<   2005年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

今回は私の部屋をご紹介します。
d0014524_173618100.jpg


 私の家は、Freiburg Hauptbahnhof(中央駅)から一駅北のFreiburg-Herdern Bahnhof(駅)の真横にあります。部屋の窓からプラットホームが丸見えです。ドイツ新幹線ICEもよく目の前を走り抜けていきます。DBの各駅停車になら、部屋を出て最短1分で乗れるし、路線バス1系統、少し歩けば路面電車も2系統使えます。前に書いたRegioKarteを持っていれば、日中の交通の便はとても良いといえるでしょう。実際、上手くいけばHauptbahnhofまで10分で行けます。部屋は1室で、便所、風呂、台所、洗濯場は共用。それで家賃は月3万円弱といったところです。

プラットホームは目と鼻の先…
d0014524_17372737.jpg


 ドイツの(というかヨーロッパの?)暖房設備といえばオイル・ヒーティング。暖かいオイルが中を流れて、エンジンの冷却気の逆の原理でぽかぽかと温めてくれます。風が吹き出さないので、ほのかな、やさしい温かさを与えてくれます。冷房設備は当然のごとく設置されていません。大きな(といっても三、四階建てくらいまでしかありませんが)デパートでもないかぎり、基本的にどこの家にも冷房はありません。

Heizung
d0014524_17382532.jpg


 台所には電熱ヒーターのコンロが設置されています。どうもドイツではガス・コンロはマイナーなようで、前に住んでいた語学学校のゲストハウスのも電熱ヒーター式でした。電源を入れてから熱くなるまで時間がかかるのと、火力スイッチを変えてから実際に変わるまでの時間がかかるので、火加減調整は変化の予測をしながらやっています。当然、火を止めての余熱調理なんて小技はさせてくれません。
d0014524_1739428.jpg


 私がよく作る料理は、野菜たっぷりスープ。人参、パプリカ、マッシュルーム、ブロッコリーをコンソメスープで煮込んで、白ソーセージ、パスタを加えて作ります。塩・胡椒で味を調えれば、おいしいSuppeの出来上がりです。豊富な野菜の甘みが優しい味を作り上げてくれます。これを食べると、ほのかな幸せを感じてしまいます。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-09-30 17:42 | Report (Deutschland)
 飛行機がFrankfurtに着いたのは17時過ぎ。入国手続きはさっさと済んだのですが、手荷物がなかなか出てこない… ここで時間を喰ったせいでICEに乗れたのは約2時間後。結局Freiburgに着いたのは21時過ぎでした。

 まず思ったこと。

 寒い。

 少し予想はしていたが、長袖一枚羽織るくらいでは、少々心もとない。もし半袖一枚で来ていたら、なかなかしんどかったろうな…

 7月にドイツを出発する前に家を契約していたんですが、事務所に行って鍵をもらわなければならない。しかしこんな時間ですから事務所が開いてるわけもないので、友人宅にお邪魔しました。よし飯を食おう、とは言ったものの食材がない(彼も引越し作業中なので)。ところが何かしら見つかるもんで、切り餅、玉ねぎ、ふえるわかめちゃんを出汁で煮込んで、簡易お雑煮が出来上がりました。これが意外とおいしくて、餅が溶けてとろみのついた汁がなんともいえず良い。すっかり温まって、本日はおやすみなさい。

 翌朝、さっそく事務所に行って家賃を納め、家を訪ねる。家主を訪ねて鍵を手にし、ついに部屋に到着。やれやれ、といったところです。まだ家主と話をする時間まで余裕があったので、友人と近くの(巨大な)家具屋に行きました。IKEAというスウェーデンの会社で、品物は豊富で安いのです。店内のレストランで食事を取りつつ(あぁなつかしい味)、布団一式と電気スタンドを手に入れました(合わせて8千円切った)。
 久し振りに町中を散歩して、電気屋さんでラジオを手に入れる。木製フレームのアナログ・ラジオに一目惚れしちゃいました。とりあえず必要なものは揃ったので、家に戻る。きのう着陸してから24時間の間に、けっこう色々やれたなぁ。さぁ先の事なんて全然わからないけれど、いよいよ新生活スタートです。


 やっぱりこの町はいいところだ、と本当に思うのです。町並、おだやかな空気、朝の輝き… 観光スポットなんて大した物はないけれど、何気ない日常の一瞬一瞬が本当に美しい。ここでは私はガイジンなのに、なんでこんなにと思うくらい落ち着いてしまう。何も用事がなくても散歩したくなる町。住んでいるだけで本当に気持ちのいい町。Freiburg。ここはいい所だからぜひおいで!と心から人に言える町です。体と心のために、いましばらくこの町にいたいと思うのです。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-09-22 04:41 | Report (Deutschland)
宿でネットが使えたので、ちょっとレポートします。
もちろんOSは、Windows Korean Versionです。
当然、操作は基本的に勘。


