ってのがありまして、土曜の夜と日曜の朝(12/24,25)に祝典があったんですね。めちゃ大勢のオプフィンゲン住人が集まってきてました。普段なんか道を歩く人も少ないのに、こんなに人が住んでたのか!と驚きでした。え? 誇張しすぎましたね。てなわけで私も行ってきました。
 以前知り合った村の牧師さんがヴァイナハテンにまつわる話をしてくれてました。聞き取るのには苦労しましたが、冗談交じり(たぶん)に、みんなを笑わせながらのお話でした。とてもいい雰囲気でした。
 パイプ・オルガンの演奏や聖歌隊の歌を聴き、みなさんと一緒に私も聖歌を歌いました。教会中の人が一緒になって歌うというのは、心地のよいものでした。
 日曜朝のは、割と人が減って落ち着いた感じ。パンと葡萄酒も頂きました。

 やっぱ慎ましいのがいいですね。前にミュンスターのミサに参加したことがあるんですが、もちろんあれはあれで良いんですが、こじんまりしてる方が家庭的でいいな、と思います。

P.S.
まったく謎なんですが、この牧師さんの話し声(話し方?)の節々が、知り合いのお寺の住職さんに似てるんですよね。なんというか、すごい不思議・・・

- Zusatz / おまけ -
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-12-26 19:58 | Report (Deutschland)
d0014524_22542933.jpg

クレーンだって・・・


d0014524_22551514.jpg

そんな気分に浸りたい・・・


 これ、ちゃんと電球がいっぱい付いてて、夜になると光ります。


 いまラジオ聞いてて思い出しました。そういえば一昨年、Christmas Party 2003(クリパ2003)音効班で「『クリスマスをイメージする音』分析会議」みたいなことやりましたね。様々なクリスマス・ソングを集めて共通項を洗い出し、それを音制作に反映する、みたいな。

 結構いろいろ見つけたような気がします。大半は忘れたけど、ドラムのフレーズから音色に関してまで、何やら色々あったような。
 決定的なのは「金属音」。鈴の音やチューブラ・ベルなんかがその例ですね。しゃんしゃんしゃんしゃん、って鳴らしたとたん、あぁクリスマスだ、と。それからチューブラ・ベルからの応用編として、金属音の合成が得意なFMシンセサイザーを使った音色も飽きるくらいよく使われます。
 どういうわけか、TRシリーズ(Roland)のテクノ・ドラムや、シンセ・ベースが愛用されていたような気もするなぁ。
 リヴァーブ(残響)を深めにかける、なんてのもあるかも。

 関係ないけど、FMシンセ、個人的に使いこなせるようになりたい音源のひとつ。もし将来そんな仕事をするようになったら、ちゃんと勉強しようと思う。
 もっと関係ないけど、かつてリズムマシンに「ドンカマチック」と名付けたKORGのセンスは素晴らしいと思う。

 でもこの時期、「クリスマスに引っ掛けて作った」程度のおもしろくもなんともない曲が溢れ返ってきて、正直わたしは飽きます。「クリスマス」って歌詞に入ってるだけで「クリスマスに聴きたい曲」に選ばれてたりして、毎年あほらしく思ってしまう。

 「売れるからには何かいい所があるんだよ。君が気付かないだけで。」とか言われれば、まぁそうかもしれないが、私は好かんものが多い。

 さぁ、愚痴ってないで、早くいい音を見つけねば。
 クリスマスとは関係ない曲だけど。

 あぁぁ。

 あ、演劇制作スタッフのみなさま、よろしくね。
 ドイツ支部でひっそり参加してます。
 …ってブログだけ見てる人には意味分からんね。
 詳しくはまた。

P.S.
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-12-22 22:57 | ひとりごと
 「私はこんな人です」と紹介するには、やっぱり作品というのが大切なんです。とくに私はいま肩書きナシですから(笑)。

ぼ: "Was möchten Sie in Deutschland machen?"
   (あなた何しにドイツ来たの??)
ひ: "Ich möchte etwas studieren..."
   (ちょっと学びたいことがあって…)
ぼ: "Sie sind Student?"
   (学生さん?)
ひ: "Ja... Nein... Ich habe shon meine Universität aufgehört."
   (あーいやー、大学はもう辞めたんですけどね…)
ぼ: "Ach, ja. Abgeschlossen!"
   (あー卒業したんですか)
ひ: "Ne, aufgehört..."
   (いや自主退学なんですけどね…)

 怪しさピカイチ。

 ただ怪しい人間で終わっては非常に困るので、「あーこういうの作れる人なんだ」くらいは知っていて欲しい。 …という理由からではないかもしれませんが、制作中その2。

 来月中旬、1月19日、再びコンサートに出場します。なんとも有り難いことですよ。発表の場を(ここの学生じゃないのに)もらえるなんて。して今回はメキシコ出身のコントラバス弾きと共演の予定です。期待(作曲力ついに復活か!?)の新作で挑みます。制作中です! もう大家さんを誘っちゃったので失敗は許されません!

