<   2005年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

注:
これより暫くの間、Weblogの更新、および電子メールのやりとりが滞ります。
あらかじめご了承下さい。



明日をもって語学学校が終了します。その後、明後日より1ヶ月半の旅に出ますので、ここに簡単に旅程を書き記しておきます。

7/28 ドイツ出国 → ハンガリー入国(ブダペスト)

8/03 ハンガリー出国 → ドイツ・フランクルト空港経由 →
8/04 → シンガポール・チャンギ空港経由 → 日本入国(横浜)

8月中旬 福岡入り

 →横浜帰還

9月初旬(8月下旬?) 再度福岡入り

 →横浜帰還

9月15日前後 日本出国 → ドイツ帰国(フライブルク)



今回の旅の主な目的:
・ワーキングホリデービザの取得 ならびに保険の手配
・大学の退学手続き
・写真、音楽など、過去の作品の実体化(データから現物に)
・必要物品の収集
・不足していた知識の補完



いよいよ本格的に軌道修正にかかります。

身体に調子が戻ってきた。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-07-26 23:10 | Report (Deutschland)

d0014524_22222272.jpg

[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-07-26 22:23 | Report (Deutschland)
拝啓

Ich habe die neue Wohnung gefunden. 新しい住まいを見つけました。 Heute habe ich die resevierert. 今日手続きをしてまいりました。 Ich lebe dort vom September für 3 Monaten. 9月からの3ヶ月間をそこで暮らします。Und ich bekomme vielleicht ein Mobeil. それから携帯電話が手に入りそうです。 Weil eine Freundin nach der Schweiz geht, gibt sie mir das. とある友人がスイスで暮らすことになるので、私が引き継ぐ事になりそうなのです。 Am morgen mache ich etwas im Büro des Vodafons. 明日ボーダフォンでちょこちょこ手続きしてまいります。

敬具
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-07-26 02:01 | Report (Deutschland)
Das Konzert war fertig. Das war ja sehr lustig!
Ich bin zufrieden.
ということでコンサートが終わりました。いやぁ楽しかった!
世は満足じゃ。
d0014524_23135162.jpg

Wann wir gespielt haben. (Ich und meine Partnerin)
Wir haben 3 Stücke für ca. 10 minuten gespielt.
Die Stücke waren vielleicht für die Leute auch interesant.
演奏中。3曲10分くらいやりました。お客さん達にも喜んでいただけたようです。

d0014524_23141118.jpg

Viele Leute haben dort gekommen.
結構たくさんの人が来ます。当然学校関係者が多いけれど、外部からいらっしゃる方もいるようです。

d0014524_23142793.jpg

Alle Spieler.
今回の出演者。右端はディレクター(仕事があやふやでこっちが焦った…)。


 今回登場したのは、ピアノ、歌、ヴィオラ、オーボエ、コントラバス。クラシックから現代曲までバリエーションは広かったですね。基本的には(現・元)音大生がほとんどなので、きちんとしたレベルを誇っています。日本人が多い気がするのは、気のせいではありません (>_<)

 クラスメイトが出演するコンサートだから、お客さんとの間に親近感があって、なんか雰囲気が良かったです。出演者も楽しんでやれてました。



 今回作った曲について。

1. Kompositionsunterricht (作曲講座)
 I. Im Freiburger Hbf : Bitte Vorsicht
   フライブルク中央駅にて: ご注意ください
 II. Im Goethe-institut : Pause
   ゲーテ(語学学校)にて: 休み時間

 こいつらは、駅の案内放送の「ドーミファソー(上がる)」っていう音、学校の休み時間の合図「ドーソーミードー(下がる)」って音の並びを使って、30秒くらいの小曲を作ったもの。どちらも毎日みんなが耳にしている音だから、それで作曲したらおもしろいやろな~と思って作りました。反応は上々。わらかしました。爆笑でした。へへへ。
 でもこの曲、ヴィオラの音がほんとにいい雰囲気を出してて、優しいあったかい曲なんです。そう、たとえば「世界の車窓から」のように。ついつい昨日の録音を何度と無く聞き返してしまいました。いや名曲だよ、ほんと。


