<   2005年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

:::: Budapest -> Kesztölc :::: ( 3rd day )

 Am Nächsten Morgen sind wir für Frühstück ins Cafe gegangen, wo er(G) oft gegangen ist. Das Wetter in Budapest war schnee. Nach der kleine Pause sind wir mit der Straßenbahn entlang Donau gefahren. Wo wir besucht haben, ist "Vásárcsarnok". Die Markthalle.
 翌朝、友人Gがよく行っているというカフェに朝食を食べに行きました。ブダペストは雪でした。小休みの後、ドナウ川沿いの路面電車に乗りました。出かけていった場所は、「Vásárcsarnok」。屋内市場です。
 The next morning we went to a Cafe, where he(G) often visit. The weather in Budapest was snow. After the small pause, we got on a tram along Donau. Where we went to, is "Vásárcsarnok". The market hall.

d0014524_204038.jpg

 Die Markthalle ist sehr groß. Da gibt es viele Sache. Gemüse(Natürlich viele Paprika auch), Obst, Fleisch, Gewürz, Kleidung, Keramik, usw. Sehr viele Dinge kommen hierher von ganzen Ungarn.
 屋内市場はとにかくでかい。たくさんの品々がおいてあります。野菜(当然たくさんのパプリカも)、果物、肉類、調味料、衣服、陶磁器などなど。本当にたくさんの品物がハンガリー中から集まってきています。
 The market hall is very great. There are many things. Vegetables(Of course many Paprikas too), fruits, meat, spices, clothes, ceramics, and so on. Very many things come hear from all Hungary.


d0014524_2044727.jpg


 Wir sind durch die Straße gegangen, und wir haben einige Läden besucht. Nach dem Mittagessen sind wir nach dem Dorf meines Freund(G)s abgefahren. Nach "Kesztölc".
 通りを歩いていき、いくつかお店をのぞいて回りました。昼食の後、友人Gの田舎へと出発しました。「Kesztölc」へ。
 We walked through the street, and we visited some stores. After the lunch, we departured to my friend(G)'s village. To "Kesztölc".
d0014524_2052574.jpg
 Nach dem eine-Stunde-Zugfahrt sind wir zu seinem Dorf angekommen. An diesem Tag war mein Japanische Freund(A) ein Koch. Er hat "Sui-ton" für die Familie gekocht. Weil wir die Klette in Wien gefunden haben, haben wir so gedacht. Weil es viele Japanishe Gewürz(z.B. Sojasoße, Sojabohnenpastete) im Haus gab, haben er und ich oft gesagt, "Ist hier wirklich Ungarn?"
 1時間の列車の旅の後、村に到着しました。この日は友人A(日本人)が料理長でした。彼が一家のために「すいとん」を作りました。ウィーンでごぼうを見つけちゃったせいで、こんな事を考えたのでした。家の中に数々の日本の調味料(醤油、味噌など)が存在していたので、2人で「ここは本当にハンガリーか?」と言ってました。
 After the 1 hour train trip, we got to his village. My Japanese freind(A) was a cook in this day. He cooked "Sui-ton" for the family. As we found burdock in Vienna, we thought so. As there were many Japanese spices(ex. soy sauce, soybean paste) in the hause, he and I said, "Is hear really Hungary?"