ひ: "Ich spiele in diesem Konzert mit. Bitte kommen Sie!"
   (今度コンサートで演奏するんで、ぜひ来てください!)
お: "Ach, Sie sind Musiker!"
   (へー、あなた音楽家なんですか!)
ひ: "jJa... Ne... N... Ich bin Akustiker."
   (えー、あー、いやー、音響屋かなぁ…)
お: "Akustiker!?"
   (音響屋さん!?)
ひ: "j...Ja, aber manchmal bin ich Fotograf..."
   (あー、でも、ときどきカメラマン…)

 やはり怪しさは拭えない。わたしは一体何者だ!?


 Tut mir leid... Ich konnte diese Sätze nicht übersetzen. Deshalb schreibe ich nur Hauptunterhaltung.
 Ich spiele am 19 Jan. im Konzert mit, und ich komponiere jetzt ein neues Stück für das Konzert. Im Konzert spiele ich mit einem mexikanischen Kontrabass-spieler!
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-12-19 19:26 | Report (Deutschland)



 ちょっと気合入れて作ってるものがあります。




 村を知るための基本中の基本アイテムです。






d0014524_2122615.jpg


 言うまでもなく、これは地図です。Opfingen の俯瞰図を初公開! 一応付け加えると、これは手描きです。そのー、市販の地図では小さすぎて使い物にならないんですね。あと、必要ないのにFreiburg全体が載ってて無駄にかさばったりと、どうにも使いづらい。だから、A4レポート用紙を2枚くっつけて、自分で描いちゃいました。

 本屋で見つけた Vermessungsamt(日本語では土地登記所というそうですが)制作の地図 Amtlicher Stadtplan(←これが驚くほど正確で細かい)を元にして、道路から農道から細ぉい裏道まで、あんな道もこんな道も「ぜんぶ」描いてあります。色々と書き込んでいる途中なので、まだまだ制作途中ですが。ってかどの時点で完成かわかりませんが。

 Opfingen は小さい村だと言ってましたが実際どんなもんかというと、東西1.0km、南北1.3kmの大きさです。地図の中心あたり、白のままの部分ですね。見にくいかも知れないけれど我慢してね。
 写真の地図の範囲は越えますが、周辺の話を少し。村の東側1kmちょっとが畑、さらに4kmほど林が続き、西側は延々と(距離わかりません) Weingarten が続いています。ぶどう畑です。どうやら数km進むと Merdingen という村があるようです。北と南には1km弱の距離をおいて、やはり小さな村があります。前述の St.Nikolaus と Tiengen ですね。

 地図制作は緻密な作業なので結構疲れますが、全体像が浮かんできたり色塗ってる時なんかは子供みたいにワクワクしていたりします。これを持ってると標識のない Weingarten でも迷わず歩けたりして、なかなか楽しい。ちなみに私は、南の川沿いに住んでいます。っていっても、南北1kmですけどね。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-12-15 21:24 | Report (Deutschland)
d0014524_2020635.jpg

 Ich vorstelle heute Opfingen.
 今回はオプフィンゲンをご紹介いたします。
 I introduce Opfingen today.


d0014524_20212246.jpg


 Opfingen liegt auf dem Tuniberg, der im westen von Freiburg ist. Der sehr große Weingarten liegt auf dem Berg. Das Hauptprodukt von Opfingen ist Wein und Spargel.
 オプフィンゲンは、フライブルクの西、テュニベルクという丘にあります。広い広い(ワインの)ブドウ畑が丘の上に延々と広がっています。オプフィンゲンの特産品はワインとアスパラガスです。
 Opfingen stands on the hill "Tuniberg" which is situated in west Freiburg. There are very great field ( vineyard ) on the hill. The special product of Opfingen is wine and asparagas.
d0014524_2025129.jpg
 Wenn es Sommer ist, glaube ich, dass die Aussicht sehr shön ist.
 夏ならきっと、この景色はとても綺麗でしょうなぁ。
 If it is summer, the sights will be very beautiful, I guess.


d0014524_20275198.jpg

 Diese Straße ist die Hauptstraße von Opfingen. Hinten steht eine kleine Kirche.
 この道がオプフィンゲンの中心の通り。奥の方に小さな教会があります。
 This street is the main street of Opfingen. You can find a small church in the back.



 Der Sonnenuntergang
 日の入り
 The sunset
d0014524_20292522.jpg


[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-12-12 20:30 | Report (Deutschland)
- Sorry. Only in Japanese. -

 先日オプフィンゲンという田舎に引っ越してきたわけですが、なぜ田舎が良かったのかということを、ここに説明しておこうと思います。
 何?そんなの聞きたくもねーよって? まぁそう言わんとお読みなされ。きっと何かのためになるからさぁ。


 そもそも私が大学を辞めて学ぼうとしているものは何なのか、という所から説明すると、話がわかりやすいかと思います。

 私は「音響設計学科」という所に属していました。従って授業では、音響に関する理論を学ぶことができました。それはそれで大変興味深かったのですが、ある疑問をどうしても拭い去れませんでした。簡単に言えば、「で、それをどうする気?」ということ。私は、「本当に良い生活」を生み出すために、何か音の視点から発想したかったのですが、どうも「何が本当に良いものなのか」は大学の中では学べそうになかったのです。