2. ein Gedicht des Regens (ある雨の詩)

 シュヴァルツヴァルト(近所の深い森)の中で雨に打たれながら歩いていて生まれた曲。それ以上は説明のしようがありません… こんど私を見つけたら、本人に聞いてください。いちおう録音してあるので、今回のコンサートを丸々CDにしようかと思ってます。
 いやぁしかしですよ。中盤のヴィオラ・ソロが… 泣かせる。昨日は演奏中、緊張しまくり(私は表舞台は慣れてないのですよ)だったので、今度本気で録音したい!とほんとに思いました。そん時はまた頼みますよ、わが相方さん。

- - - - - - - - - -

 なんだかんだで4ヶ月経つんですね。いやほんと早かったな~と。
 さぁここで一段落。十分では全くないけれど、ドイツ語も最低限は話せるようになりました。ドイツ生活にも少しずつ慣れてきました。自分の道具が、こっちでも通用する事もわかりました。だから語学学校は今期で終了。いよいよ第2段階へと駒を進めることになります。
 というわけで来週あたりから準備のしなおしにかかります。



 いよいよです。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-07-22 23:23 | Report (Deutschland)
Übermorgen gebt es ein Konzert in der Sprachschule.
Musikalische Studenten im G.I. spielen im das.
Auch ich spiele mit einer Freundin(Bratche) zusammen.
Ich habe ein Stück für das (im Ernst) komponiert.

Ich nehme das Konzert auf.
Aber hier gibt es keinen guten Apparat.
So muss ich mit Portable-MDRekorder und einfache Microfon aufnehmen.
Aber das ist mir lustig.
Gestern habe ich die MDs und die Kabels gekauft.
Im Laden gibt es viele Steckers und viele Kabels usw.
Ich war voll Erwartung.
Dass ich ja Akustiker bin, habe ich gedacht.


明後日、語学学校でコンサートがあります。
ゲーテの音楽学生が出演するコンサートです。
私も友人(ヴィオラ)と一緒に演奏します。
このために(結構まじめに)作曲しました。

で、今回このコンサートを録音します。
でもここにはまともな機材がありませーん。
だからポータブルMDレコーダと簡素なコンデンサマイクを使って録音せねばなりません。
(もう音質は期待していませんので、まぁ良いかと…)
でも、これが楽しくなってきてさ~。
昨日MDと必要なケーブルを買いに行ってきたんだけど、
お店の中に変換プラグやらケーブルやらが大量にあって、
わくわくしてしまったんですな。
やっぱり音響屋のはしくれなんだなぁと、そう思ったのでした。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-07-20 00:35 | Report (Deutschland)
In Freiburg wohnen viele Japanerinnen, die die Musik studieren.
Auch im Goethe-Institut gibt es viele.
Auch gestern und heute fahren sie nach Karlsruhe für Prüfung.

Sie haben manchmal über 6 Stünden pro Tag geübt.
Aber sie sehen ein bisschen müde aus.
Ihre Gesichte ist natürlich.
Aber ihr Herz ist auch so.
Sie sind kunstlerin, die die Leute freut, nicht war?
Ich empfinde Mitleid für sie.


フライブルクには、音楽を学ぶ日本人女性が結構住んでます。
ここゲーテインスティテュート(語学学校)にも。
(何人かが)昨日も今日も、カールスルーエに試験(音大)を受けに行ってます。

時には1日6時間以上も、彼女達は(ぶっ続けで)練習していました。
(時には一日のほとんどの時間を練習に費やしています)
だけど、ちょっと疲れているように見えるのです。
見かけがそうなのは当然だけど、心も。
彼女達は、人々を楽しませる人のはずだよね?
なんだかとてもかわいそうで…


Viel Spaß. Und viel Glück!