d0014524_206158.jpgd0014524_2061812.jpg




 Später haben wir etwas mit der Familie gesprochen. Warum wir nach Deutschland gekommen sind. Oder unsere Zukunft. Das war sehr schwerlich, aber sehr interessant. ( Ich und Freund(A) haben auf Deutsch gesagt, und Freund(G) hat das zu Ungalisch übersetzt. )
 Und ich habe auch ein Heft von seiner(G) Schwester gesehen. Sie ist noch 11 Jahre alt, und geht zur Schule. Aber ich war überrascht über ihr Heft. Das war nur ein Heft für die Schule. Aber das war sehr shön. Dieses Heft ist von Waldorfschule. Das war wie eine Kunstwerk. Wenn das Heft so schön ist, will man vielleicht später noch mal sehen(wiederholen). So habe ich gedacht.
 その後、家族の方々とお話してました。なんでドイツに来たのか。あるいは自分達の将来像など。とっても難しかったけれど、非常に興味深かったです。(私と友人Aはドイツ語で話し、友人Gがハンガリー語に翻訳していました。)
 それから友人Gの妹のノートを見せてもらいました。彼女はまだ11歳で(小)学校に通っているのですが、私は彼女のノートに驚きました。ただの学校のノートなのに、とても美しいんです。このノートはヴァルドルフ学校のものです。まるでひとつの作品のようでした。これだけ綺麗なノートなら、後でまた見たくなる(復習)よなぁと、そう思ったのでした。
 After that we talked with the family. Why we came to Germany. Or our Future. It was very difficult, but very interesting. ( I and friend(A) said in German, and friend(G) translated that into Hungarian. )
 And I saw a notebook of his sister. She is still 11 years old, and go to school. But I was surprised with her notebook. It was only a notebook for the school. But It was very beautiful. This notebook is from Waldorf school. It looked like a artwork. If the notebook is so beautiful, they want to see(review) that after again. I thouht so.
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-11-29 20:07 | Report (Ausland)
 Ich bin für eine Woche nach Wien und Ungarn gereised. Weil die Tage seeehr lustig und witzig waren, möchte ich das Tagebuch bis in die Einzelheit schreiben.
 1週間の間、ウィーンとハンガリーを旅していました。とーってもおもしろかったので、細かく日記を書こうと思います。
 I have traveled to Wien and Hungary for one week. As these days were veeery funny and witty, I would like to write a detailed diary.



:::: Wien ( ->Budapest ) :::: ( 1st&2nd day )

 Dieses mal bin ich mit einem Freund(A) gereised. Wir sind um 6:52 mit ICE von Freiburg abgefahren. Der Morgen war sehr kalt. Ich habe vielleicht Sternstaub(Diamond Dusts) gesehen.
 今回はとある友人Aと旅していました。6:52のICEでフライブルクを出発。この日の朝はとても寒かったです。たぶんスターダスト(→ダイアモンド・ダストですね。訂正が入りました。)見ました。
 This time I traveled with one Friend(A). We departured at 6:52 from Freiburg with ICE. This morning was very cold. Maybe I saw star dusts(Diamond Dusts).

d0014524_21193676.jpg

d0014524_21203575.jpg Wir sind nach Wien über Karlsruhe, München, Salzburg gefahren. Als wir in Karlsruhe angekommen sind, hat es Schnee gefallen. Deshalb wurde ich sehr lustig!
 ウィーンへは、カールスルーエ、ミュンヘン、ザルツブルグ経由で行きました。カールスルーエに着く頃には雪が降っていました。ついつい楽しくなってしまいました!
 We went to Vienna via Karlsruhe, Munich, Salzburg. Wenn we arrived at Karlsruhe, it was snowed. So I became very happy!




 Wir haben das Mittagsessen im zug gegessen. Das war mir vielleicht erste mal, ins BordRestaurant zu gehen.
 昼食を列車の中で食べました。たぶん食堂車に行くのはこれが最初。
 We ate a lunch in the train. Maybe it was my first time to go to buffet car.

d0014524_2122257.jpgd0014524_21224332.jpg




 Es dauert ca. 10 Stunden von Freiburg nach Wien. Nach 17 Uhr sind wir in Wien angekommen. Dort haben wir meinen Freund(G aus Ungarn) und seine Familie getroffen. Dann sind wir zum Zimmer seines Bruders mit dem Auto gefahren. Es gab drei Sprachen im Auto. Ungarisch, Deutsch, und ein bisschen Japanish. Das war sehr international Auto.
 Nach die Familie zurückgefahren ist, haben wir drei etwas Abentessen gegessen, und im Schlafsack auf dem Boden im Bruders Zimmer geshlafen.
 フライブルクからウィーンまでは約10時間かかります。ウィーン到着は17時過ぎ。そこでハンガリーの友人Gと彼の家族と落ち合いました。それから車でその友人の兄宅へと向かいました。車の中には3言語。ハンガリー語、ドイツ語、日本語少々。とても国際的な車でしたね。
 家族が帰った後、うちら3人は夕食をとり、兄宅の床で寝袋にくるまって眠りました。
 It takes 10 hours from Freiburg to Vienna. After 17 o'clock we arrived at Vienna. There we met my Friend(G from Hungary) and his Family. Then we ran to his brother's room with a car. There were three languages in the car. Hungarian, German, and a little Japanese. It was a very international car.
 After the family went back, we three ate something dinner, and slept in the sleeping bag on the floor of brother's room.