 あー。


 成田空港を出発して2時間、意外とあっさりと仁川(インチョン)空港に到着しました。外に出るやいなや、唖然。本格的に字が読めない。横文字ならなんとか読めるか!という気にもなるかもしれんが、ハングルでは完全に無理。

 無理過ぎて、逆に諦めがつきました。
 もうどーせわかんねぇんだから、ってことで、むしろ謎のハイテンション。
 楽しくなってきましたさ。

 さて、どうにかしてソウルに行かねばならない。バスに乗ろうにも、行き先が読めない。かろうじてアルファベット表記もあったが、ソウル内の地名なんて知らない。どうしようか…

とりあえず、聞くしかない。
バスの案内所でおばちゃんに聞いてみる。


”Could you tell me how to get to Seoul?”


おばちゃん、口を開く。

”Where in Seoul?"


(なに? そんなの考えてないぞ!?)

”Any where is OK!" (んな無茶な…、と思ったろうな、おばちゃん。)


結局よくわからず、宿の案内を読み返しつつ、住所に近そうな地名を見つけ、乗り込む。
まぁどうにか着きましたとさ。


d0014524_221923.jpg

d0014524_2234564.jpg



 宿に着いて荷物をおろし、街中をふらつきました。ちょうど日没後くらいで、大通りの屋台がにぎわってきたころ。夕飯がてら、その一軒に立ち寄りました。そこは串焼きのお店。一本頼んで食べてみる。おぉ、やはり辛いのね。でもうまい。たどたどしく「かむさはむにだ」って言って歩き出したら、来ました。激辛が。涙が出るくらい、後になって攻めて来ました。かれぇよ、ほんと… でもうまいけどね。
d0014524_2233431.jpg
 もう一軒、気になったところがあって行ってみました。なにやら鉄板焼きみたいなのを振舞っている店。「これください」って指差して注文。食べてみると…


 うまい。
 うますぎる。
 感動的なくらいうまい!

 久々に本当に美味いと思う料理でした。その後数十分、意味もなく「ばりうめぇ」を連呼していた私… 店の名前も料理の名前もわからないけど(読めない。)いやぁ本当にうまかったなぁ。たかだか300円くらいで、大満足してしまいました。

d0014524_2264185.jpg


最後に立ち寄った干物の屋台。でっかいタコの足が積まれてて、頼むとおばちゃんが2枚の熱い鉄板で挟んで焼いてくれました。その「うりゃーっ」って様がとってもおもしろかった。量が多すぎたけれど、味はとてもよかったです。


翌朝、街中を少し歩いてみました。あいにくの雨でしたが、宿の主人が傘をくれて(なんといい人だ)たすかりました。ここ数ヶ月持っていなかった傘を、こんなところで手に入れる事になりましたとさ。
d0014524_2303310.jpg

d0014524_231178.jpg




ところで、日本人が多く行く海外の町には、日本語の看板がつきものですよね。
d0014524_2315910.jpg



でも今日は、朝から喉がイガイガしてて…
d0014524_232047.jpg



いやぁ入れ歯を入れわふれひゃって…
d0014524_234353.jpg




以上、楽しき韓国・ソウルでした。今度は時間とって来よう。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-09-20 21:52 | Report (Ausland)
Morgen fliege ich nach Deutschland ab.
Ein bisschen zu lange ware ich hier.
Ich übernachte einen Tag in Seoul, und am 21 komme ich in Freiburg an.

Bis bald!


Tomorrow I go back to Germany.
I've been hear too long, I guess.
I will stay in Seoul for a day, and on 21th I will arrive at Freiburg.

See you!


明日いよいよドイツへ向けて出国します。
ちょっと長居してしまいましたね。
ソウルで一泊しながら、21日にはフライブルクに帰り着きます。

ではまた。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-09-19 12:05 | Be A Trilingual
行ってきました。
d0014524_8481834.jpg


 会津若松の鶴ヶ城を使って行われた「日本の音フェスティバル」、2日間に渡る和楽器の大ワークショップといったところです。和楽器の体験コーナー、製作実演、野外ライヴなど、盛りだくさんの2日間でした。

 体験コーナーでは、笙、篳篥、龍笛、篠笛、尺八、三味線、琵琶、琴、和太鼓を、実際に演奏している人達(学生だったりバンドだったり師匠クラスだったり)から教えてもらえました。私もすっかり入り浸ってしまって、おかげで何度かスタッフと間違えられたり…

 野外ライヴは、あいにくの雨に見舞われながらも(裏方のみなさん、本当にお疲れ様でした)妙な熱気に包まれ、盛り上がりました。最後の和太鼓&尺八による演奏で、客の興奮も最高潮。花火がドッカーンといって、拍手大喝采でした。