P.S.
最近、写真を載せてませんでしたね。
いまちょいと現場がありましてな。
しばしお待ちを。

どうでもいいけど、もうひとつ。
男の音楽学生もいます。話してびっくり。お互いの実家が直線距離4kmのところでした。しかも同い年だし。ドイツで「横浜市歌」を知ってる人間に出会うとは、思わなかったなぁ…
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-07-19 23:58 | ひとりごと
Bis Vorgestern ist ein Freund hier geblieben.
Er ist ein Ungarische Mann.
Warum ich ihn kenne?
Er hat für 9 Monate bei einem Kindergarten in Japan gearbeitet.
Der Kindergarten ist, wo meine Familie arbeiten.
Obwohl er nur 9 Monate geblieben hat, spricht er auch gut Japanisch.

Er ist von Ungarn per Anhalter gekommen.
Jetzt ist er vielleicht bei seinem Freund am Bodensee.

Viele Dinge haben wir gesprochen.
Wir haben auch Deutsch und Japanisch gesprochen.
Was wir machen wollen.
Wie wir das machen können.
U.s.w.

Ich denke, dass er wirklich fäfig ist.
Weil er blitzschnell der einwohner des Gästhaus wurde.

Das ist ja wirklich das Talent.

P.S.
Wir sind über die Grenze nach Frankreich eingegangen.
Zu fuß.


一昨日まで、とある友人が来てました。
とあるハンガリー人。
なんで彼を知っているかというと…
彼は9ヶ月の間、日本のとある幼稚園で働いていました。
その幼稚園は、私の家族が働いているところなんです。
たった9ヶ月しかいなかったのに、彼は上手い日本語をしゃべります。

彼はハンガリーから、ヒッチハイクでやってきました。
きっと今は、ボーデンゼー(ドイツ、スイス、オーストリアの境目の湖)の友人のところにいるんでしょう。

2人で色んなことを話しました。ドイツ語と日本語で。
自分達がしようとしていること。
どうやればそれができるか、ということ。
などなど。

彼は本当に才能のある人だなぁと思うのです。
あっというまに寮の住人になってしまいましたから。

そういうの、本当に才能だと思うんです。

P.S.
二人で国境を超えてフランスに入りました。
徒歩で。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-07-15 22:38 | ひとりごと
In Freiburg gibt es die Regio-Karte.
Mit der Karte kann man alle Züge und Büses über Breisgau fahren.
Sie kostet nur 40 euro pro Monat.
Sehr billig!

Weil ich die Karte habe, fahre ich oft ohne plannen.


フライブルクには、レギオカルテというものがあります。
そのカードがあればブライスガウ(フライブルクを含むこの地方)中の全ての列車とバスに乗れます。
お値段は、月額わずか40euro。
ばり安い!

私もこの切符を持ってるので、よく予定もなしに乗り回してます。


行き当たりばったりの旅。


 すごいなぁと思うのが、この値段。月4,300円で乗り放題ですぜ。さすがにIC,EC,ICEなんかの特急クラスは乗れないけど、近場へ行くならまったく問題ない。ここらへんは列車で15分も行けば、感動するくらい綺麗な景色の中に飛び込めるので、この切符の価値は高い!

 もうひとつ言えるのは、これは郊外に住む人にもお得だ、という事。大自然に囲まれた田舎からでも、この切符で簡単に中心部にラクに通える。列車やバスの本数も意外と多く(夜でも30分~1時間間隔くらい)、列車は0時過ぎまで走ってるので、ほとんど不便はないはず。日本の都会のど真ん中のような「3分間隔」なんてことはないけれど、これで十分。それに、列車やバスも結構キレイで、快適に乗っていられる。なんせ列車は全部、日本の新幹線サイズだからね。

 この町の「心の余裕」って、こんな所にもあるんだろうなぁ、とよく思うのです。

- - - - - - - - - - -

スキン変えます。もう「黒バック」って気分でもないので。かといって自分で作る方法は知らんので、エキサイトさんにお世話になります。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-07-14 18:47 | Report (Deutschland)
 いつの事だか忘れてしまったが、初めて「癌」という病気について少し突っ込んだ知識を聞いたときの事。小学生の頃だっただろうか、何か不思議な、少し悲しい気持ちになったのを思い出した。