d0014524_21233577.jpg

 Am nächsten Morgen sind wir zum Markt gegangen. Da gab es viele asianische Läden auch. Wir haben etwas gegessen, und etwas für Kochen gekauft. Später sind wir in die Stadt spazieren gegangen.
 翌朝は市場に出かけました。市場にはアジア物のお店もいっぱいありました。ちょいとメシを食って、料理用に買い物をしました。その後は市内の散策に出かけました。
 The next morning we went to a market. There were many asian stores too. We ate something, and bought something for cooking. Then we went to walk around the city.


d0014524_21241885.jpg


d0014524_21244221.jpgd0014524_21245787.jpg

d0014524_21251763.jpg



d0014524_2126349.jpg
 Die Müllverbrennungsanlage von Hundertwasser(Kunstler)
 フンダートヴァッサー(芸術家)のゴミ焼却場
 The waste treatment center by Hundertwasser(Artist)



 Wir sind in dieser Nacht von Wien abgefahren. Denn der Freund(G) hat eine Kollegin seines Vaters gefragt. Weil sie auch mit dem Auto von Wien nach Budapest gefahren ist, konnten wir zusammen fahren. Ohne Geld(!!).
 この日の晩、ウィーンを出発しました。というのは友人Gが、彼の父のとある同僚の人に頼んでくれたから。ちょうどその人もウィーンからブダペストへ車で向かうところだったので、我々も一緒に乗っけてもらえました。無料で(!)。
 We went up from Vienna in this night. Because the friend(G) asked a fellow of his father at the company. As she ran from Vienna to Budapest with car too, we could run together. Without money(!!).
d0014524_21264411.jpg






 Dann sind wir um 1 Uhr in Budapest angekommen.
 その後ブダペストには1時に到着しました。
 Then we arrived at 1 o'clock in Budapest.
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-11-28 21:27 | Report (Ausland)
 一人三役ぐらいやったゲーテ・コンサートは無事に終わりました。
d0014524_20244219.jpg


 客席後ろで録音しつつ、個人的にカメラで撮影しつつ、出演しつつ、セッティングのサポートしたりしつつ、何やらバタバタしていました。おかげで緊張具合は若干マシになってました。

 演奏時間の8分間が、思いのほか早く進んでしまいましたね。「あれ、もうこんなトコ弾いてる」と不思議に思いながらの演奏でした。かなりおいしい所(見せ場?聴かせ場?)で変な音押してしまったりしたけれど、まぁどうにかなったようです。(失敗はばっちり録音されておりますが)

 コンサートの後、いろいろと知らない人が良かった良かったと言ってくれたので、きっと良かったのでしょう。配線バラしたり機材片付けたりバタバタしてるとこをわざわざとっ捕まえて「良かったー」と言ってくれたので、僕は嬉しかったです。

 久々の徹夜作業となった編集ですが、5時間かけて無事終了。フリーソフトばんざい! 翌朝にはどうにか20枚のCD達がふっくらと出来上がりましたとさ。実際、結構しんどかったが。でもこれも喜んでもらえたので、まぁいいかな、と。なんだかんだで、こういう作業は好きだし。

d0014524_20254061.jpg

d0014524_20255686.jpg


 いや、にしてもですね、今回のコンサートはおもしろかったのですよ。出演者も曲目も豊富。特に歌モノが良かったですね。とあるロシア語の曲は本当にかっこよかった。極限まで少ない音数で世界を作り上げてあって、びびりました。-> 楽譜もらっちゃいました(歌詞は一切読めないが)。台湾の人の中国語による歌もいいし、めちゃ上手い日本のとある女性歌手の歌は迫力がスゴイ。ほんと、録音しておいて良かったなー。

d0014524_20262496.jpg


 そんなでした。

P.S.
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-11-19 03:54 | Report (Deutschland)
 市の威信をかけて、多額の予算を組んで市内全域にロスコ(スモーク・マシン)を配備しているという噂のあるフライブルクですが、ある日の夜は定期点検のためにロスコ全開でした。それはもう、スピンナーかミラーボールをくるくる回したいくらいでした。あのロスコ独特のにおいが町中に充満して・・・