 音響技術は身に付いていく。しかしそれが一体誰のために何のためになるのか、いまいちピンと来ない。これはもう、自分自身で「本当に良い生活/社会」をイメージできるようになって初めて、それらは役に立っていくのだろうな、と考えていました。つまり、音にせよ何にせよ、研究を進めていく大前提として、もっと「社会」や「人の暮らし」そのものの事を知る必要がある、と考えたのでした。
 「本当に良い生活/社会」をしっかりイメージできた上で、そのために本当に必要な技術(もの/わざ)を選んで注ぎ込んでいくのが、世界を創造していくための正しいやり方だと考えていました。

 あと、なんというんでしょうかね・・・ 音響なり何なり、技術は他の人に任せることも出来る。友人達の中にも、自分より優れた技術を持った仲間がいる。音、光、物、情報などを、様々に作り出せる「技術を持った人」が、世の中にはいる。ならばそれを自分がやる必要はない。自分がやるより、才能を持った彼ら/彼女らに任せた方が、きっと良いものが生まれるはず。せいぜい自分でやった方がいい時にやれるように、しっかり能力を磨いておけばそれでいい。

 しかし世の中に欠けているのは、様々な知恵や技を有機的に組み上げていける人。世界をどうしていったら良いのかをイメージし、そのために必要なものを考え、実現のための手順を組み立てて、その「技術を持った人」をまとめあげていける人。
 ならば自分がやるべき事は、そこにある。そんな事に気付く/そんな事をやろうと考えるバカな人間はどうやら少ないようなので、せめて自分くらいやろうと思ったのでした。


 さて、社会を構成するのは、人のつながり。コミュニティーです。社会を知るために、コミュニティーの仕組みを知る必要がある。将来、より良く社会を設計するために、コミュニティーを生み出す力が必ず要る。
 ならば、ゼロの状態から人脈を築いていく中で、コミュニティーの仕組みを学び、それを生み出す力を身に付けていけるのではないか、と私は考えました。

 人脈をゼロに近づけるため、知り合いもいない言葉も良くわからない「外国」へ飛び込みました。そこでは何をするにも一手間かかるので、「生活/暮らし」というものを見直すことも出来る。しかしフライブルクも、なんだかんだで大きな町なのですね。今の自分には、どうその社会に関わっていけばいいものか分からなかったのです。

 しかし田舎ならばコミュニティーの規模は小さい。従ってそれは濃く、また把握しやすいはず。ならば本当に現地の人たちに関わっていくキッカケを掴みやすいのではないか、と考えたのでした。


 さぁ本当にこんな所までやって来てしまった今、この先の展開が楽しみです。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-12-07 22:10 | 考えること
Opfingen ( Stadt Freiburg im Breisgau )
d0014524_1984594.jpg

 In der letzte Woche bin ich umgezogen. Jetzt wohne ich shon in Opfingen. Opfingen liegt in Westfreiburg. Ca. 10 km von der Stadtmitte. Hierher muss man mit der Straßenbahn und mit dem Bus kommen, und es dauert über 50 minuten. Das ist ja eine kleine Reise. Aber eigentlich wollte ich im Dorf wohnen, deshalb ist es mir kein Problem.
 Ich wohne jetzt im Dorf. Das ist mir wichtig.
 Dieses Zimmer ist wirklich ein Zimmer, was ich "selber" in Ausland gefunden habe. Das ist mir ganz wichtig.

 先週、引っ越しました。今はもうオプフィンゲンに住んでます。オプフィンゲンは西フライブルクにあり、中心部からは約10km。ここへ来るには路面電車とバスを使わなければならず、50分以上かかります。それはもう小さな旅です。でも、もともと田舎に住もうと考えていたので、これは何の問題にもなりません。
 いま私は田舎に住んでいる。この事が重要なのだ。
 この部屋は本当に「自分で」外国で見つけた部屋。この事がとても重要なのだ。

 In last week I moved. Now I live in Opfingen already. Opfingen is in west Freiburg. About 10 km from the central of the city. They have to come here with the tram and the bus, and it takes over 50 minutes. It is a small trip. But it is no problem for me, because I wanted to live in the village.
 I live in the village now. This is important.
 This room is really a room, what I found in foreign country "by myself". This is very important.



- 注意 / Attention -
 いま自分の部屋にはネット環境がなく、町までPCを持ってきて使っています。従って毎日メール・チェックをする事も出来ませんので、あらかじめ御了承ください。何か重要な連絡等ある場合は、1週間程度は余裕を持っていただきますよう、お願いいたします。
 I can't use the Internet in my room. Now I bring my PC to the town, and I use it. Therefore I can't check E-mails everyday. Please know it. If you send me important message, please do that over 1 week before if you can.
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-12-05 19:09 | Report (Deutschland)