 人間の細胞は、そもそも分裂して増殖していくように定められている。分裂して新しい細胞を生み出し、古くなった細胞は役目を終えて消えてゆく。一人の人間としては生きているのに、その中ではたくさんの「死」が日常として怒っている。彼らは自分のコピーを増やして行き、自分自身が死んでも「人間」そのものが死なないよう、その役目を果たしている。

 ガン細胞。彼らはごく普通の細胞が突然変異してしまったものだ。もともとは同じ体の一部なのに、悪性に変異して強力な増殖力を持ってしまった細胞だという。

 とても可哀想だ、と私は思った。
 必死に増殖しようとしているだけのに、たまたま悪性になってしまったがために、その「身体」に害を及ぼす存在になってしまったガン細胞。自分の使命を果たすべく分裂しようと必死になるあまり、あるとき度を越えて、止まらなくなってしまったガン細胞。
 とても可哀想だ、と私は思った。

 自分の身体の大切な一部なのに、治療のためだから切り取ってしまえば良い、ということが、とても悲しかった。もちろん、それが今あるベストな治療法なのだろうとは、当然思っている。ただ、悲しかった。ひたむきに役目を果たそうとしている仲間を、ただ切り捨ててしまうというのは、何か心が痛む気がした。ちゃんと彼らと最後まで付き合って、その上で死ぬしかないのなら、それもいいのではないか、と思っていた。


 いざ自分の中にガン細胞が生まれたとき、私はこう思い続けられるだろうか…


- - - - - - - - - -


 テロリスト達は地球のガン細胞なのだろうか。

 全てのテロリストの事を知っているわけではもちろんない。ただ言えるのは、真に宗教戦争に臨む彼らは、自分の命をもかけてでも使命を果たそうとする、計り知れない情熱をもった者たちだ。彼らは自分自身のためではなく、自分達の社会のために自分の死をもいとわない、とても純粋な心を持った者たちだと思う。そういう意味で、私は彼らにとても共感を覚える。

 だから、果てしない情熱を、その純粋な気持ちを、もっと正しいやり方でなんとか実現させてやりたいと思うのだ。彼らだって、本当に臨んでいる事は悲しみを与える事ではないはず。今は情熱にかられて激しい行動しかとれないのかもしれない。だからこそ、本当の方法を見つけて、与えてやりたい。


 激情に、激しい思いに「力」で対抗するだけでは、ほとんど無意味だ。もちろん一時的にはその動きを封じる事はできるだろう。そういう意味では、確かに有効な手段だ。しかし、何年かの後に、再び新たな怒りを生むだけだ。

 激情に必要なのは、それをしっかりと受け止めてくれる存在。
 優しく包んでくれる存在。
 いま彼らの激情を受け止めるとは、どういうことなのだろうか。


 彼らが地球のガン細胞であるのなら、ただ切り捨ててしまえば良いとはどうしても思えないのだ。
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-07-11 22:08 | 考えること
Etwas passiert jetzt in London.
(いまロンドンで何かが起こっている)
Viele Leute ärgern sich.
(数多くの人々が、怒りを覚えている)
Viele Leute trauern.
(数多くの人々が、悲しみを覚えている)

Wer hat das gemacht?
(誰がやったのか)

Warum mussten sie das machen?
(なぜ彼らはそれをやらねばならなかったのか)



Ich habe mich an 9.11 erinnert.
(私は9.11の事を思い出した)


Das ist nur ein bisschen, aber ich kann den Herz der Terroristen verstehen.
(ほんの少しだけではあるが、私はテロリスト達の心がわかる)
Ich denke aber, dass der Weg ganz falsch ist.
(しかし、そのやり方では全く間違っている、と私は思うのだ)


"Sie müssen den neue wahre Weg suchen."
(「あなた達は、本当のやり方を探さなければならない」)
[PR]
by Sterun-schnuppe | 2005-07-09 01:44 | ひとりごと