 ごめんなさい。嘘です。

 あ、いや半分、いや 1/10くらいは本当です。10月にレポートしたあの深い霧が時々町にやって来るんですが、それが夜だととても幻想的な雰囲気を醸し出すのです。初めて見たときは、それはもうドキドキしました。本当に綺麗なんですよ。

 今回はレポーターのこたろうさんが風邪をひいて休暇中なので、当社カメラマンの写真から一部を御紹介いたします。

-> 写真集
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-11-16 17:13 | Report (Deutschland)
d0014524_17341657.jpg

 昨日は「ゲネプロ」こと"Generalprobe"でした。

 は?なんの?

 5、7月に語学学校のコンサートに参加してたのを、覚えているでしょうか。そのコンサートがまた今週あるんですね。で、もう通ってないはずの語学学校なんですが、本人もいきさつをよく理解していないんですが、なぜか私も参加することになってます。

 フライブルクに帰ってきて、7月に録音したやつのCDをプレゼントしに学校へ行ったら、「11月またあるから、あなたもやって~」と。で、何やら話が進み、授業は取ってないのにコンサートだけ参加することになりまして。しかも参加する代わりに、普段から練習用にピアノを使わせてもらっている、という不思議な話。いやほんとに授業は取ってないんですが・・・ここの学生じゃないんですが・・・いいの?? いいんだ。ラッキー。

 ちょっと自分の話をすると、残念ながら今回は、秋の新作大放出ではありません。まだ音関係の感性が低迷しているようで、生まれてこないわけですね。なので過去の作品から選出。即興力もなかなか酷い事になっているので、まぁ今回はイタシカタナイな、と。
 ピアノ1台でやるとして、どうしようかと考えた挙句の選曲は、

1. Beautiful Dreamer
 今年3月の劇部公演「皇子頂くとき…」から、ドドさんに登場してもらいます。
2. ein Gedicht des Regens
 7月のコンサートで初披露した曲。ピアノ・ソロヴァージョンにて。

 どちらも福岡に行ったときに録音したやつで、なかなかいい感じに落ち着きそうな手ごたえがあったものですから、採用させていただきました。
(注:笑いはとりません。)


 で、せっかく自分がいるんなら、というサービス精神で、今回も録音いたします。本当は自分がやりたがりなだけという噂も、結構当たってるかもしれません。

 今回は日本に持ち帰らなくても編集作業が全部できるので、がんばれば翌日の朝にはきっと、出来たてホヤホヤほっかほかのCDがふっくらと焼きあがることでしょう。

 わーい


 日本・福岡で芸工祭の前夜祭が盛り上がった後、きっと深夜の舞台設営などが行われているころ(時差があるので)、私もドイツ・フライブルクでプチ本番&プチ現場させて頂いております。

 やっぱりね、「副委員長日記」のイントレ(舞台足場)写真なんか見るとね、こう、なんと言いますか、ね、血が騒ぐわけですよ、やっぱり。「あー、がちゃがちゃ組みたい!」と。


 頼むぜ、かわいい機材たちよ!

 …の前にまず、演奏とちるんじゃねーぞ、自分!

機材関係について・・・
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-11-14 17:38 | Report (Deutschland)
…ってほどのものでは全くないんですが。まぁほのぼのネタをちょっと。

 語学学校時代の友人も住んでるしってこともあり、何かと訪ねることの多い学校のゲストハウスなんですが、先日「すいとん」&「お好み焼き」大会が開かれてました。東北出身の人が作る「すいとん」と関西出身の人が作る「お好み焼き」。完ペキ。
 まぁ日本人も少なくないのでこういう企画が上がってくるのはよく分かるんですが、タイの友達も多いのですね。で、彼ら彼女らがごっちゃになって、キャベツ切ったりなんだりやってたわけです。結構たのしいのだな、これが。