琴の製作実演
d0014524_8583358.jpg



三味線の体験コーナー
d0014524_859885.jpg
 三糸って人達と仲良くなりました。



琵琶の体験コーナー
d0014524_8593331.jpg
 すっかりはまって演奏してたら、こそっと「それ200万くらいするよ」って教えてくれました。薩摩琵琶を毘沙門ってサークルの人達が教えてました。



会津といえば、
d0014524_90545.jpg
べぇー



 スタッフの年齢層は広く、20才くらい~師匠クラスまで、様々な人がおりました。みんなお揃いのスタッフTシャツ姿だったのも印象的(ライヴの時も基本的にTシャツ)。スタッフ同士の雰囲気も和気あいあいとしていて、とても良かったです。和楽器をほんとに身近に感じさせてくれました。

 和楽器も、最近は安く手に入る物があるんですね。篳篥は5,6千円から買えるそうです。三味線も3万くらいから、とか。小中学生の教育用にプラスチック製のものが出来ているそうです。
 自前の楽器を持ってきた尺八吹き(客)に会ったんですが、「なんでこれプラスチックのくせに、おれの竹より音がいいんだ?」と嘆いておられました。

 それにしても、入場無料でこれほどの体験ができるとは、何とお得なイベントだろう。裏では諸費用が沢山かかるのにね(涙)。主催者のみなさん、そしてスタッフのみなさん、ありがとうございました。とーっても楽しませて頂きました。


 思えば結構知り合いが増えましたね。すっかり仲良くなってしまって、今度コラボしようよって話が持ち上がったり! 実現するかは、まだ分かりませんが。
 やっぱり楽器は楽しいなぁ!と思った2日間でした。思いがけない音に巡り会ったり、思いがけない人と知り合えたり、帰らなきゃならないのが悔しいくらいに実に充実した2日間でした。


 この「日本の音フェスティバル」は毎年開催されているようですので(昨年は金沢?)、開催地がどこになるのか知りませんが、ぜひ来年、足をお運びください。


- - - - -

おまけ

 帰りは会津若松→JR・会津・野岩・東武鉄道で浅草まわりで帰ったんですが、この東武浅草駅、すごいところなんです。駅が急カーブになってるもんだから、ホームと車体の隙間が半端ない。だから特急などの優等列車では、こんなサービスを受けられます。
d0014524_9224864.jpg
 これ、ごくマシな方です。もっと隙間の広い所は…
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-09-14 09:25 | Report (Japan)
夜2回、朝1回風呂に入ってすっかりさっぱり。

出発前に少し時間があったので、湯沢の町を歩く。
d0014524_1301924.jpg

d0014524_1304599.jpg


GALA湯沢なんてあるくらいで、ここは有名なスキー・スポット。
スキー様様なんでしょうかね、やっぱり。
d0014524_1324787.jpg



でも今は夏ですから…
d0014524_132122.jpg



小出駅まで進み、ここからは只見線の旅。
d0014524_13314100.jpg


 只見線は景色の美しさで有名な路線ですが、区間によっては1日3往復しか走ってなかったりして、ついうっかり「ぶらり途中下車の旅」なんかしてしまうと、はい7時間待ち~とか、はいまた明日~となってしまいます。時刻表の確認を!

 でも景色は本当に綺麗でした。美しい景色と美しい空気をたっぷりと堪能して、心も体もリフレッシュ。
d0014524_1374045.jpg

d0014524_1375998.jpg

d0014524_1381099.jpg


 さぁ、いよいよ目的地の会津若松に到着です。青春18きっぷも使い切りました。福岡往復やらなんやらで、今季は2枚(10日)使い切りました。ヘビーユーザーですね、これは。

 ここでも健康ランドに泊まることにして、明日に備える。健康ランドは、1泊2千円くらいで済む上に風呂に入り放題という、実にお得なところ。越後湯沢と会津若松で計3泊したのに、合計6千円くらいで済みました。いやぁ、カプセルホテルなんかより、よっぽど良いですよ、ほんと。

 さぁ、いよいよ明日は…
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-09-13 13:10 | Report (Japan)
 今回の目的地は福島県の会津若松なのですが、どうせ行くならって事で、青春18きっぷの残りを消費しつつ、かなりの遠回りで参りました。

 神奈川の自宅を出発し、東海道線→京浜東北線→常磐線で房総半島の根本、霞ヶ浦へ。
d0014524_9131577.jpg
土浦駅に降り立つと、湖はすぐそこ。だがその道のりは厳しいものだった。
 暑い…
 灼熱の太陽光と地面の照り返しで、まいってしまいました。おかげであまりウロウロする余裕もなく、2時間ほど滞在しただけで出発しました。