 余談ですが、こっちのキャベツは恐ろしい程に身が詰まっています。

 「すいとん」と「お好み焼き」は最初は何の関係もなかったんですが、流れで同時開催することに。そのうち手作りピザが登場したり、タイ料理たちがやってきたり、とめまぐるしく発展。かなり賑わいましたね。いやー、うまかった。満腹でした。誘ってくれてありがとう。

 あ、ほんと久々に大根食いました。


P.S.
 「盛り付ける」という手順を必要とする料理の場合、やはり何かしら遊びたくなってしまうのは、人間のサガというものですよね。

 こういうの。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-11-14 17:31 | Report (Deutschland)
 いっぺん言葉にしてみたかったので、書いてみます。

- - - - - - - - - -

 「自由」ってなんでしょうか。辞書曰く、「心のままであること。思う通り。自在。」 ・・・まぁ、好き放題やれる、ということですね。

 思うに、私の今の生活は、まさに「自由な生活」なわけです。「○○をしなければいけない」ということが、何ひとつないのだから。

 朝起きなくたっていい。課題しなくたっていい。学校行かなくたっていい。仕事しなくたっていい。何も考えなくたっていい。

 面倒なことは何もしなくたっていいわけです。「自由な生活」では、嫌な事はすべて、しなくてもいいんです。それゆえ、「もっと自由になりたいー!」という人が時々出てくるわけなんですが、そんな人には本当の「自由な生活」は絶対におすすめできません。


 ここでもう一度、「自由」の意味を考えてみましょう。


 「心のままであること。思う通り。自在。」


 気付いてもらえるでしょうか。本当に「自由」であるためには、自分自身の「心」なり「思い」があることが前提条件なのです。しっかりとした「自我」があって初めて、「自由」になれる、ということです。ただ用意された娯楽を受け取るわけではありません。

 いつ起きるか。いつ寝るか。何を食べるか。何を着るか。何を考えるか。何をするか。どこで暮らすか。どう生きるか。あるいは、どう死ぬか。

 そのすべてを自分の意思で決めるということは、決してラクなものではありません。人間、どこにいたらいいのか、何をしたらいいのか分からないのは、不安なものです。しかしどんな条件も、勝手に決まったりはしない。どんな喜びも、勝手にやって来たりはしない。すべて自分の意志で決め、自分の手で見つけ出さなければいけない。


 一緒に遊ぶ友人を連れてきてくれる「学校」という場所もないから、自分で見つけない限りは「孤独」。

 自分を家の外に導いてくれる「予定」というものもないから、自分で動き出さない限りは「引きこもり」。

 何かを探すにも、自分の足で探さなければならない。

 何かを知りたいと思ったときも、どうやったらそれがわかるかを判断し、そのためのプロセスを実行しなければならない。


 要するに、自分で自分用の教育プログラムをゼロから作らなければならないということなのです。どうやったら自分を成長させられるのかという、本当の意味でのセルフ・プロデュース。そう、「自律」です。

 だから、「もっとラクに、自由にして!」という人には、絶対におすすめできません。それは「ダメ人間になっていくから」というちゃちな意味ではなく、「もっと苦しい思いをする」ということです。結構しんどいぜ、まじで。

 しかし、その中で見つけた、本当に自分の手で、そして足で探し出したものには、計り知れぬ素晴らしさと喜びがある。そしてその経験は、自分自身の体の中に「生きた知恵」として刻み込まれていく。その意味において、「自由」である事は非常に価値のある事だと考えています。


 この本当の「自由な生活」にいる今こそ、自分の本当の能力が試されている、と思っています。と同時に、その能力が育まれている、とも思っています。

 いろんな意味で、この時間はとても貴重。

 そして、今が勝負なのだ。



これを実感できたことは、ここへ来た意味として十分すぎるほどのものだ。

さぁ、次の次元へと進まねば。

P.S.
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-11-10 17:00 | 考えること
 Ich habe eine Wohnung gefunden. Ich kann umziehen!