 常磐線を進み、友部駅で乗り換え。水戸線で小山へ向かい、さらに両毛線で先へ進む。その、なんて言うか、景色の綺麗そうな所を廻ろうと思ったわけですな。

 小山を出発して少し走ったところで、いやぁなんだか綺麗な所に来たわけです。つい思いつきで降りてしまいました。
 ここは岩船というところで、岩船山というものがありました。
d0014524_9234158.jpg

まぁ登りましょうかね。
…と、階段が意外とキツい。一体何段登ったのか、頂上に着く頃には汗ダラダラでした。上からの眺めはまぁまぁでしたが、頂上にあるお寺の石像が夕日に照らされ、良い感じでした。
d0014524_926166.jpg

d0014524_9275621.jpg


 ふもとで道にいた人と少し話した後、そろそろ行かねばならぬ時間になり、先へと進みました。景色の綺麗な所を窓を開けて風に吹かれながら進むのは、なかなか乙な物です。
d0014524_927977.jpg




 この日は越後湯沢まで進み、ゆざわ健康ランドにて宿泊。
 駅前で食ったラーメンが、意外と美味かった。

 宿までの道で、ふと見上げると、星空が最高でした。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-09-12 09:35 | Report (Japan)
本日、東京ドイツ大使館へ行ってきました。
ワーキングホリデー・ビザ、無事に取得しました。
パスポートに写真入りの査証が貼られ、ちょっとかっこいい。
写真の男は怪しい面構えだが。


後は飛ぶだけさ~  (^_^)


東京行ったついでに、秋葉原電気街にも行ってみました。

楽しいね、ここ。

 ギラギラした大型電気店も目立つが、ちょっと裏の、4畳一間くらいのお店が並ぶところ。ちょっと古くさい看板が並び、カウンターにはプラグの先っちょとかケーブルとか、抵抗とかコンデンサとか、バラ売り商品が並んでる。てか埋め尽くされている…

やっぱこういうの、わくわくしてしまう。

なんかあの雰囲気良いね~。もっと電気回路の知識があったら、さぞや楽しかったことでしょう。
博多駅の立ち食いそば屋前で偶然会った誰かさんと一緒だったら、二人でさぞや目を輝かせていたことでしょう。
ね、た○。



九州地方は台風で大変なんでしょうか…
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-09-06 20:09 | ひとりごと
 東京で、尺八の都山流による全国大会が開かれました。

 東京・港区のメルパルクホールで開かれたこの演奏会は、流祖50回忌を追善する都山流の全国大会で、財団法人都山流尺八楽会の主催で開かれました。
 演奏会には、流派の尺八奏者に加え箏や三味線など多数の演奏者が出演し、流祖都山の作品や古典作品を織り交ぜながら観客達の耳を楽しませていました。



ちょっとニュース原稿風にしてみました。
なんか懐かしい感じもするなぁ。
…って、天気原稿くらいしか書いたことないですが。(^-^)
テレビの裏側も奥が深くて、まだ私には力の及ばぬ世界でした。


さて、とあるルートでチケットをもらえたので行ってみました。


開演3分前。ブザーが鳴る。

ふと気がつくと、舞台袖に尺八持った人がわらわらと出てくるではないか。 …違う。ホール内の客席通路まで尺八奏者で埋め尽くされている!



開演。緞帳(どんちょう)が上がる。

「ををっ!」という観客の驚きの声。



なんと、舞台上まで尺八奏者で埋め尽くされている!!!



総勢460人による尺八の大合奏!
かなり迫力ありました。演奏するは都山作、本曲「八千代」という曲。尺八だけなのですが三部合奏で、和式ハーモニックがとても良かったです。圧倒されました。

だけどね~。古典作品は苦手でした。正直にいいますと、わたくし眠気に襲われまして、耐えかねて耐えかねたのでした。都山さんの作品は、けっこう聴けるんですが…

和楽器はいいが、古典作品は今の私には苦手。
そんな感じでした。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-09-05 00:32 | Report (Japan)
d0014524_131036.jpg
我らが港南台幼稚園の夏祭り、手伝ってきました。


浴衣姿の先生達に混じって、
はっぴ着て。



久々の現場です。ごく簡単なPAセットを組んで、BGMのポンだしと諸々の力仕事が主な仕事でした。
久々すぎて、終わってから体が少々イタイ。




…てか夏祭りでした。

d0014524_152917.jpg
在・卒園児とその家族を対象にしていたのですが、驚くほどの大盛況。茹でトウモロコシと蒸かしジャガイモが振る舞われ、様々なゲームを楽しんだ後、盆踊りで締めました。これだけ大勢のコドモを見るのは、久々ですね。とても良い雰囲気で、みなさん楽しんで頂けたご様子です。


企画・制作の先生方、お疲れ様でした。


d0014524_110513.jpg

[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-09-03 01:11 | Report (Japan)