 Endlich habe ich Zypresse gelesen. Und dann habe ich angerufen. Natürlich auf Deutsch! ( Obwohl ich nicht gut verstehen konnte... )


 Die neue Wohnung ist in Opfingen. Opfingen liegt im Westen von Freiburg. Es dauert ca. 40 Minuten, von Stadtmitte nach Opfingen zu fahren. ( Mit der Straßenbahn und mit dem Bus ) Dort ist ja ein Dorf.

 Die Miete ist gleich als alte(jetzte?) Wohnung. Obwohl die Wohnung ganz fern ist...

 Aber das ist mir egal. Weil ich eigentlich im Dorf wohnen wollte. Im Dorf wohnen ist mir jetzt besser als in der Stadt wohnen. Es ist wichtig für mein Studium.


- - - - - Deutsch -> Japanisch / ドイツ語 -> 日本語 - - - - -


 部屋を見つけました。引っ越せます!

 結局は Zypresse 読みましたさ。んで、電話かけましたさ。もちろんドイツ語で。(あんまり良くわかんなかったけど!)


 新しい家はオプフィンゲンにあります。オプフィンゲンはフライブルクの西部。
中心街からオプフィンゲンまでは40分ほどかかります。(路面電車とバスを使って) まぁ田舎ですね。

 家賃は今の部屋と同じ。めっちゃ遠い場所にあるのに…

 でもそれはどうでもいいのです。だってもともと田舎に住もうと思っていたのだから。田舎に住む方が、今は私にとって町中に住むよりも好ましいのです。自分の研究のために重要なのです。





 はい。ってことで、引っ越しです。水面下で(?)繰り広げられていた引っ越しプロジェクトですが、ようやく決まりました。何が大変って、精神的に大変。 Zypresse 読んで物件探すんですが、その後まったく知らん人に電話をかけて連絡とらねばならないわけです。電話かけなきゃいけないのは分かっているけど、何て言うべきかも分からんし、どんな展開になるかも分からんし、当然すべてドイツ語で(しかも相手はネイティブ)乗り切らねばならないし…と、なかなか電話のボタンを押せない。

 それで直接会って話が出来る不動産屋めぐりに逃げてたのですが、とうとう頼みの綱の場所までダメだったので、ついにスイッチが入ってしまいました。

 わっかりやしたよー。Zypresse 読みゃーいいんでしょー、読みゃー。もういいよー。かけますよー、電話ー。

 やけくそでした(実話)。しっかし人間スイッチが入ると、ほんと仕事が速いもんです。その日のうちに良さげな条件の部屋を見つけて、見学の予約まで済ませてしまいました。

「コンニチハ… ワタシ今部屋探シテマス。アー… つぃぷれっせ、読ミマシタ。おぷふぃんげんノ部屋。ワタシ、ソコ住ミタイデス。一度ソコ訪問デキマスカ?」

 電話は確か、こんなんでした。きっとドイツ人的にはこう聞こえていたはず。「見学」って言えず「訪問」って言っちゃってます。様々な点が、もうヨレヨレです。ガイジンっぷりが全速力で疾走してますね。でもいいんです。だって私はガイジンですからー。色々わかんないんですからー。
 まるでダメでも、やらないよりやった方がマシ。生き抜くことが先決。ここまで来たら、開き直っていきまっしょーう。



 引っ越し先の詳しい話は、12月に改めて紹介します。



P.S.
最近、朝が寒いっす。
7℃とか。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-11-08 17:44 | Report (Deutschland)
 出口が見えてきた・・・



d0014524_0454751.jpg



 あとちょっと。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-11-08 00:46 | ひとりごと
d0014524_17551566.jpg
フライブルク大学にて。



- - - - - - - - - -


いよいよ我が母校の学園祭、芸工祭まで2週間ですね。
Web サイトもぞくぞく更新されてきてます。

陰ながら応援させていただきますぜ。

私は見に行けませんが、
後で記録を見せてもらえたらいいなーと。


P.S.
火祭りOB&2研OBのみなさま、
いろいろ手伝えず、ごめんなさい。
心配と期待だけはとてもしてますので…

絶対見てないと思いますが、
学生課ならびに教職員の方々、
学祭スタッフ達を微笑ましく見守ってやっててください。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-11-04 17:55 | ひとりごと